タグ:イベント・レジャー ( 327 ) タグの人気記事   

柏崎の鯨波海岸で泳ぐ   

2005年 07月 31日

今日は福島を発ち、旦那の故郷である新潟へと、磐越自動車道を走った。

出発前に母から「磐越自動車道は、普通の高速とは違い一車線の所があるから気を付けて」と言われていたが、昔通った新潟までの道「国道49号線」の凄さを知っていたので、それよりはマシだろうし、何せ高速道路なんだから・・と軽く聞き流して出発。

しかし、甘かった(^^;)。
最初の頃は、二車線で交通量も少なくサクサク進めたが、会津若松を越え、新潟県との県境に向かうにつれ一車線道路の区間が増えていく。あっという間に一車線区間8割~9割に。
その上トンネルが多く、そこももちろん一車線。
県境を離れればまた二車線に戻るだろうとの楽観的な気持ちを裏切り、新潟市内までほとんど一車線の道でした(-_-;)。
確かに下道の走りづらさを考えれば格段にいいし、時間も4時間半から2時間弱と短縮されているけど、下道を知らずにここを通ったら「高速料金払いたくない!」と絶対思うに違い無い道でした。

向かう先は十日町だったけど、途中柏崎の鯨波海岸に寄った。
ここは、海水浴と磯遊び両方出来るので、ちょっと遊ぶにはいいだろうと思ったのだ。

ただ、ちゃんと遊ぶつもりでは無く、海にちょろっと息子を入れて、その後岩場でカニでも見て、1時間弱ぐらいで帰ろうという予定だったんだけど、息子予想以上に大喜び。

最初は岩場でカニや小さなフグ(と思われる)などを見つけたりして遊んだ。
その後、海に入ってちょっとバチャバチャ遊ばせて帰ろうと思っていたのに、息子、海から上がってこない(-_-;)。

鯨波海水浴場は、太平洋岸の遠浅の海に比べると、砂浜から少し入った所でも水深がそこそこ深い(息子の胸~首ぐらいまで)。
砂浜が近いせいか、それぐらいの水深で波が来ても怖くないらしく、来た波をジャンプして乗り越えるというのにはまってしまったのだ。
昨年までだったら、一度でも水を飲んだりしたら、すぐ上がってきた息子が全く気にせず楽しんでいる。下手すると頭まで水に浸かっちゃうなぁと思い、慌ててかけさせたままだった眼鏡を外させたぐらい。

今回、ほんとうに「ちょっと」のつもりだったので、磯遊び用のバケツも、浮き輪も何も用意していなかった私。私と旦那は水着すら着ていなかったけど、こんな事ならちゃんと用意してくれば良かったと後悔。

というのも鯨波海水浴場は、遊泳可の浮きが浮いている辺りにテトラポットがたくさん並べてあり、そこまで行けばまた別の生き物が見れたりと、ちゃんと用意していれば、もっと楽しめたはずの場所だったのだ。

帰らないと渋る息子を連れて海を後にしたのは2時間後。

その後、私が「地魚の寿し」を食べたいとごねたので、鯨波から少し行った所にある「日本海フィッシャーマンズケープ」内の寿司屋へ。
ここは「地魚寿司」(1890円)というメニューがあり、地魚の寿司を出してくれるのだ。
出てきたのは8種類。タイ、イシダイ、キス、スズキ・・・後忘れた(^^;)など、白身魚で揃えられている。寿司の順番通りに並べてある魚の写真も出してもらえるので、楽しい♪
季節や日によって、出る魚は違うらしい。前に行った時は、カワハギが入っていた記憶が。
板さんもとっても親切でした(^_^)。

寿司で満腹になった後、やっと十日町に向かったのでした。
[PR]

by tako-taku | 2005-07-31 21:59 | 日記 | Trackback | Comments(1)

ルアー釣り   

2005年 07月 30日

前日イワナ釣りに行ったのに、息子はとても不満げ(-_-;)。

理由はチャレンジの努力賞で貰った「ルアー用の釣り竿」を使えなかったから。

そんなワガママな事言って(-_-メ)と思ったが、甘い旦那は、「それならルアー釣りができる所に行こう」と言い出した。

釣りに詳しい末の弟は仕事で連絡がつかず、本屋でガイドブックを見て、ちゃんとルアーを投げられるか怪しい息子でもどうにかなりそうな、釣り堀を探し、行く場所を決定。

裏磐梯の桧原湖と小野川湖に挟まれた「裏磐梯フォレストスプリング」がそこ。

ガイドブックで読む限り、時間釣りが2時間からあり(他に見つけたところは1日なので高かった)、ルアーセット貸し出しもあるので初心者でも大丈夫という感じだったからだ。

