<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

相模原橋本:「鳥忠さがみの亭」若鳥の手羽揚げも美味しいけど、内装もすごいよ♪(わたしのお気に入り)   

2014年 05月 31日

相模原市橋本、駅から徒歩3分ほどのところにある「鳥忠 さがみの亭 橋本店」。

ここは、若鳥の手羽揚げが、香ばしくてボリュームもあり、絶品なお店♪
橋本で半世紀も営業しているというかなりの老舗でもあります。
メインは板前さんのいる居酒屋さんですが、ランチも営業中。
相模原駅に支店あり。

c0014187_1917963.jpg
外観は、白と黒のシンプルでシックな和風。

しかーし一歩店内に足を踏み入れると・・・・
c0014187_1923476.jpg
竹!
藤!
灯籠!
そして、山を模した石!!

和風ではあるけど、外観のシンプルさを裏切る、盛りだくさん感満載の入り口。
外観から受けるイメージと乖離しすぎ(^^;)。

しかし、しかしそれだけじゃないんですっ!
店内は、外観とも、入り口ともまた違った内容。

c0014187_19262732.jpg
暗めの店内、アール・ヌーヴォー調の照明と、重厚な洋風のインテリアが、
大正ロマンを感じさせてくれます。

ここまででも、イメージの落差がすごいですが、実はもっとすごい!

c0014187_19313635.jpg
装飾過多なほど、いろいろ飾られてる上に、居酒屋のシンボル赤い提灯までw( ̄△ ̄;)w!

ある程度、テイストが揃っているので、あまりにもいろいろなテイストに満ち溢れカオスだった
今はなき町田駅の名物喫茶店「プリンス」(リンク先感想)には負けますが、
それでも、ほんのりカオスの香り!
この雰囲気、とても好きです(〃∇〃)♪

桃、藤・・・・などが飾ってあったのは、春のせいかな?
季節によって違うかも。

ちなみに、2階席は、普通に大正ロマンって感じ。

と、店内のインテリアだけでも楽しめますが、もちろん若鳥の手羽揚げも美味い(〃∇〃)!

c0014187_211517100.jpg
ランチタイムは、11時半から。
Aランチ(1383円)は「鳥団子」「唐揚げ」などの盛り合わせ。
Bランチは「若鳥もも揚げ」(1383円。+100円で若鳥手羽揚げに変更可)。
どちらにも、お寿司、サラダ、茶碗蒸し、デザート、珈琲が付いてきます。

ちょっと高いとか、揚げ物はちょっと・・・という方も安心。
「さがみの亭海鮮丼」821円は、リーズナブルな海鮮丼。
隣席の人が頼んでたんですが、なんと、お出汁が付いてきて、お茶漬けにしても食べられる一品。
すっごく美味しそうでした。
茶碗蒸しもついてくる上、温められるよう、お出汁の入った急須は、
固形燃料のついた卓上コンロに乗ってきます。
1000円未満とは思えない豪華さ!

c0014187_21154746.jpg
隣席の「海鮮丼」を見る前だったので、迷わず「さがみの亭Bランチ」、100円増しで若鳥手羽に変更を注文!

寿司5貫、茶碗蒸し、サラダ(5種類の中からイタリアンドレッシングをセレクト)、若鳥手羽揚げの組み合わせ。

お寿司は美味しかったし、茶碗蒸しはとっても滑らかで、具材も凝っててGOOD!
サラダも、お豆などが乗ってる上、一手間かけたというイタリアンドレッシングもいいっ!

c0014187_2116162.jpg
そして、この手羽揚げ!
衣はサックサックで香りもよく、すごく美味しいO(≧▽≦)O!!
ここの唐揚げ、大好き♪
ボリュームもすごいです!
「若鳥もも揚げ」だと、これに比べてかなり小さめになるので、頼むなら「手羽揚げ」がお勧め♪

