「アイテム探しゲーム」いろいろ   

2009年 06月 27日

※アイテム探しゲームに関しては「こちら」にまとめなおしてあります。

ここしばらく、「アイテム探しゲーム」にはまってました。

画面の中に隠れているアイテムを探すゲームで、
海外ゲームの移植がメインなので、日本ではあまり注目されていないジャンルなのかな?

やったのは、有料ダウンロードゲームの無料トライアル版。
60分間無料で遊べます。
かなり前に、2作品ほどやったんだけど、他に同じジャンルのが無く
そこで終わっていました。
でも、今回はいろいろなゲームが日本語版ででていたので、
やれるのを片っ端からやってしまった。

といっても、我が家のPCは古い上、OSが2000。
動かないゲーム、重すぎて遊べないゲーム多数。
ゲームをやると、マシンの古さを実感するな~(-_-;)。

主なダウンロード先は、以下に。
「パズルジャンル」に入っているサイトと、
「アイテム探しジャンル」が独立しているサイトがある。

ビッグフィッシュの「アイテム探しジャンル」
ここは、アイテム探しゲームが多くてよかった。
ダウンロードゲームを遊ぶための専用のソフトがインストールされちゃうけど、
管理も楽だし、アンインストールも簡単。

MSNゲームの「パズルジャンル」

ほとんど、上記の2サイトからダウンロードして遊んだ。

Yahoo!ゲームの「アイテム探しジャンル」

上記2サイトとは、別系列の管理なのか、上記2サイトで遊んだゲームでも
またこちらで60分遊べる。
ソフトによっては、セーブデータがアンインストール後も残っていて、続きができた。

NIFTY「SimplePlay」の「パズルジャンル」

goo「リアルアーケード」の「パズルジャンル」
ここは、1個ダウンロードすると、それと一緒に管理ソフトやいろいろなミニゲームが
一緒にダウンロード&インストールされてしまう。
重くて、使い勝手もイマイチ。

BoontyGame.comの「パズル」ジャンル。
アイテム探しゲームはそれほど多くない。




以下ソフトの感想。
体験版で60分という時間制限があるなかでやっているので、
ストーリー、じっくり取り組むミニゲームなどは楽しむ余裕無しでやってます。
参考程度に。

====================================

※お勧め(シリーズ毎にまとめたので、イマイチのも混じってます)

●ドリームディ・ファースト・ホーム-7.5点
さくさく進むし、アイテム探しが満喫できる。
イベントも邪魔になるほどではない。
絵もそれなりにキレイで見やすく面白い。

●ドリームデイ・ウェディング-7.5点
途中、パズルなどのミニゲームも。
ウェディングドレスを選んだりもできるが、1個1個が単独で
達成感をあまり感じられず、その要素はそれほど魅力が無い。
アイテム探しはたくさんできる。
「猫の気持ち」などアイテムが想像できないものも。
絵も少し見辛い。

●ドリームディ・ウエディング-マンハッタンの結婚式-6点
アイテム探しの途中、ハプニングを解決するモードになったり
謎解きモードに入ったり、盛りだくさんではあるのだけど、逆にそれが邪魔。

●Dream Day Honey Moon(英語版)-7点
ドリームディシリーズ。
英語版だったので、わからない単語があって一苦労。
基本は、今までのシリーズと同じ。
変にイベントが増えたウェディング2と違って、シンプルなのが良かった。
でもちょっと重い。

●マジックエンサイクロペディア第一の物語(Yahoo)-8点
アイテム探しというよりは、謎解きとパズル中心。
アイテム探しモードも、バラバラになったアイテムの欠片を探すもの。
でも、これはパズルもバリエーションが多く、面白かった。
ちょっと重いのが難点。

●The Treasures of Mystery Island(英語版)(リアルアーケード)-7.5点
マジックエンサイクロペディアと同シリーズだと思われる。
謎解き部分は、簡単で、英文をちゃんと読まなくてもどうにかなる。
マジックエンサイクロペディアは英文をちゃんと読まないと、つらそうだけど。
謎解きはなかなか面白く、はまる。
純粋なアイテム探しではないんだけど
(こなごなに砕けたアイテムの欠片を画面から見つけるタイプ)
このシリーズは買って続きがやりたいなーと思った。