行く途中猪苗代湖にちょっと寄って、巨大な猪の神獣(稲で出来ていて圧倒されます)にお参りしたりしつつ、目的地へ向かった。
山の中なので迷うかな?と思ったけど、五色沼の近くだったので、そこを目標に行ったら迷わず着けた♪

着いて見るとさすが山の中にあるだけあって、とにかく景色がいいv(≧∇≦)v。
特に大きい池の方は、見ているだけで和めそうな景観。
それだけでも来た甲斐があったという感じ(*^▽^*)。
その上、空いていてこれだけ広いのに他に一人しかお客さんがおらず、下手な息子でも周りに気兼ねなくルアーを投げる練習が出来た。
オーナーと思われるご主人も、初心者に親切に説明してくれました。

息子は自前の釣り竿で、旦那はレンタルして釣り開始。
HP上左側の小さい池の方が子供には釣りやすいというのでそちらでトライ。大きい方はカヌーなどで出て釣る所らしい。

しかし、ルアーというのはよく糸が絡まる。子供の頃、困った経験があったので、私はあまりルアーは乗り気ではなかったのだが、案の定という感じで、釣っている時間より、糸を解いている時間の方が長いぐらい

ちなみに、ルアーを投げる事は予想以上にすぐ覚え、ちゃんと出来ていた息子だったが、巻くのが速い(-_-;)!!早すぎてルアーが水面をピョンピョン飛んでいるほど(爆)。魚が食いつこうとしても絶対追いつけなさそうな速さでルアーが移動しているんだから釣れる訳が無い(^^;)。

旦那も息子のフォローに右往左往状態で、ほとんど釣る時間無し。

結局一匹も釣れずに帰る事になったんだけど、飽きっぽい息子には珍しく、釣れないのにも関わらず最後までルアーを投げていた。

チャレンジで「釣り竿」を貰ってからルアーで釣りをしたいと騒いでいた息子も満足したようだ。
[PR]

by tako-taku | 2005-07-30 22:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

イワナ釣り   

2005年 07月 29日

毎年帰省するとイワナ釣りに行っている。
といっても渓流などに行くのではなく、イワナを釣れる釣堀に行くのだ。

いつ行ってもあまりお客さんがいないので、毎年まだあるか??と心配しながら行くのだが、今年も健在。
釣堀のオーナーは元々は東京の人らしい。
釣り代は無料、その代り釣ったイワナは持ち帰り。グラム300円である。
高いイワナになっちゃうけど、釣りで楽しんだ分も考えればそんなものか?という感じ。

で、イワナ釣りであるが、釣れる時はポンポン連れてイワナ代を心配しなきゃいけない事もあれば、全く釣れず晩御飯のオカズに出来ないのか??と焦る事もある。

今年は後者。
針を投げ入れても、イワナが餌をつついている気配も無い(-_-;)。今までで一番反応が悪い。
小さいイワナの池は水深も浅くイワナが良く見えるので、「こっちの方が釣れると思う」と勧められたが、やっぱり大きいのが釣りたい。

旦那は早々に小さいイワナの池に行き、しばらくして二匹小振りなイワナを釣り上げた。
私の方はノーヒット。
どうも浮き下が浅すぎるらしいという事に気がつき、浮の位置を調整。
すると、少し反応が!!!
その後もしばらく地道に釣り糸を垂らしていたら、釣れましたv(≧∇≦)v!!!
30cmはあると思われる巨大イワナ!!!

その後、旦那が小振りなのを一匹、私がもう一匹大きいのを釣っておしまいに。
息子は早々に飽きちゃって途中から虫捕りをしていた(-_-;)。

この釣堀近辺にいるトンボはのんびりしているのか、手でも簡単に捕まえられる。
そんなトンボ相手に虫捕り網で苦戦してる息子・・・トロイなぁ。
でも逃がしても、そこいら辺中にトンボがいるのでトロイ息子でも何匹か捕まえていた。

オニヤンマが水面近くを頻繁に飛んでいたので、後で捕まえようと思ったら、飛んでいるルートを変更してしまったみたいで、捕まえられず残念(>_<)。
私はオニヤンマを捕まえるのは下手なんだけど、旦那が上手で、昨年はあっという間に2匹ほど捕まえていたので、今年もっ!と思ったのに・・・。

