<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

はたけカカシ・・・   

2006年 03月 30日

息子の友達とその妹が遊びに来ていた。

リビングの隣の部屋でゲームをしていた時、友達とその妹が喧嘩になり、妹の方が一緒に来ていた母親に「お兄ちゃんがこんなひどいことをした!」と訴えに来た。

するとお兄ちゃんの方が「そんな事俺はやってない!」と隣の部屋から反論。

「どっちの言い分がほんとかな?」と様子を見ていたら、お兄ちゃんの方が息子に
「おまえも見てたよな?俺はやってないよな??」と援護を求めた

お兄ちゃんの方の味方に着いちゃうのかな?
それとも上手に仲裁するのかな?

と思って息子の反応を待っていると、

すこーーーし間があってから息子が

「はたけカカシ(NARUTOの登場人物)のさぁ、必殺技って知ってる?」
とか言い出した。

何のことは無い、ゲームに夢中になっていた息子は、周囲の状況なんて全くわかっちゃいなかったのだった・・・・・_| ̄|○。

すぐ横でもめてるんだから、少しは気にしてくれよ(T_T)。
[PR]

by tako-taku | 2006-03-30 23:47 | 子ども | Trackback | Comments(0)

陸の孤島化   

2006年 03月 29日

ちょっと用事があり、車で友人宅に向かった。
その友人の家は細い道が網の目のように繋がっている住宅街の中。

いつも友人宅に行くのに使っている道も、絶対車がすれ違えない細い細い路地を抜けていく。
ところが、その細い道の入口に、工事のおじさんが立っている。
最近、友人宅近辺は、そこかしこで工事をしており、通れると思った道が通行止めなんて事が多い。

「あーーー、この道は通行止めかぁ」
と少し遠回りだけど、別の道に向かう。

ところがところがだ、その別の道は完全に通行止め(T_T)
慌てて友人宅に電話をすると、先ほど諦めた道は通れるとの事。

( ̄□ ̄;)がーん。
ダメ元で突っ込んでみればよかった・・・。

しょうがないので、またその道までぐるーーっと戻る。
「工事は友人宅に向かう道以外の場所でやってるのだろう」と細い道に入ると、工事のおじさんが近付いて来て、ダメダメのジェスチャー

「えーーーー何で?」
友人宅に行く道は、さっき完全に通行止めだった道と、ここしかないのに・・・(゚_゚;)。

焦ってる私に、工事のおじさんが説明してくれたことには、
確かに友人宅に行く道は工事をしていない。
でもその道に繋がっている道で工事をしており、現在友人宅に繋がっている道を塞いでダンプに土砂を積んでいる最中なんだという。
車がすれ違えないほど狭い道にダンプが停まっているとすれば、確かに通れない・・・。

積み込みが終わったら通れるので少し待って欲しいと言われ、しばらく待ちました・・・。

その後無事友人宅には着けたけど、友人宅は一時期陸の孤島と化していたのだった。
普通10分もかからないでたどり着く友人宅まで40分近くもかかってしまって、トホホだったよ(T_T)。
[PR]

by tako-taku | 2006-03-29 23:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ボーリングに行ってきた   

2006年 03月 23日

今日は卒業式で高学年以外はお休み。
暇なので、ボーリングに行ってきた。

朝9時半現地集合で行って見ると、まるで貸切のような状態
私達しかいない。
しかし、お休みなの学校が多かったのか、10時過ぎぐらいからお客さんが増え、子どもだけのグループもかなり多かった。

私達がゲームをしていた左隣のレーンでは、小学校中・高学年ぐらいの男の子達がプレイしていた。

なかなかストライクが出なかった友人がストライクを出して大喜びしていたら、隣の男の子達も拍手してくれました(^^;)←かなり大騒ぎしていたのだった。

今日のメンバーは大人3人、子供5人。
今回も子ども達はガーターレーンを塞いで投球。

それがとっても羨ましい(-_-;)。
私もガーターレーン塞いで投げてみたいよ~。

という事で、いつも通りスコアは伸びず、100行かず(T_T)。
第10投目に普通に取れていれば100超えたはずなのに、ここぞとばかりのガーターに泣きました。

今回一緒に行った友人の内一人が、2ゲーム目絶好調!
ストライクはなかなか取れないものの、スペアを連発。
150のスコアを出してて、感心。

最近数カ月おきにだけどボーリングしてるので、ボーリングの後に筋肉痛にならなくなったのは嬉しい←ボーリングで筋肉痛になる人は少ない(^^;)?
[PR]

by tako-taku | 2006-03-23 02:14 | 子ども | Trackback | Comments(0)