●トレジャーマスター 7.5点
アイテム探し+謎解きの形式。
アイテム探し画面で、特定のアイテムを使用して
アイテムを入手したり、鍵を開けたりする。
部屋の中の扉の中・箱の中(別画面に切替え)にもアイテムが
隠れていたりするので、面倒ではあるが、
あまりそれを感じさせない作りで、なかなか面白かった。
バグなのが、メッセージが一瞬しか表示されず、
何度も同じメッセージを表示させて読むしかなくそれが大変だった。

●ミステリー事件簿:ハンツビル-7点
アイテム探しの定番??
時間制限は厳しく、たまにゲームオーバーにも(^^;)。
最後のパズルを解くモードまでが1ステージなので、ここが辛い。
ただ、ゲームオーバーになったステージからまた始められるので、
特に問題は無し。
アイテムは少し見辛い。
和訳もすごいのがあるるけど、とにかく「アイテム探し」が満喫できる。

●ミステリー事件簿2:容疑者を追え-7点
●ミステリー事件簿:ラベンハート-7点(Simpleplay)
ハンツビルと同シリーズかな?
似たような感じなので、どれもそれなりに面白い。

●秘宝タイタニック-タイタニック号の探索-7点
アイテム名から何を探せばわからないものもあるが、
それなりに楽しめる。
アイテム探しを満喫できる。

●ブラッド・タイズ-7点
アイテム探し中心で、パズルなどはなし。
ちょっと重いけど、取ったアイテムが消えるのが早くストレスは少ない。
ヒントの数も増えやすくいい。
アイテムは比較的見やすいが、「扇子」で扇風機を選ばなくてはいけなかったり、
和訳はちと辛い。

●スリーピー・フォロー-7点
ちょっとホラーティストのアイテム探しゲーム。
特に強い印象は無いが、普通に楽しめた。

●クッキング・クエスト-7点
ステージクリア毎にお金が手に入り、それで食材を買い、
最終的に4品を作る。料理を作るミニゲームもあり。
ヒントを使うと、お金が減るので、いい食材が買えなくなる。
絵が見辛くアイテムが探しにくいのが難点だけど、
よい食材を買うために燃える。

●インターポール:Dr.カオスの陰謀-7点
アイテム探し中心。
難易度は少し低めだけど、さくさく進むのが楽しい。
処理も凝ってる割には軽い。
ただ、連続でアイテムをゲットできないのが残念
(一つ取った後、少し待たないと反応しない)。

●ミステリーPI-コード:ベガス(Yahoo)-7点
アイテム探しメイン。
これといって特徴は無いけど、普通にアイテム探しが楽しめる。
探す物は「はい!チーズ」→カメラ
など、ちょっとひねった文章も。
絵は比較的見やすく、頑張って探せば全部探せる。
ただ、一度データが飛んで最初からやり直しになった。
60分の無料体験の間にデータが飛んだということは、ちょっと怖くもある。

------------------------------------------------------

※そこそこアイテム探しが楽しめる

●アメージング・アドベンチャーシリーズ世界旅行-6.5点

アイテム探しの後、パズルゲームがある。
各画面10個しかアイテム探しができず、その後パズルになるので、
アイテム探しをいっぱいしたい人には不向き。
ヒントは時間制で増えるので難易度は低い。
短時間にアイテムを連続で発見するとスピードボーナスが
でるのはちょっと嬉しかった。

●ワールド・オブ・アート-6.5点
絵画の修復ゲーム。
元絵があり、それにアイテムが乗っているので、探しやすい。
アイテム探しのテーマが毎回あり、蝶だけを探すなんてものも。
ステージクリア毎にお金が入り、それで自分の部屋の家具を揃えることができる。
さくさく進み、楽しいことは楽しい。

●ネバーランド-6.5点
アイテム探しと平行して画面内のキャラクターが
要求するアイテムを探して渡すというフューチャーがあるが、
ごちゃごちゃした感じに。
絵は少し見難い。

