冬の「夏みかん」でマーマレード・・・また硬くなってしまった・・   

2012年 01月 27日

この季節、ちょくちょくいろいろなお庭になっているのを見かける、ちょっと大ぶりの柑橘系の果物。
花が少なくなったこの季節は、目にも鮮やかで、いい感じ。
知人から、頂いたので、何だろうと調べたら「夏みかん」でしたw(゚o゚)w!
冬の「夏みかん」!!
何か不思議。

夏みかんって、冬を越して翌年の5月くらいに収穫すると、甘くなるそうで。
でも、それは気候が温暖な地域に限られ、寒い地域で冬を越させると、美味しくなくなってしまうとか。
ということで、冬を越させずに収穫した夏みかんは、かなり酸っぱい!

なので、マーマレードにしてみました。
皮を茹でて、3回ほど茹でこぼし、白い部分をスプーンで削ぎ、細切り。
房の薄皮はむいて実だけに←これが面倒だった。
酸味が強いので、重さの60%くらいの砂糖を使いグツグツ。

c0014187_1825950.jpg
・・・・また硬いジャムができてしまったΣ( ̄ロ ̄lll)(以前も作った)。
今度は硬いマーマレード五兄弟・・・・(-_-;)トホホ。
今回は、かなり水っぽい状態で煮るのをやめたんだけど、それでも、まだ遅かった。
その上、かなり苦いっ!!!
苦味、強っ!!
皮の苦味が好きな私でも気になるくらい苦い・・・・_| ̄|○(旦那は好きな気がするけど)。
夏みかんは苦味が強いので、皮を全量使わず、半分くらいにしておけば良かったのかも・・・。

救済策。
c0014187_1843022.jpg
リンゴジャムを作って混ぜる。
これはリンゴジャム(柔らかめにできて良かった~。これまで蓋にくっついたままだったら、
どうしようかと思ったよ(^^;))。
半分量ずつ混ぜると、苦味が気にならなくなりいい感じ♪

予想外だったのは、混ぜる前のリンゴジャムを息子が、すごく気に入ったこと
(息子は、普通のマーマレードでも苦いと言って食べない)。
どんどん喰われてしまう・・・。
リンゴジャムは、量を作らなかったので、また作らなければ。

マーマレードに比べ、リンゴジャムは超楽。
皮をむいてイチョウ切りにして、リンゴの重さの40%くらいの砂糖と、
レモン汁小1~大1(好みで)を入れて煮ればできあがり。
私は、少しリンゴの形が残っている方が好きなので(形が全く無くなったリンゴジャムは
あまり好きじゃない)、イチョウ切りにしたリンゴを煮て、最後の方で部分的に潰します。

その時、活躍したのがこれっ!
c0014187_18105043.jpg
ポテトマッシャー100円!
いやー、こんなに便利ならもっと早く買えばよかったと思った一品!
安いけど、邪魔になるかと思って、買わないでいたんだけど、買ったら大活躍♪

もっと、極め細かくマッシュできるポテトマッシャーも持っているんだけど、
それはとにかく力がいるし、洗うのも大変だしで、すっかりしまいこみ。

ポテトじゃなくて、何かを大量に潰すのに(何だか忘れた)購入したら、便利便利♪
ポテトもあっという間に潰せるし、洗うのも簡単だし(^^)。
これで煮えたリンゴを、鍋に入れたまま適度に潰すと、一部形が残ったリンゴジャムができます♪

ということで、またリンゴジャムを作ろう~。
[PR]

by tako-taku | 2012-01-27 00:10 | レシピ:パン・お菓子系 | Comments(2)

Commented by ちょび at 2012-01-31 16:43 x
意外にもマッシャー持ってなかったんですね。

年末お邪魔した豚の穴オーナーさんも持ってなくて、肉たたきでマッシュポテト作ってるのを目撃。無印良品のをクリスマスプレゼントにしたので、けっこうマッシャー保有率って低いのかしら。

私はこぶし大のジャガイモが一発でつぶれるサイズを愛用。でかすぎてちょっと不便だけど、楽です。

はっ!料理ちゃんと作る人のほうが道具持ってないってこと・・・
Commented by ちょこ at 2012-01-31 20:13 x
ちょびさん

いえ、マッシャーは持ってたのですが、にんにくを潰すようなタイプのでかいやつで、洗うのも大変、力もいるというものでした。
やっぱり道具はシンプルな方が使い勝手はいいですね~。

確かに、マメに料理する人ほど、道具はシンプルかもしれないですね。
掃除用具なども、いつもマメでキレイにしてる人ほど、
使ってる道具とか洗剤とか少ない気がします。
サボりがちだと、「驚くほどキレイになる!」なんて効果に期待しちゃうので、
次々に揃えちゃう・・って気がします(自分がですが(^^;))。
料理も、同じく、道具があると上手に、
そして簡単にできそうな気がして揃えちゃう気が・・・(^^;)。

<< 錦織圭負けちゃったけど、それで... ローソン:「あまおうのロールケ... >>