人気ブログランキング |

カルメ焼きは難しかった・・・   

2008年 07月 14日

コミック「山田太郎ものがたり」だったかで、カルメ焼きを成功させるのは難しいと読んだ記憶がある(うーん、記憶が曖昧。別の漫画だったか?)。

それ以来、1度チャレンジしてみたいと思っていたカルメ焼き。
難しいといっても、シュークリームのシューを膨らませるみたいに、ちょっとしたコツがわかればだいじょうぶ~!ってな感じかと思ってた。

息子向けに図書館で借りた本に、カルメ焼きのレシピが写真付きで詳しく載っていたので、思わずチャレンジ!!

用意する物はそんなにない。

材料は、

ザラメ大さじ2、水大さじ1、卵白小さじ1/2、重曹小さじ1(3gくらい)、砂糖1g

道具は、

おたま、割り箸、かわいた布、濡れた布


まず、卵白と重曹と砂糖をシャーベット状になるように混ぜる。

お玉にザラメと水を入れて火にかけ、沸騰して色が変わる直前ぐらいに、火から降ろし、乾いた布の上で、少し冷ます。
その後、重曹卵を入れて思いっきりかき混ぜる・・すると膨らむ・・という感じらしい。

ちょっとネットでも調べて、コツをチェックし、トライ!!!

1回目・・・・失敗(>_<)。
液状のまま

2回目・・・失敗(>_<)。
液状のまま

3回目・・・温度計を使う事にする。
125度~130度で、沸騰したザラメ入りの水を火から降ろすのが大切らしい。

温度を測ってみたら、1回目、2回目は110度前後で降ろしてしまっていたようだ。

重曹卵の投入は100度ぐらいというので、ちゃんと測って投入。

今度こそ成功か!!とか思ったら、3回目は、材料をケチって半分量でやっていたためか、水分が蒸発しすぎていたらしく、重曹卵を投入した瞬間、全部があっという間に固まってしまいボロボロに。

4回目・・・ちゃんとした分量で、温度も測ったけど、かき混ぜ過ぎたのか、重曹卵が足りなかったのか、ほんの少し膨らんだだけ。

それでも、やっと食べられるものが出来たので試食。

砂糖の塊

と同じ状態で、頭が痛くなるほど甘かった・・・_| ̄|○。

膨らんだとしても「砂糖の塊」なのは変わらないので、成功しても同じ味なんじゃないかと、不安になる。

5回目・・・・途中で温度計が壊れた・・・( ̄□ ̄;)がーん。
料理用の温度計なのに・・・そんなに古くないのに・・・なぜじゃーー。

今までの状況を思い出して、火から降ろし、重曹卵投入・・・。

思いっきりかき混ぜる・・・・あ、やっぱりダメだ~

と思った瞬間


膨らみました~V(≧∇≦)V!

温度計を犠牲にして、ヤケドまでおまけに付けてできたカルメ焼きがこれっ!!

c0014187_2244387.jpg


サクサクで美味しい~♪

サクサクすぎて、噛むとどんどん崩れ、周囲が悲惨な状態になったけど、膨らんで満足V(≧∇≦)V。

でも、お玉から外す時、失敗しました・・・底の部分がお玉に残ってしまった(>_<)。

予想以上にカルメ焼きは、難しかった

by tako-taku | 2008-07-14 22:56 | レシピ:パン・お菓子系 | Comments(0)

<< パティスリーアージュベールのマカロン アイスクリームメーカー「くるり... >>