<   2005年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

夏休みも終わりだ!   

2005年 08月 30日

今日は夏休み最後の日。
一応昨日、新学期の持ち物などはチェックしたので、大丈夫だと思うけど、何か忘れているようでちょっと落ち着かない気分。

始まった時は長いな~と思っていた夏休みも、過ぎてしまえばあっという間だった気もする。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-30 20:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ホラービデオ鑑賞会(大袈裟)で「予言」を見た   

2005年 08月 29日

今日はBBQの予定だったんだけど、主催者の都合が悪くてお流れに。

という事で、いきなり暇になってしまったBBQ参加メンバー3人+子供6人で集まる事に。
先日、ゲストルームに泊まりに来たメンバー。

目的はホラービデオ鑑賞。
メンバーの一人がホラー映画が好きなのを先日知って喜んだんだけど(私も好き♪)、彼女は怖くて一人では見られないらしいのだ(^^;)。

今まではご主人に付き合って貰っていたらしいのだが、今度から私がお供する事に。
もう一人のメンバーは、怖いのが大嫌い。
「着信アリ」は絶対嫌だと言っていた事もあり、「予言」と「リング」(ハリウッド版)を見る事にした。

携帯に「カップ持参でね」と自宅を提供してくれたホラー好きの友人からメール。
「カップって何だろ?」と一瞬思ったが、以前遊びに行った時、「昼ご飯用にカップ麺持参で来い」と言われた事があったので「カップ麺」だろうと推測。

いろいろなお家に遊びに行くけど、「カップ麺持参」と指示してくるのはこの友人ぐらいしかいない(^^;)。それとも、割と一般的なのかしら???

昼ちょっと前に集合し、まず子供達にカップ麺を食べさせて、子供部屋に追いやる。
子供達にホラービデオを見せるのはあまり良く無いだろうという配慮。

私達もカップ麺を食べた後、まずは「予言」を見る事に。
自分の娘の死亡記事が書いてある新聞を読んだ直後に、目の前で娘を事故で失った主人公が巻き込まれる恐怖を描いた作品。
といっても、スプラッタ物ではなく、どちらかというとセンチメンタルな話。

途中「鬼形礼著」の「恐怖新聞考」みたいな本が出てきて、あっ、これって元はつのだじろうの「恐怖新聞」なんだ!と気が着いた。
原作の方が絶対怖いけど(つのだじろうは怖い-今読んだらそうでも無いのかな?中高生ぐらいの時好きだった)、なかなか味がある良い作品でした。
でも途中から、子供達が数人来て一緒に見てしまった。
見せたくないような、グロイシーンはワンシーンだけだったけど(それもちょっとショボイシーン)、後で聞いたら、案の定、一人で2階に上がれない等、いろいろ怖がるようになってしまって困っているらしい(^^;)。

ちなみに、家の息子は怖いの大嫌いで、「雪女」の話すら嫌がるので、子供部屋から出てきませんでした。

それにしても、ホラー好きの友人、見ながらストーリーの予測をして話すのが笑えた。
「次は『いかないで~』って言うんじゃない??」←ほんとうにその後言った。
「きっと助けに行くんだよね??」
「次は○○するんじゃない?」と賑やか。
ビックリするシーンでも「うわっ!!」と大袈裟に反応してくれるので、盛り上がりました(笑)。

その後は「リング」を見る予定だったけど、時間が無いのでお流れに。
友人が録画した「本当にあった怖い話」だったか何かのテレビ番組を見てお開きに。
こっちはあんまり怖くなかった。

次回は「着信アリ」の予定。
実は少し前、「着信アリ」の1も2も見ちゃってるんだけど、お付き合い。
ホラー嫌いの友人の方は、絶対これは嫌だと言っていたので、来ないかな。

「着信アリ」はストーリーは、ちょっと破綻してるけど、ゾーーーっとするシーンや、ハラハラするシーンは多いので、夏(もう終わりだけど)の夜見るにはお勧めです(*^▽^*)。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-29 22:51 | 本・映画 | Trackback | Comments(8)

水浴びするインコ・潜るインコ   

2005年 08月 28日

迷いインコが来て、もう少しで一ヶ月。
インコは齧るのが仕事だとどこかで読んだけど、本当にそう思う。

相変わらず人が大好きで肩に乗っている事も多いが、最近はテーブルの上で遊ぶ事も多い。
テーブルの上でやってる事のほとんどが齧る事である。
紙・鉛筆・割り箸・インコ用オヤツ・髪用のゴム・・・とにかく齧り心地がいいものは何でも齧る。

相変わらず耳たぶや手も齧るが、どうもインコの気分か何かが関係しているようで、物凄くそれも強く齧ってくる時と、何もして来ない時がある。
でも、どういう時、齧るのか齧らないのかは人間には全くわからない。インコの気持ち次第という感じである(^^;)。