映画でドタバタ   

2006年 03月 22日

今日はレディースデーなので、息子が行きたがっていたドラえもんの映画に行く予定だった。
学校は給食ありだが3時限までとの事だったので午後1時ぐらいまでには帰って来るだろうと予想し、午後1時45分からの映画に行く事に。

毎年息子に付き合って見ているドラえもんの映画。
しかし、今年はリメイクみたいだし、あまり見たく無い。

という事で、友人の子を誘い、子どもだけで映画館に入れる事に。
その間、私達も別の映画を見ようかと思ったが、丁度春休みの映画が開始する時期で、見たい映画はみんな夜の時間帯に移動(T_T)。
諦めて、お茶でもして、映画館の近くで待つということになっていた。

しかーし、当日1時過ぎても息子は帰って来ない
遅くとも1時半前には帰って来るのでは・・・と期待したが、やっぱり帰って来ない。

しょうがないのでマンションの前で息子を待ち、そのまま車で映画館に向かう事に。

誘った友人の子は別の学校に通っており、給食も無しなので、1時前に帰宅したとの事だった。
なので、先に映画館に行ってチケット購入してくれるように頼んでしまっているので、もはやキャンセルも出来ない。

マンションの前でイライラ待つ私。
「走って帰って来てね!」と言っていたのだから、1時45分ぐらいには帰宅するはず・・・との願いも虚しく、息子が帰宅したのは午後2時丁度ぐらい。
いつもの4時間の時と変わらない。
ついでに道の遠くに見えた息子は、友人達の群れと一緒にダラダラのんびりと下校してきたのであった(-_-;)。

映画館に到着したのが2時15分ちょっと前。
最初の15分ぐらい見る事が出来なかったけど、それは自業自得ということで、諦めて貰った。
それにしても、特別時定の時こそ、下校時間をハッキリして欲しいぞ。

ちなみに、映画は面白かったそうだ。
[PR]

by tako-taku | 2006-03-22 23:54 | 本・映画 | Trackback | Comments(4)

お家で飲み会   

2006年 03月 20日

最近居酒屋にはほとんど行ってなくて、飲むというと友人宅。

今日も友人宅で飲んで来た。
友人宅で飲むメリットは、子連れOKな事と、安くあがる事。
デメリットは、料理をしたり、片づけが面倒な事。

息子は夜、友達と遊べる滅多にない機会なだけに、大歓迎。
今回は、子どもが多いお家が多かったので大人4人に対して、子供9人。1歳児から9歳までリビングの隣の和室でワラワラ何かやってた。

今夜はいつもワイン会をやっているお家。
飲むって話だけ聞いたので、ワインを持っていかなかったら、実は1人1本のお約束は生きていたらしい(^^;)。

最初にあけた、紙パックの白ワインがなくなった後、自宅を提供してくれた友人が
「じゃぁ今度は我が家のお高いワインを出すよ~!」
というのでみんな期待。
実は前回ワインを飲んだ別のお家では、確かに高いらしい(味で判断できない私・・トホホ)スパークリングワインが出たのだ。

コルクをあけようとビンを持ち上げると値段が着いてる。

525円・・・・・・・。

おいおい~(゚_゚;)。

指摘すると、いつも私が持っていっている328円のワインよりはお高いとの事であった。
確かに・・・・_| ̄|○。

前々回ぐらいこのお家で飲んだ時は、酔いつぶれた揚句リビングの床で寝ていた所にご主人帰宅。しかしそれすら覚えていない状態で帰ったのだが、今日はそこまで飲みすぎる事もなく、予定時間にはお片づけも済んで無事終了。