そうそう、普通「唐揚げ」を食べると、ご飯が欲しくなったりしますが、ここのはお寿司がピッタリ。
というのも、手羽揚げだけで食べるのに、丁度いい濃さの味付けになってるからです。

c0014187_21161556.jpg
デザートと珈琲。
トッピングの生クリーム、ちゃんと美味しいのを使ってて、嬉しかった♪

c0014187_21162975.jpg
他にも、お寿司などのメニューがいろいろ。
夜に、飲み会で使うのもありです♪

でも、揚げ物好きな方!
まずは、ランチで美味しい若鳥手羽揚げを堪能してみて下さい(^-^)ノ♪
海鮮丼も良さそうです♪←こちらを頼んでる人も多かった。

鳥忠 さがみの亭 橋本店
住所:神奈川県相模原市緑区橋本3-27-10
電話:042-772-3326
営業時間:11:30~23:30(LO23:00・ランチは14:30まで)
定休日:月曜

Mewe橋本の目の前です。
[PR]

by tako-taku | 2014-05-31 01:01 | 食:神奈川(相模原近辺) | Trackback | Comments(4)

「三ツ矢サイダーリンゴ酢割」「アサヒのレモネード特濃」「セブンイレブンゆずれもん」を飲んだ♪   

2014年 05月 30日

c0014187_1374964.jpg

アサヒ飲料の「三ツ矢サイダーのリンゴ酢割り」100ml当たり42kcal・163円と、
アサヒのレモネード特濃」カロリー100ml当たり35kcal・176円、
そしてセブンイレブンの「ゆずれもん」カロリー100ml当たり36kcal、98円を飲みました。
画像の胡椒は気にしないで下さい、ボトルの安定が悪かったので枕です(^^;)。
それと、飲んじゃった後に写真を撮ったので、全て空ボトルです(^^;)。

で、感想。
「三ツ矢サイダーのリンゴ酢割」は、あまりリンゴ酢って感じは無く、
でも割ってあるせいか、「薄く水っぽい三ツ矢サイダー」って印象でいまいち。
これ一本で酢が15mlとれるのがウリらしいので、健康志向の人向けの商品なのかな?

「レモネード特濃」は、濃厚なんですが、濃いレモン味を飲みやすくしたせいか、
濃いのにさっぱり感が弱く、喉が乾いている時に飲むのには不向き。
レモンなのに、レモンのフレッシュさが感じられないというか。
上記2商品は新商品。

それに対しセブンの「ゆずれもん」は、かなり前から売ってる商品。
今回、初めて飲んだんですが、これはいいっO(≧▽≦)O!
さっぱりした甘さに柑橘系の爽やかさがあり、さっぱりしてるのに、
水っぽくて薄いと感じさせない味わいが、夏の飲料としてすっごくGOOD!!

飲料専門メーカーより、セブンイレブンのプライベートブランドの方が美味しいとは・・・・。
アサヒ頑張れ~!
[PR]

by tako-taku | 2014-05-30 01:49 | 食:いろいろ | Trackback | Comments(4)

ステーキガスト:「ステーキ屋さんの力こぶハンバーグ」を食べた♪頑張りは感じる!   

2014年 05月 29日

サラダバー付きファミレス「ステーキガスト」。
少し前、「ブロンコビリー」「平家の郷」などを意識したと思われる、ちょっと高級感のある
超ビーフハンバーグ」(リンク先感想)なるものを出してました。
ただ、「超ビーフハンバーグ」は、上っ面だけ真似た感が強かった。

そんな「ステーキガスト」が、「超ビーフハンバーグ」と同じ路線の、
ステーキ屋さんの力こぶハンバーグ」を出してきた。
この「力こぶハンバーグ」、ステーキガストはかなり力を入れてるのか、
100万円相当の純金製、力こぶハンバーグ100円引きクーポン」が
当たるという、とんでもない、キャンペーンもやってました←応募したけど、外れた。
100万円の価値がある純金なのに、ステーキガストで使うと100円オフになるだけって(笑)。
こういうの、好きだー。

ということで、そんなに間を開けずリニューアルした100%ビーフの高級ハンバーグ、
「ステーキガストの本気度はいかに?」と食べてみました♪

c0014187_2218637.jpg
BEEFも本気も100%「ステーキ屋さんの力こぶハンバーグ」(サラダバー付き)1187円。
「ステーキガスト」って「ステーキ屋」ってイメージが無いので、「ステーキ屋さんってどこの事??」と
深い意味なく思ってしまった(^^;)。

c0014187_22213663.jpg
テーブルに運んできてから、目の前で2分割してくれます。
熱々ペレット付き。

で、特筆すべきは、前回通常メニューのソースを使っていたため、全然合わなかったのですが、
今回、これ向けと思われる「和風玉ねぎソース」ができたこと。
隙間がいっぱいある、このハンバーグ、今までのソースだと、ほんの少しつけても、
染み込み過ぎてしょっぱかったのが、ちょっととろみがある「和風玉ねぎソース」なら、
染み込み過ぎることもなく(付け過ぎるとしょっぱいけど)、「力こぶハンバーグ」によく合ってます♪

