相模原駅:「虎心房」町田の「胡心房」の姉妹店だったらしい   

2011年 04月 28日

食べログの相模原駅エリアで評価が高く、
相模原駅から徒歩2~3分の場所にあるラーメン屋さん「虎心房」。
町田にある人気ラーメン店「胡心房」とつながりがあったらしいけど、その事情はちょっと複雑。
その辺の事はこちらのブログが詳しいです。
少し前、経営者が変わったらしいです。

c0014187_20582280.jpg

鶏・豚・牛の三骨白湯と、豆乳が入った麺が売りなお店。
三骨白湯出汁で塩味の「虎心麺」(650円)と、
焦がしニンニク醤油味の「黒虎心麺」(650円)が有名らしい。

でも、つけ麺ラブな私は、それを無視し、つけ麺を頼もうと決め入店。

店内は、カウンターとテーブルという構成だけど、木目調で曲線のフォルムのカウンターは、
ラーメン屋さんというより、カフェっぽいイメージ。
女性でも入りやすい雰囲気です。

c0014187_20583887.jpg

入り口には食券販売機。
さて、ここで大問題が!
「つけ麺」を食べようと決めていた私は、販売機のメニューをよく見ずお金を投入。
しかーし、販売機のメニューをよくみると、たくさんあるメニューは間違い探しのように微妙に違いが。
その上「つけ麺」はなく「スープつけ麺」。
「つけ麺」=「スープつけ麺」なのか?ヽ(゚◇。)ノ???
お金を入れちゃってるので焦る私。
食券販売機の前を占拠してたら迷惑だし・・・。

・・・・・パニクッタ私は「辛」という文字に目を奪われ(辛いの好き)、
「辛虎つけ麺」のボタンを押してしまいました~!
「辛い」のが目的じゃない限り、最初は普通の・・・って決めてるのに(-"-;A

c0014187_20585167.jpg

ということで出てきた「辛虎つけ麺」750円。
ランチタイムは半ライスorライスをつけられます。

で、「辛」って唐辛子の辛さではなく、「味(塩気?)の濃さ」だったらしい(゚ロ゚;)。
元の味を知らないので、上記推測が当たってるかわからないけど。

スープは、焦がしニンニクが少し入っていて、それが香ばしい。
味は塩系で、「辛」だからか、かなり塩気の強い味。
豆乳麺は、喉越し滑らかでツルツル。
麺が乗ってたお皿がキンキンに冷えてたのが印象的。
細い麺にスープがよく絡みます。
付け合せでは、メンマが美味かった!
チャーシューは普通。
そして、トータルの印象は、普通に美味しいって感じでした。
「辛虎」にしちゃったせいかな?
3種類の出汁を使ったという、スープのまろやかさがわかんなかった(^^;)。
ちょっとだけ入ってた焦がしニンニクが美味しかったので、「黒」が好みなのかも。

あまりラーメンは食べないのでいつになるかわからないけど、そのうちリベンジしたいです。
[PR]

by tako-taku | 2011-04-28 00:21 | 食:神奈川(相模原近辺) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://takuteku.exblog.jp/tb/16249555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chocolat_mint at 2011-04-28 15:48
町田の「胡心房」とは違うお店になったのですねー。
去年、町田のお店に行ったんですが、私には合わなかったようで・・・

なので相模原のは行かないかな、と思っていたんですが、
変わったのなら行ってみようかな~。
私もつけ麺LOVEなので、リベンジレポ楽しみにしています♪
Commented by ちょこ at 2011-04-28 16:38 x
chocolat_mintさん

町田の「胡心房」、人気があるお店ですよね。
でも合わなかったですか。

相模原は、同じ流れを組んでいるらしいので、
経営者が変わったとしても、傾向は同じかも(^^;)。
町田の「胡心房」を食べてないのではっきりしないのですが。

つけ麺は美味しいですよね~♪
ラーメン二郎(野猿街道点)のつけ麺はすっごく好みだったのですが、
量が量なので、行くには覚悟がいるのが難点です(^^;)。

<< 多摩センター:GWの「こどもま... 明治製菓:「メルティキッス く... >>