最近お家でばかり飲んでいるので、たまには居酒屋にも行きたいなぁとちと思った。
先週18日の夜、実は飲み会があったんだけど、我が家は苺狩りの予定が入ってしまったので、ドタキャンしちゃったのだった。
そのうちメンツを見繕って居酒屋に行くぞ~!
[PR]

by tako-taku | 2006-03-20 22:41 | 食:いろいろ | Trackback(2) | Comments(0)

今年も苺狩り   

2006年 03月 18日

昨年も丁度今ごろ苺狩りに行ったのだが、今年もまた行って来た。

場所も同じで「江間いちご狩りセンター」。

いつも夕方4時ぐらいに着いて焦るので、今年はすこーしは早めに出たんだけど、あいも変わらず渋滞があり、3時半頃到着。

あいにくの雨模様だったけど、苺が温かくならなくて、それはそれでよかったかも。
今年も、先に入ってる人がかなりいて、ちょっと苺を探して食べるような状態。
c0014187_13564780.jpg
でも今年も満腹になるまで苺を食べて来た。

それより、先の2年間は温室の受付だったおばさんが親切でよかったのが、今年はイマイチだったのが残念。

菜の花摘みもこちらから言わないと教えてくれない状態だった(雨が降っていたから敢えて言わなかったのかもしれないけど・・・)。

c0014187_13582740.jpg
でも雨の中、頑張って菜の花摘んできました。
菜の花のおひたしは美味しかった(*^▽^*)。
[PR]

by tako-taku | 2006-03-18 23:46 | 子ども | Trackback | Comments(0)

自転車危ないよ(-_-;)   

2006年 03月 17日

新しい自転車で嬉しそうに出かけてる息子。

しかし、夜にとんでもない事を言ったのであった。

「新しい自転車スピード出るよ。特に下りの坂道は早いんだ!!」
ここまではいい。

「だから今日車にぶつかりそうになっちゃった」

( ̄□ ̄;)オイッ!!!

サラッという事か???

確かに家の近所は坂道が多く、坂の途中で道路が交差してる部分もある。
私が車を運転している時、子供が凄い勢いで坂を自転車で走ってこないかいつも注意してるような場所があるのだが、どうもそこで危ない状態になったらしい。

お願いだから車にだけは気を付けてくれ~(>_<)。

それに走りながらスピードメーターを見るのも危ない。
「27km/時ぐらいしか出ない」
とか言ってるのを聞くと、気が気じゃない。

やっぱり変にゴテゴテついてるのは危ないなぁと思ってしまった。
[PR]

by tako-taku | 2006-03-17 23:42 | 子ども | Trackback | Comments(0)

カントリーロード   

2006年 03月 15日

友人のお勧めだったんだけど、どうも、近々店内営業はやめて、宅配専門になってしまうらしいカントリーロード

そうなる前に一度行きたいと思っていたら機会がまわってきた。
というか、友人宅で集まる予定がキャンセルになっちゃったので、その友人宅に一緒に行く予定の別の友人とランチする際、カントリーロードに行く事にしたのだ。

店内は狭く、カウンター10席前後と、2人掛け席×4前後。
でも雰囲気は落ち着いていて良い感じ。

ランチメニューが幾つかあったけど、店内営業停止間近みたいなので、食べたいのを頼んでしまおうと、ステーキを注文。
なかなか美味しかったです。

デザートは250円で追加できて、絹のプリン、チョコレートシフォン、アイスクリームからセレクト。
チョコレートシフォンを注文。
これは美味しかったけど、後で絹のプリンが定番らしいと知って、そちらを注文すればよかったかな?とちと後悔。

子連れの友人が注文したアイスには、「お子さんが喜ぶのでは?」とチョコレートシロップをかけてくれました。もし嫌がったらチョコレートシロップ無しなのに交換しますねとの一言まで。

とにかく親切でいい感じのお店でした。
宅配専門に変わってしまうなんて勿体無いなぁと心から思ったのでした。
[PR]

by tako-taku | 2006-03-15 23:41 | 食:多摩地区 | Trackback | Comments(0)

思ったより高くついてしまった自転車・・・(>_<)   