お肉も、前より美味しくなった感じ(*^.^*)。

c0014187_22252558.jpg
ただ、焼くためにペレットに押し付けると、分解しちゃうのが難点。

c0014187_22271195.jpg
肉々しさを出すためなのか、ちょっと塊っぽくなってて、食べた時の食感はいいんですが、
ペレットに押し付けるだけじゃなく、単に切ってもこうやって分解してしまう(^^;)。

と、気になる部分はあったけど、「超ビーフハンバーグ」に比べ、しっかり進歩した感じがあり、
「ステーキガスト」の頑張りを感じました(*^.^*)♪
でも、値段が同じくらいな「ブロンコビリー」の方がやっぱりいいなぁ(^^;)。

サラダバー、ドリンクバー、ブレッドバーなどは、相変わらずなので、気になる方は、
前回「超ビーフハンバーグ」の感想を参考にして下さい。
[PR]

by tako-taku | 2014-05-29 01:46 | 食:全国チェーン | Trackback | Comments(2)

レオニダス:今年も「マノンカフェホワイト」「オランジェット」各種プラリネ等を食べた♪   

2014年 05月 28日

ベルギーで一番ポピュラー(庶民的とも言えるか)なチョコレート「レオニダス」。
ベルギーチョコで世界的に最も有名なのは「ゴディバ」だと思うのですが、
「レオニダス」は、リーズナブルな値段と店舗数が多い事から、ベルギーではとても
親しまれているチョコレート。

味もマイルドで、老若男女問わず好まれそうな味わい。
私は、苦味の強い高級チョコよりも、マイルドな「レオニダス」の方が好きです♪

ベルギーではリーズナブルな方だし、日本でも高級チョコの中では安いほうだけど、
やっぱりそこそこのお値段はする。
でも、毎年、知人のツテでお得に購入できる機会があり、毎年その時期を狙って買ってます♪

ただ、今年はかなり売れ行き好調で在庫が少なく、、安く買える商品ラインナップが、
例年より少なかったのが残念。
お店にとってはいいことなんですが(^^;)。

c0014187_14593995.jpg
今年は箱が可愛くなってました♪

c0014187_150359.jpg
「マノンカフェホワイト」4P、定価1050円。
これ、好きなんです(〃∇〃)!
2箱買ってしまった。

ホワイトチョコで包まれた、フレッシュクリームとヘーゼルナッツの口溶けが最高で、美味!!

c0014187_1501642.jpg
「オランジェット」90g、定価1260円。

オレンジの風味と、皮の苦味、そしてチョコレートのちょっとビターな甘さがいいっ!

c0014187_1502820.jpg
「プラリネ&トリフ」6P、定価1575円。

いろいろな味が楽しめるパック。
「マノンカフェホワイト」も入ってます♪
右下、金色の包み紙の「ジャンドゥージャ」。
プラリネ部分だけのチョコで、これも好きっ!

マイルドで美味しいレオニダス。
通販もしているし、都内にも数店舗展開しているので、興味があったらどうぞ(^-^)ノ。
「マノンカフェホワイト」は、夏場は販売していないので注意です。
[PR]

by tako-taku | 2014-05-28 08:54 | 食:スイーツ・パン | Trackback | Comments(4)

八王子駅:「洋食 おがわ」正統派「昔の町の洋食屋さん」。美味しいよ(*^.^*)♪   

2014年 05月 27日

八王子駅北口から徒歩5分。
「三崎町」の交差点側にある「洋食 おがわ」。

c0014187_15374941.jpg
外観は、昭和の香りがする正統派洋食屋さんの雰囲気。

c0014187_15384152.jpg
しかし、店内は改装したらしく、外観のイメージとは違いオシャレ?