●ミステリーテール-6点
いなくなった犬を探す目的のゲーム。
アイテム探しとパズル。途中頻繁に入る映像イベントがちょっとウザイ。
ヒントは、自分の家に戻ると2つずつ追加できるので、難易度は低め。
絵はかなり見辛く、ヒントを使ってもどれなんだか分からない事が多い。
結局ヒントをガンガン使ってアイテム探しをするようになってしまい
(何だかわからないものが多い)バランスが悪い。
またかなり見辛い絵なのに、同時に3つしか探すアイテムが表示されないのも
やりにくい。

●ミステリーテール・テールの市長選-6点
ミステリーテールのシリーズ。
似た感じではあるけど、各画面にヒントを増やす
アイテムが配置されたりちょっとした違いも。
ヒントを増やすアイテムは、かなりの数入手できるが、
絵が見難く、探しても全くわからない状態なものも
多いため、ヒントをバンバン使いながら進める感じになってしまう。
途中のミニゲームは、重いのでちょっとストレス。
家のマシンが古いだけなんだけど。

●ミステリーヴィルの謎-6点
非常に重い。
グラスならグラスだけを探すものと、
シルエットで探すパターンが多い。
重いのでそれほど楽しめず。

●謎の学園アーウィンデール-6.5点
謎の町ミステリーヴィルのシリーズと思われる。
ミステリーヴィルがあまりに重かったので、
どうかと思ったけど、こちらはそれほどでもなかった。
アイテム探しは、同じ系列を探す、文字で探す、シルエットで探すなど。
途中パズルもある。
探すアイテムが背景から浮き気味なので、探しやすいといえば
探しやすいが、なんだかよくわからないものも。
さくさく進むので、楽しいと言えば楽しい。

●謎のクリスマス
謎のシリーズの一つ。
ほぼ、他のシリーズと同じ。

●謎の町ユーリカバーグ
謎のシリーズの一つ。
ほぼ、他のシリーズと同じ。

●謎の海賊島パイレーツビル
謎のシリーズの一つ。
ほぼ他のシリーズと同じ感じ。

●ネバーランド-6.5点
アイテム探しと平行して画面内のキャラクターが
要求するアイテムを探して渡すというフューチャーがあるが、
ごちゃごちゃした感じに。
絵は少し見難い。

●Big City Adventure(MSN)英語版-6点
英語版だけど、単語が簡単なのと、
画面の中にでているアイテム数が少ない為、
割と楽に進めることができた。
かなりサクサク進むので物足りないくらい。

●アラブアカデミー 6点
アイテム探しメインのゲーム。
ヒントが無いが、その分制限時間に余裕があるので、
じっくり探したい人向け。
「これは絶対わからないよ( ̄ロ ̄;|||)!!」的なアイテムも少ない。
変な名前のアイテムも少ない。
特に問題は無いんだけど、あまり印象に残らず。

---------------------------------------
※気になる難点あり

●スルタンズラビリンス 5.5点
ミニパズルを連続してクリアするタイプ。
アイテム探しはシルエット適応型。
アイテム探し、間違い探し、パズル、謎解きがなどが交互に出題される。
1つ1つのボリュームは少なく、あっという間に終わる。
さくさく進むが、ヒントもステージ毎に3つあるので、難易度は低い。

●隠された名画の秘密 5.5点
間違い探しとアイテム探しが中心。
アイテム探しは、名画の上にアイテムが置いてあり、
「ワールド・オブ・アート」と似ていて、探しやすい。
逆にアイテムが背景から浮き過ぎていて、探し安すぎる。
全部探すと背景の絵がでてくるので、後半ほど
アイテム探しが楽になってしまう。
アイテムは、何だかわからない判別不明なものもいくつか。
さくさくできるが、あまり達成感がない。
ヒントもステージ毎に3つ必ずあるので、難易度がかなり低い。

●トレジャー・シーカーズ-5.5点
パズルが多く、またアイテム探しも独特のもので
(3~4個くらいをゴマゴマと探す)、アイテム探しを堪能したい人には不向き。
ストーリーがはっきりしているし、簡潔なので、
ストーリー重視なら楽しめるかも??
シルエットで探す物がメインで、
ヒントは使うと次に使えるまで時間がかかるが基本は無限。
アイテムは、画面が暗く少し見難い部分も。