イワナは小振りなのは塩焼き、大ぶりなのはフライにして美味しく頂きました(*^▽^*)。
私は魚は苦手なんだけど、川魚は好きなんだよね。何でだろ???
[PR]

by tako-taku | 2005-07-29 22:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)

相模川の鯉のぼり&とりあえず吾平   

2005年 04月 30日

c0014187_7584045.jpg友人夫婦がお泊りで遊びに来たので、一緒に相模川の鯉のぼりに行ってきました。
相模川の両岸にワイヤーを渡して、市民から寄贈された鯉のぼりを大量に泳がせるイベント。

開催場所の高田橋へ向かう道は、橋に向かう一本道なので、混むと超悲惨。
でも以前行った時、4月中はあまり混まなかった記憶があったので、行く事にしたのだ。


c0014187_881818.jpg予想は大当たり、いや、予想以上に空いていて、高田橋下の駐車場に入るのに渋滞数百メートル30分程度と予想していたのが、ほとんど引っかからず入れてしまいました。
時間は着いたのは午後1時ちょっと前。

相模川の鯉のぼりは、日程が合えば「あゆの放流」(放流したばかりのあゆを子供達がまた捕まえていたりした(^_^;))などのイベントにも参加できたりするんだけど、30日は特に何も無かった感じ。

ポニーが来ていて、馬に乗れたのかもしれない(よく確認せず)。
屋台もそこそこ出ているので、お祭気分が味わえます(*^_^*)。

水辺に行くと、何故かみんなやりたくなる「水切り」(笑)。
童心に返って石を投げている人がちらほら。私もついつい・・・。

屋台では、3つのカップが一つになったかき氷がヒットでした。
3つのカップそれぞれにかき氷を入れてもらって、自分で好きなシロップを入れる事ができます。それで普通のかき氷と同じ300円。
容器が可愛かったので撮影しようと持って帰って来たんだけど、駐車場から部屋までの間、息子に持たせたら数十メートルも歩かない内に破壊されてしまった(>_<)。
私がかき氷を買った屋台は、シロップの種類はイチゴ、メロンなど基本的なものが5~6種類ある所だったんだけど、後でマンゴーなどいろいろな種類がある屋台を見つけて、こっちで買えばよかった~とちと後悔。

高田橋で開催されるイベントは、広大な河川敷が駐車場になっていて、出る時、出口辺りで5本ぐらいの車の列が合流になっちゃったりする。状況が悪いと、駐車場内で全く動けなくなる事も。
でも、今年は帰るのも早かったので(3時前に撤退)出るのにもほとんど引っかからずスイスイ♪

夕方は友人夫婦と居酒屋「とりあえず吾平」に。

ここは席に仕切りがあって個室っぽくなっているので、子供連れで行きやすいし、お料理もなかなか美味しい♪

大当たりだったのは、友人のご主人が頼んだ「カレイの唐揚げ」。カレイの骨も唐揚げにしてあって、これが香ばしくてムチャクチャ美味しかったv(≧∇≦)v。
他にも新メニューが増えていて、よくぞここまで食べたっ!ってぐらいいろいろ注文して食べてしまいました。

その後、マンション内のカラオケに。
友人夫婦は若いのでとっても元気でした(笑)。
[PR]

by tako-taku | 2005-04-30 22:54 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

小山内裏公園桜祭   

2005年 04月 03日

八王子の「小山内裏公園」にて桜祭があるというので、行ってみた。
11時からということなので、11時ちょっとすぎに公園に到着。

「小山内裏公園」は自然保護を目的とした自然公園で、遊歩道がメインとも言えるぐらい、横にながーい公園である。

そこのパークセンターに、屋台とか出るというので、行って見たのだ。
行っていると、催し物をやる舞台と、テントが4~5つの小規模なもの。
テキ屋さんらしい屋台はなく、地元の方らしい人たちがテントでジュースや、ホットドッグなどを売っている。
値段はかなり安く50~150円ほど。
ホットドッグ、カレー、トン汁、ジュースなどを購入して食べた。
舞台では丁度獅子舞が踊っていた。

しかし、今年初めてなせいかいろいろ不手際が(^_^;)。
ホットドッグはまだ11時半ぐらいだというのに、ホットドックを渡す際使うアルミホイルが無くなり代用の紙を慌てて使っていたし、カレーはトマトベースでなかなか美味しかったんだけど、紙コップにご飯をいれて上からカレーをかけていたせいか、底の方のご飯がビチョビチョという感じになってしまっていて残念だった。

でも安いし、子供を連れてちょっと行くにはいいと思った。
来年行くならシート持参で行こうと思う。
[PR]

by tako-taku | 2005-04-03 19:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