c0014187_15385923.jpg
でも無く(笑)、花が飾ってあったり、壁紙などのテイストは「オシャレ」なんですが、
プラスチックのポットがテーブルに常備されてたり、雑誌やダンボールが置いてあったり、
ちょっと雑然とした雰囲気がそこかしこに滲み出ていて、
やっぱり「正統派町の洋食屋さん(食堂寄り)」という雰囲気満点。

店内は、店の奥にカウンター席数席、手前側には、4人がけテーブルを2つくっつけた
8人掛けの大テーブルが2つ。
基本は相席。

また、ウェイトレスさん(奥様?)が一人で切り盛りしているせいか、混んでいる時間は、
席が空いてても、片付けが間に合わなかったりする場合?入店を断られてしまうようです(^^;)
その辺、どうなってると断られるのか、正確な法則はわからず。
でも、ほんの数分の差で、入店できたり、断られたり・・・ギャンブル要素高っ(笑)。
断られると、みな待たずに去っていくので、このお店では「待つ」というのは、ダメなのか?
それとも、私が行った時がそうだっただけか?
11時50分頃の入店と、ちょっと早めに行って正解。
その時間でも、ほぼ満席でした。

そして、昼時は、次々にお客さんが来ていたので、その人気のほどをうかがい知ることも。

c0014187_1538461.jpg
メニューのラインナップも、「洋食屋」さんぽくて、私の好物ばかり♪
「オムライス」700円が人気らしいし、「海老フライ(ライス付き)」1150円も気になる。

c0014187_15381215.jpg
スープ、サラダ、ドリンク類、そして「パン」などもあります。
定番中の定番がずらずらっと並んでいる感じのメニュー。

c0014187_15392745.jpg
悩んだ末、「ポークカツレツ(ライス付き)」850円を注文。
スープ類はつかず、メインと付け合せの野菜+ライスとシンプルな組み合わせ。

c0014187_15391745.jpg
で、「ポークカツレツ」ですが、美味しかったっ(〃∇〃)!
揚げ加減がすごくいいっ!
表面はサクっとしていて衣は香ばしく、でも火を通し過ぎず、中はジューシーに仕上がってます。
「いい仕事してますね~」と言いたくなるような、仕上がりっぷり(*^.^*)。
なるほど、これは混むはずだっ!

「洋食屋」さんのメニューは好きなので、また訪問したいお店です♪
ただ、わざわざ遠方から訪問するというよりは、さっと食べて、さっと帰る、
日常使いに、家や職場の近所にあると嬉しいだろうなーってお店でした。
どこに行こうか悩んだら「ここっ!」みたいな(^^)。

洋食 おがわ
住所:東京都八王子市三崎町9-8 オザワビル 1F
電話:042-625-1516
営業時間:11:30~14:15・17:00~21:15(LO21時)(水曜定休)

以前、ここのすぐ近くの立体駐車場をよく使ってたんだけど、その時は全然気が付かなかった~!

c0014187_15394366.jpg
持ち帰りも可能なよう。
[PR]

by tako-taku | 2014-05-27 00:56 | 食:多摩地区 | Trackback | Comments(5)

町田多摩境:さよなら「ブックオフ」(T_T)・・・・・   

2014年 05月 26日

2014年5月25日、町田多摩境、コピオにあった「ブックオフ」が閉店しました。

多摩境の「久美堂」が閉店しちゃった時も、すごくショックだったけど、
「まだ『ブックオフ』があるさっ!」と自分を励ました。
でも、その「ブックオフ」も・・・・・・。・°°・(>_<)・°°・。
小さい「ブックオフ」だったけど、駐車場もあるし、買い物帰りに寄れて、とても便利だったのに・・・。

c0014187_0204111.jpg
25日夕方のブックオフ。
まだ営業はしてますが、棚はガラガラ。
店内、段ボールが大量に積んであったので、既にかなりの商品がしまわれてしまったよう。

全書籍50%オフに始まり、70%オフ、最後には書籍全部50円!
100円の書籍は、70%オフの時30円だったから、微妙に値上がり?(^^;)