●ザ ロスト ケース オブ シャーロックホームズ 5.5点
謎解き系要素が強い、間違い探し→アイテム探し(途中パズル)→
容疑者当てパズルみたいなパターンで進むので、アイテム探しを満喫できない。
しかし、アイテム探し画面で、部分拡大ができ、
細部まで見る事ができるのが嬉しい。

●マグレーブメイナーの秘密(ミステリーオブマグレーブマナー)5点
アドベンチャー系の要素が強い。
アイテム探しの合間合間に頻繁にイベントが入り邪魔。
アイテム探しも、アイテムがゴチャゴチャ重なって
下にある物が全くわからないものがあるのは、最悪。
フリーモードでは、何度も同じ面が遊べる。
その時、アイテムをランダムに配置するので、
上記のように重なってしまうみたいだけど、
どんなに頑張っても探せないアイテムがあるというのは、ゲームとしてダメ。
ヒントは3分置きに1個増えるので、難易度は低め。

--------------------------------------------------

※重すぎ・アイテム探しじゃない・動かないでなどで
できなかった・投げたゲーム

●The Magicians Handbook-Cursed Valley(MSN)
英語版。
単語は簡単なのでアイテム探しはできるが、
パズルのやり方がわからず(英語読むの面倒だった)
途中で挫折。

※パズルのやり方を真面目に読んで続きをやった。
ちゃんと読んだら単純だった(^^;)もっと面倒かと思ってたよ。
アイテムがとても見辛いものがあるのが難点。
アイテム探しは10個×3面なので、それなりに楽しめる。

●ローラ・ジョーンズと運命の扉 5点
アドベンチャー要素が強く、アイテム探しも2~3個探して
それを使って謎解きというパターンが多い。
頻繁に画面が切り替わりロードが多く、嫌になってやめてしまった
(家のパソコンは遅い)。
グラフィックもなんとなく見難い

●トラベルローグ360パリ-360度回転させてアイテムを探す。
360度なので、探す範囲が広く、探すアイテム数は少なめ。
ぐるぐる画面を移動させるのは面倒だし、楽しくない。

●アート捜査官-美術怪盗を追え-間違い探しゲームで、アイテム探しではなかった。
重いし、メニューなどもわかりにくい。

●ドクターリンチ・呪われた墓-非常に重く、家のマシンだと、
ミニゲームで動かなくなる。

●ナタリー・ブルックスのトレジャーハウスの秘密-イベントが延々と続き
なかなかアイテム探しモードにならない上、重くてやるのを諦めた。

●ヒデゥン シークレットナイトメア
あまりに重過ぎて遊べなかった。
ゲームを立ち上げるのに10分くらいかかったし。

●エスケープ・ザ・ミュージアム-アイテム探しよりイベントゲームが多く、
ついでに重くて途中で投げた。

●ヒドゥン ミステリーズ - 南北戦争の隠された謎
動かず。

●シャーロックホームズペルシャ絨毯の謎
動かず。

●ミステリーオブユニコーンキャッスル-家が2000のせいか、動かず。

●ロビンソン・クルーソーの冒険-文字化けして、探すアイテムが読めず。
2000だと文字化けするみたいだ。

---------------------------------------------------------------

1ゲーム1時間とはいえ(中には2時間遊んでいるのもある)、
かなりの数をやったので、かなりの時間を費やしてしまった・・。

ゲームは、はまると怖いねー(-_-;)。

英語版アイテム探しの感想はこちら
[PR]

by tako-taku | 2009-06-27 22:41 | ゲーム | Comments(2)

Commented at 2009-06-28 08:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tako-taku at 2009-06-29 02:04
BKS様

コメント&お誘いありがとうございます(^^)。
お誘いは嬉しいのですが、
このブログはほとんどゲームの事を取上げていないので、
ランキングに登録させて頂いても、
お役に立てず、逆に場違いになりそうな気がしますので、
登録の方は見送らせて頂きたいと思います。
申し訳ありません<(_ _)>。



<< 多摩境「東海林」のパン 東京デーリーのチーズがたっくさ... >>