イチゴ狩りに行ってきた   

2005年 03月 19日

イチゴが大好きな息子が行きたがるので、毎年この時期になるとイチゴ狩りに行ってます。
今年も、行って来ました。

c0014187_0591348.jpg行ったのは伊豆長岡の「江間いちご狩りセンター」。
ここは、昨年も行ったのだけど、ハウスの前で番をしているおばさんがとても親切だったので、好印象だったのだ。
行く途中、渋滞に巻き込まれて到着が遅れ、着いたのは3時過ぎ。
昨年も、渋滞に巻き込まれ到着が遅れ、着いたのは4時(^^;)。あまり学習能力ありません。
イチゴ狩りは、月によって値段が違うのだけど、3月中は一人1200円でした。

c0014187_123834.jpg入口で、練乳入り&ヘタ入れ用のプラスティックケースを渡され指定されたビニールハウス内に。
今回も、大量に食べてきました。
しかし、残念な事に、今回は、指定されたビニールハウスに入る最後の組になってしまった為か、大きめなイチゴなどはほとんど食べられてしまった後でした(前に来ていた人はほとんど帰った後か、帰ろうとしている時だった)。
いつもなら、食べても食べても周り中食べごろのイチゴがたくさん!という感じなのが、今回は食べ頃のイチゴが無い場所も、ハウス内にかなり点在。かなりハウス内を移動しました。
後一組ずれて、別のハウスの一番手になれたらよかったのに(>_<)。
そんな状態ではあったけど、それでも満腹になるぐらいイチゴを食べる事ができました♪
それに、昨年とは違う人だったけど、ハウス番のおばさんは今年も感じが良かった(^_^)。

今日はかなり日差しがある日だったけど、本当は曇とか雨の日の方がイチゴ狩りには向いている気がする。
何故かというと、晴れている日はハウス内のイチゴが生暖かくなってしまうのだ(^^;)。
雨でもハウスに入るので気にならないし、冷えて美味しいイチゴを食べるなら、曇天や雨天なんだよね。

ただ、ここ江間いちご狩りセンターは、いちご狩りの後「菜の花摘み」も出来るので、晴れた日の方がいいのかも。
c0014187_144921.jpg広々とした菜の花畑で、たっくさん、菜の花を摘んで帰ってきました。
さっそく茹でて食べたけど、美味しかったよ~♪
[PR]

by tako-taku | 2005-03-19 23:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)

プール   

2005年 02月 04日

久々に、プールに行ってきました。

行ったのは、相模原市の北の丘センタープール
清掃工場の熱を温水プールに利用している所。
2時間大人400円、子供200円で、流れるプールと25mプール、子供用プールにウォータースライダー、ジャグジー、サウナ(ちょっと温度低め)がある。
夏はムチャクチャ混みます。

しかし今日は、夕方五時半頃行ったし、この寒さ。
自分でもよく行く気になったなぁって感じ(^^;)。
思ったとおりプールはガラガラで、まるで貸切状態。
パット見、監視員の方が多いんじゃないか・・・と思えるほど。

人がいない中、息子の泳ぎの練習。
夏前に練習させた時は、間が開きすぎて、一度出来るようになった事が全くできなくなってたんだけど、今回はそんな事もなく、伏し浮きや、バタ脚などを練習してきました。

1時間ちょっと練習して、そろそろ帰ろうか・・という時に、息子が「心臓がドキドキしてる」とか言い出した。
単に疲れて鼓動が激しくなっただけだろ?と思ってたんだけど、その内「胸が痛い」とかまで言う。
息子は何でも大袈裟なんであまり気にとめず、丁度上がろうと思ってたし帰ろうかとプールサイドに立ったら、やり取りを聞いていたらしい監視員さんが心配そうに「大丈夫ですか?」と近付いてきた。
「大丈夫だと思うんですけど・・」と返事はしたんだけど「救護員を呼びましょうか?」と言われ、何となく断れず、そのまま監視室で救護員さんに見てもらう事に。

5分程様子を見て、問診して、息子が「もう平気」とか言ったので(早!!)、帰る事に。

大袈裟な息子のせいで、迷惑をかけてしまいました(^^;)。

前回行った時お休みだったので、今回はやってて良かったよ。
2月は15日・16日がお休み、3月は21だったか22日がお休みらしい。
一応ここにメモしておこう(^^;)。
[PR]

by tako-taku | 2005-02-04 23:45 | 日記 | Trackback | Comments(4)