で、50%オフとか、70%オフという魅力には抗えず、ちょっと欲しいなーと思ってたコミック買いまくり。
それも、全部揃わないと、他のブックオフなどにまで足を伸ばして揃えた結果、
短期間に、恐ろしいほど、本が増えました(-"-;A。

c0014187_0252350.jpg
溢れだしたコミックの山。
整理が間に合わず、ブックオフで買ったんじゃない本も混じってますが、
画像に写ってない、他にブックオフで買った本もいろいろあるので、画像以上に本が増えた。
「HUNTERXHUNTER」は、一度8巻くらいまで揃えて、ブックオフに売ったのに、
「キメラアント編」を買ったら、他の巻も読みたくなり、今でてる31巻まで揃え←別のブックオフも使った。
浦沢直樹の「モンスター」も、全巻←こちらも別のブックオフも利用。
「土星マンション」とか「シュトヘル」も、多摩境のブックオフで売ってたのだけ購入。
他にもちょくちょく買ってしまった・・・・。

最近、記憶の引き出しが開きにくいので、あとになって「あっ、あれも欲しかったんだ」
「これも欲しかったんだ!」って思いだしたのは、だいたい売り切れ。
それが良かったのか、悪かったのか。
でも、最初の頃に思い出してたら、もっと本が増えてた予感。

それにしても、行きやすい古本屋さんが無くなったのは、悲しいな~(T_T)。

さよなら、多摩境ブックオフ、今までありがとーーー。
[PR]

by tako-taku | 2014-05-26 00:35 | 閉店 | Trackback | Comments(6)

「キルフェボン」のタルトは、フルーツたっぷりで美味しい♪   

2014年 05月 25日

フルーツをたっぷり使ったタルトが有名な「キルフェボン」。
都内にも数店舗展開してるし、気にはなってたけど、なかなか食べる機会がなかったこのお店。

墨田区押上の「東京ソラマチ」(リンク先感想)にも入っているので、「この機会を逃すまじっ!」と
買ってきました(〃∇〃)♪

いろんな種類のフルーツがたっぷり乗ったタルトがホールでずらっと並んでいる様は壮観!
タルトの種類も豊富で、見るだけで、テンション上がります。
私が買いたくてお店まで付き合って貰ったんだけど、同行者の一人も買ってたぐらい。
ついつい写真が撮りたくなったけど、店内写真撮影禁止で残念。
ちなみに「東京ソラマチ」の「キルフェボン」併設のカフェは、かなりの行列でした
タルト販売のコーナーも混んでたけど、対応は早く、それほど待たずに買えました。
(「ソラマチ店」の様子は、上記リンク先公式サイトで見られます)。

店内で一際目を引いたのが「白イチゴのタルト」。
珍しい白イチゴがたーっぷり乗ったタルト。
元々ここのタルトはちょっと高めで、1ピースで600円~、25cmのホールで6000円前後。
しかし、この「白イチゴのタルト」は、1ピースで1620円、ホールだと12000円ちょっとと、
お値段もすごかったので、余計に注目してしまった(笑)。
「ホール」で12000円って、セレブ価格過ぎ(^^;)。

さすがに「白イチゴのタルト」は買わなかった(買えなかった)けど、
他のタルトも美味しそうで、目移りしつつ、悩みつつ、いくつか購入。

c0014187_22265781.jpg
持ち帰り用の箱も、カントリーっぽくて可愛い♪

c0014187_2227897.jpg
王道「イチゴのタルト」615円。
内容も王道で、イチゴ+カスタードクリーム+タルト生地。
カスタードクリームが美味しく、タルト生地も美味しい♪
そこにたっぷりのイチゴの組み合わせとあれば、美味しくないわけがないっ!
カスタードクリームの甘さと、イチゴの甘酸っぱさとのバランスもよく、王道だけど、
しっかり美味しくて満足(〃∇〃)♪

c0014187_22272150.jpg
「季節のフルーツタルト-春バージョン」691円。
たくさんの種類のフルーツが乗った、カスタードクリームのタルト。
イチゴと比べ、食べるフルーツにより、酸っぱめのところがあったり、甘めのところがあったり、
味のメリハリが楽しめる一品♪

タルトに刺さっているのは、スカイツリー限定の、「スカイツリー」を模したスティック。
プラスチック製で、食べられません←「食べられない」と注釈があり、
「そんなわかりきった事も注意するんだ」と思ったら、旦那が「これ食べられるの?」と
聞いてきたので、注釈は必要なんだと思った(^^;)。

c0014187_22274789.jpg
「ブルターニュ産ル・ガールクリームチーズのタルト」572円。
これ、クリームチーズが滑らかで、風味もしっかりあり、シンプルだけどすごく美味しかった(〃∇〃)!