2006年 03月 13日

2月に誕生日だった息子。
おばあちゃん達から貰ったお金で、自転車を買ってあげる事になっていた。

今使っているのは、友人から頂いたお下がり。
友人もお下がりだったらしく、お下がりのお下がりなわけだ。

カゴが無かったけど、特に問題無く使えていたのだが、ライトが壊れてしまった。
少し暗くなった時間に習い事から帰って来る事もあるので、無灯火は危険、という事で、新しい自転車を買う事にしたのだ。
これは私というより、旦那の方が「危ない危ない」と煩かったんだけど。

で、土曜日の夕方、まず前の前の自転車を購入した西橋本のロイヤルホームセンターへ。
以前買った時、そこの担当の人が親切だったからだったのだけど・・・・。

行って見ると、担当の人はいないし、その上、高いヤツしかおいてない。
私の予算「1万円」
数年で買い換えるものだし、これで充分という感じ。

しかし、ロイヤルにおいてあるのは安くても1万5千円ぐらいから・・・。
その上息子はその中でも、2万近くするものが気に入ってしまった。
もう「これを買う!」の一点張り。
何が気に入ったかというと、スピードメーター・・・(-_-;)。
旦那は、「暗くなるとライトが自動点灯するのがいい」とか言っちゃって、OK出しちゃってるし・・・。
しかし予算の倍だよ、

何と、ロイヤルに隣接している三和にあるATMでは、家のカードは土曜日夕方5時以降は使えない事がわかり、買うとしても購入は後日にする事に。

これ幸いと、今度は多摩境のカインズに連れて行き、別の自転車を選ばせようと足掻く私。
そして、カインズには、ありました。予算内の自転車が♪

しかーし、息子は「スピードメーターが無きゃヤダ!」状態。

次の日、ロイヤルの近くのコーナンに行ったら、そこにも予算内の自転車が。
「デザインはこっちの方がいいんじゃない?」(全くそんなこと思ってないけど)とか言ってみたけど、息子の固い意志は変わらず。

旦那は旦那で、「欲しがってるの買ってやれば?」と予算なんて気にしちゃいない(元々こういうタイプなのだ)。

結局2万近く払って新しい自転車買いました。
だいたい何が違うかって、「スピードメーター」だけしか違わない、ほんとそれだけ。

最初にロイヤルに行かなければ・・・・・・・_| ̄|○。
スピードメーターに1万円出した気分だ
[PR]

by tako-taku | 2006-03-13 23:49 | 子ども | Trackback | Comments(2)

イースターパーティ   

2006年 03月 12日

ECCジュニアのイベントで「イースターパーティ」が行われた。

「イースター」というのは、キリストが3日後に復活した事を祝う「復活祭」で、かなり大きなイベントらしいけど、日本ではあまりなじみが無い気がする。
春の訪れと共に祝うお祭りなので、元々人々の間で行われていたお祭りを、宗教的に取り込んだのかな?という気がするが違うか?

今回の「イースターパーティ」は会場を借りてのちょっと大きなイベント。

卵にペイントしたり、スプーンレースをしたり、ピニャータ(お菓子の詰まったいろいろな形のクスダマみたいのを叩いて割る-お誕生日なんかによくやるらしい)、クレープを食べたりとなかなか楽しめたイベントだったらしい。

特にピニャータは盛り上がっていた。
お菓子が降ってくるって、やっぱり楽しいよね。
高学年の子達が叩いた「カメ」の形のピニャータは、天井からぶらさげていた紐が切れちゃって、お菓子ではなく、カメが子どもの頭を直撃(^^;)。
紙で出来ているので、怪我はしなかったけど、かなり痛かったかもしれない(^^;)。
息子がやった中学年向きのが一番キレイにピニャータが割れて、お菓子が雨のように降り注いだ。

クレープは、クレープ生地に粉砂糖とレモン汁、生クリームを乗せたシンプルな物。
レモン汁と粉砂糖の組合せって美味しいのを発見。子ども向けだったので、レモン汁少な目+生クリームになってたけど、大人が食べるなら、粉砂糖とレモン汁で美味しく食べられると思った。

という事で、イースターパーティは無事終わったのでした。
息子はピニャータで拾ったお菓子を友達とトレードして、好きな物ばかりに交換できたのが大満足だったらしい。
[PR]

by tako-taku | 2006-03-12 23:41 | 子ども | Trackback | Comments(0)