人気ブログランキング |

クランベリー&アップルロールとミモレット   

2009年 04月 16日

よく膨らむというゴールデンヨットを使って、またまたパンを焼いた。

先日作った時は、ジャムを混ぜ込んだけど、今回は普通に。

-------------------------------
強力粉 400g
水 260~270cc
砂糖 大2(いつもより砂糖多め)
塩 小1
イースト(サフ) 小2
スキムミルク 大2
バター 10g

りんご 1個
ドライクランベリー 適量
砂糖 大2
レモン汁 小2
-------------------------------

生地の半分で、クランベリー&アップルロールを、残りで食パンを。

c0014187_2333616.jpg


巻き込む具材のレシピはこちら

今回は、シナモンシュガーとバターは使わなかった。
その代り、出来上がったりんご煮に、ドライクランベリーを混ぜ込んだ。
ドライクランベリーが水分を吸ってくれて、ベタベタになるのを抑えてくれる。

味は、りんごのみの方が好きなんだけど、コストコで買ったドライクランベリーが
大量に余っているので、それの消費も兼ねて。

ベンチタイムが終わった生地を、四角く伸ばし具材を乗せ、
ロールケーキみたいに巻いて、6等分。
18cmの丸型に花形に並べる。

ロールケーキ状にする時、長さが短かったため、型に並べる時、
ギューギューに。
もっと細長いロールケーキ状にして、輪切りにした時、高さがでるようにすればよかった。
190度で余熱したオーブンで19分。

c0014187_239580.jpg


この成形は、簡単な割に見た目が豪華になるのが嬉しい(^^)。

c0014187_2310838.jpg


こちらは食パン。
前回よりは、膨らんだし、良くできたんじゃないかな??
翌日でもフカフカで、切るのがちょっと大変だった。

この食パンに、ミモレットを乗せて、軽くトーストして食べたら美味しかった~!!!

c0014187_23113393.jpg


ミモレットは、ダニが熟成させるチーズ。
表面のブツブツはダニがあけた跡。
熟成期間が長くなると、コクがでるらしい。

でも、今回ミモレットは初めて。
熟成期間が短いのは食べたことがなく、よくわからず。

セミ・ハード系のチーズは、加熱すると味がまろやかになりクセが少なくなる気がするんだけど、
ミモレットは、まろやかになってもしっかり存在感があるのが美味しい。

ゴールデンヨットがなくなったので、次はどの粉で作ろう。
とりあえずは、一般的な強力粉「イーグル」を使う予定。

ドライイーストも、丁度サフが無くなったので、今度からしばらくフェルミパンの予定。
ドライイーストが変わる時は、どんな感じになるのか、ちょっとドキドキ。

サフは、カメリアのドライイーストに比べると、イースト臭が弱くてなかなかよかった。
フェルミパンより手に入れやすいので、フェルミパンがすっごく良かったというのでもなければ、
またサフに戻ろうかな?

白神天然酵母とかも気になるんだけど。

by tako-taku | 2009-04-16 23:21 | レシピ:パン・お菓子系 | Comments(0)

<< エースコック「飲み干す一杯・坦... 自家製カレー粉を作った >>