c0014187_22275890.jpg
「ベリーとピスタチオクリームのタルト」788円。
甘酸っぱいベリーとピスタチオ風味のカスタードクリームの組み合わせ。
ピスタチオ風カスタードクリームは、普通のカスタードクリームとは一味違って美味しいんだけど、
乗っているベリーの酸味が強く、ピスタチオ風カスタードクリームの味わいが消えてしまって残念。

値段は高めだけど、その分ゴージャスな内容。
ちょっと贅沢したい時とか、食べたいタルト♪
季節によって、使われるフルーツの種類が変わるのも魅力的。
珍しいフルーツとも出会えるし、また機会があったら、覗きたいお店です(〃∇〃)♪

・キルフェボン 東京ソラマチ店
住所:東京都墨田区押上1丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ2F
電話:03-5610-5061
営業時間:10:00~21:00

タルトのラインナップが見たい方はクリックで続きを
[PR]

by tako-taku | 2014-05-25 00:32 | 食:スイーツ・パン | Trackback | Comments(8)

トイレの張り紙・・・・   

2014年 05月 24日

イオン橋本店のトイレで見かけた張り紙。

c0014187_9585218.jpg
「ハンカチを・・・」とか「備え付けの紙以外を・・・」と書いて有るのは、
たまに見ますが、なぜ「割り箸」(゚_゚;)!

少し前話題になった「便所飯」か??

「防災センター」がハートマーク付きなので、余計に笑ってしまいました(^^;)。
ハートマークを付けたいお年ごろはあるだろうけど、ここにまで落書きしなくても(笑)。

c0014187_1041631.jpg
こちらは、疲れ果てた感のあるムーミン。
疲れてるというより、老けた??
なんかインパクトのあるお姿。
目が合って、「人生いろいろあるけど頑張れっ!」と、ついつい心の中で励ましてしまった(^^;)。
[PR]

by tako-taku | 2014-05-24 10:21 | 日記 | Trackback | Comments(4)

墨田区押上:「東京ソラマチ」の「Cafe green bar」はちょっと穴場。   

2014年 05月 23日

墨田区押上の「東京スカイツリー」に併設のショッピングセンター「東京ソラマチ」。

「東京スカイツリー」の来場者数は、そのコスパの悪さから(展望台高いもんね~)
徐々に落ちているようですが、それでも、週末ともなれば混んでる。
いろいろ見て歩いてたら、さすがに歩き疲れ「東京ソラマチ」でお茶でも・・・と思ったけど、
どのカフェも混雑で待つよう。

c0014187_1532996.jpg
そんな時見つけたのが3Fにある「Cafe green bar(カフェ グリーンバー)」。
ここはファッション・雑貨を扱う「URBAN RESEARCH Store」に併設されたカフェで、
「東京ソラマチ」の公式サイトで、カフェなどで検索しても出てこないお店。
そのせいなのか、他が混んでるのに、かなり空いてて、さっくりと座れました♪

c0014187_18194944.jpg
店内は、窓際にあるカウンター席と、10人以上座れそうな大テーブル一つ。

c0014187_18193149.jpg
しかし、店外にはテラス席がたくさんあるので、
ここは気候の良い時期、外で過ごすのが良さそう♪

私は、同行者の一人が、店内を希望したので、大テーブルにしましたが。
大テーブルは、他のお客さんも座っていたけど、かなり大きく相席って感じがあまり
無かったのは良かった。

c0014187_18201078.jpg
コーヒーメニューには50円で追加トッピングできます。

c0014187_18202680.jpg
他にスムージーや、ビール、キッズドリンクも。
ウーピーパイなどの、焼き菓子類も(メニューに載ってない焼き菓子もあった気が)。

c0014187_18204412.jpg
カウンターで注文するセルフ方式です。

c0014187_18211757.jpg
「アメリカーノ」Sサイズ300円+生クリームホイップ50円を注文。
珈琲はアメリカンだとしても、薄めな感じ。
生クリームホイップも、甘さがほとんどなく、あっさりでした。
「スムージー」が、「野菜」や「アサイー」を使ったものメインだったり、「ヘルシー」なカフェなのかも。

「東京ソラマチ」でちょっと休みたい時、Cafeが混んでて入れない場合、思い出してみて下さい(^-^)ノ。
タリーズコーヒーのすぐ近くなので、そこを目印に行くといい気が。
タリーズに入ろうとして、そこがいっぱいで、ここを発見したぐらいだし。

カフェ グリーンバー (Cafe green bar)
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 3F
電話:03-5809-7151
営業時間:10:00~21:00
[PR]

by tako-taku | 2014-05-23 01:32 | 食:その他の地域 | Trackback | Comments(0)

墨田区押上:「東京ソラマチ」のカルビー「ポテりこサラダ」が美味しかった♪   

2014年 05月 22日

墨田区押上にある「東京スカイツリー」と「東京ソラマチ」。

「東京スカイツリー」は、展望台に登る料金が高いので、写真だけ撮りまくって来ましたが、
ショッピングセンター「東京ソラマチ」は、堪能してきました♪

食べたものは、軽食ばかりですが、簡単に紹介♪

c0014187_2012829.jpg
4Fにあるカルビーのアンテナショップ「カルビープラス」。
揚げたてのポテトチップとか、揚げたてじゃがりこ「ポテりこ」などが食べられます♪

c0014187_20121920.jpg
一番人気という「ポテりこ サラダ」310円。
で、これ美味しかったっ!
太めのポテトフライは、サラダ味に加え、ちゃんとじゃがいもの味もするし、
表面はサクサクしてるし、熱々だし、いいっO(≧▽≦)O!
また食べたいっ♪

c0014187_20124925.jpg
同じく4F「東毛酪農63℃」。
コーンが、「竹炭ごま」と、塩味の「海の塩」、そして「ワッフル」の3種類から選べるのが特徴。
↑メニュー画像は、クリックで拡大します。

c0014187_2013697.jpg
「牧場ミルクソフト」を「海の塩コーン」で。
「海の塩コーン」は予想より塩味がはっきり。
甘いソフトクリームとの対比は面白かったけど、「甘い→しょっぱい→甘い」という、
ゴールデンな組み合わせ感は無かった。
同時に口に入れちゃうからかな?
でも、面白い組み合わせなので、興味があれば試してみるのも♪

c0014187_20132016.jpg
こちらは「いちごミルク」+「ワッフル」。
ちょっと分けてもらって食べたんだけど、どんなだったか思い出せず(^^;)。
ちゃんと、イチゴの味がしたような記憶があるんだけど、曖昧。
冷たいものを食べると頭がすぐキーンとしやすい私は、自分の分のソフトをちょっと食べただけで、
「頭キーン」になり、苦しんでいたからだと思われ。

c0014187_20133931.jpg
4Fの塩専門店「塩屋 (マースヤー)」。
20種類近い、塩の味見ができて、超楽しかったO(≧▽≦)O!
びっくりするぐらい、いろんな塩が!
「塩」以外にも、甘いお菓子に塩をきかせたおみやげ用のお菓子なども。
↑画像はクリックで拡大します。

c0014187_20135973.jpg
7F「世界のビール博物館」。
ドイツ・ベルギー・・・etc、世界のビールを集めたお店。
飲んでみたかった~!!

他に、日本の手作り雑貨などを集めた「ETOWA」では、
様々な毛筆による試し書きイベントをやっていて、馬、たぬき、リス・・・・etc、
いろーーーーーんな動物の毛の筆を試すことができました。
それぞれ、書き味が全然違ってて、すっごく面白かった♪

元祖食品サンプル屋」には、1000円もしない食玩のキーホルダーや、
数万円もする巨大な食品見本などがあって面白かった。
その辺の食堂や喫茶店で見る、食品サンプルって思ったより高い!ってのも知りました。

アンパンマン、ディズニー、トミカ、アランジ・アロンゾ・・・etcのグッズショップなどもあったし、
2F「フードマルシェ」では、いろいろ試食もできたけど、詳しく見られなかった場所もいっぱい。
「プラネタリウム」や「水族館」もあるし、またその内行きたいです♪

「東京ソラマチ」内の「URBAN RESEARCH Store」併設のカフェ「Green Bar」と、
フレッシュなフルーツ(「白いイチゴ」を使った超高いタルトもあった)を使ったタルトが有名な
キル フェ ボン」の感想は後日。
[PR]

by tako-taku | 2014-05-22 00:17 | 食:その他の地域 | Trackback | Comments(2)