コザクラインコは木の室を巣にするので狭いところが好きとは聞いていた。でもあまり狭い所に潜ったりはしないのだが、何故かTシャツの首の所からTシャツの中にもぐりこんでしまう。
入ってしまうと、Tシャツをめくって出すようなのだが、これをやると、ふくよか過ぎるお腹を人様にさらす様なので、人前では絶対出来ない(^^;)。

しかし、先日Tシャツの中に潜ってしまった時、Tシャツをめくり揚げたら、Tシャツの内側に変なつかまり方をしていたらしく痛そうに「ピピピッ」と鳴いた。慌ててTシャツを元に戻し、どうやって出そうかと考えていたら、Tシャツの袖から出てきました(^^;)。
Tシャツの袖から顔を出してるインコはムチャクチャ可愛いのだが、いつ齧られるか気が気じゃないので、やっぱりあまり潜らないで欲しい。

今までセキセイインコは飼った事があったけど、コザクラインコは初めて。
セキセイインコは水浴びをするのが少ないという話の通り、今まで鳥の水浴びというのは見たことが無かった。
でもコザクラインコは水浴びする。
毎日ではないが、突然やる。
少し前、籠の中の水入れの中で水浴びしたらしく周囲がビチャビチャになった。
先日は、私の肩にとまっている時、小さな器で水を飲ませようと与えたら、その中で水浴びを始めてしまい、私がビチャビチャになりました(-_-;)。

本能のままに生きてるインコ。ある意味羨ましいぞ。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-28 17:27 | ペット・生き物・自然 | Trackback | Comments(0)

ザ・ファミレス   

2005年 08月 27日

レストラン経営シミュレーション「ザ・ファミレスPACK」を購入した。
最初に出た「あの街を独占せよ」版とその後に出た「パワーアップ・キット」が一体になったやつだ。
前から気になっていたんだけど、買ったきっかけは、旦那の実家のパソコンの修理。

パソコンの部品を購入に行った時、3万だったか分の商品券があり、部品を買って余った商品券で購入したのだ。
本当は別のソフトが欲しかったんだけど、
無かった。そのお店にあるソフトの中で、欲しいと思えるものがこれぐらいだったので、買ってもいいか・・という消極的選択だったのだ。
部品代が2万2千円ぐらいなのに、商品券ではおつりがでない。3千円分捨てるようなので、それなら・・・と敢えて買ってしまっても許される気がする。

かなり前だけど「ビストロ」という同じ様なレストラン経営シミュレーションをやったので、似たようなモノだろうと思っていたら、違っていた。

「ビストロ」は1軒のお店のメニューや内装を細かく設定するモノだったが(やったのがかなり前なので記憶は曖昧)、「ザ・ファミレス」は、そういう細かい設定は出来ず、場所とタイプを選んでお店を作り、料理人と店員を配置すれば、後は成り行き任せ。
テーブルの位置などは変えられるが、外装やテーブルクロスの柄なども選べた「ビストロ」に比べると、最初は物足りない感じがした。

しかし、しばらくやると、料理人や店員が育っていく過程や、高得点でシナリオクリアを目指すなんてフューチャーがなかなか面白い。

ここ数日、はまってました。

最初の数年間が辛くて、資金に余裕が出てくると、途端に楽になってしまい、ちょっとマンネリかなぁと思ったりもするのだが、まだシナリオの半分ぐらいしかクリアしてないので、もう少し遊べそうである。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-27 22:40 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

お土産をたくさん頂いたんだけど   

2005年 08月 26日

今日、息子のクラスメートがお土産を届けてくれた。詳細はわからないけど、帰省か旅行のお土産みたいだ。

今年は、いつになくそういうお土産をたくさん頂いた。
帰省した友人、旅行した友人、息子のクラスメート・・・etc。

しかーーーし、今年帰省した上、新潟にも行ってきた我が家はお土産を配っていない(゚_゚;)
唯一、カブトムシのお世話をお願いした友人にお土産を買って来たぐらいである。
というのも、幼稚園の頃は帰省するとお土産を渡したり貰ったりする事が多かったが、段々それも無くなり、最近はそういうやり取りが無くなっていたのだ。

それなのに「何故今年は多い???」という感じである。
もちろん、お土産を頂くのは嬉しい。
でもお返しが出来ないのは心苦しい。

お土産届けてくれた人、お返しが無くてごめんね~(>_<)。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-26 22:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

安楽死・・・   

2005年 08月 25日

体調がかなり悪い友人の愛犬のリトリーバー。
パンが好物と聞いていたので、昨日パンを持って短時間だけどお見舞いに行ってきた。
「ほとんどの時間横になっているけど、食欲はあるんだ」という友人の言葉通り、パンを出したら立ち上がって私の側に来た。
友人と知り合って5年ほどなので、このワンコとの付き合いも5年になる。
最初に会った時は5歳で、まだまだ若く元気だったが(何度もマウンティングされ、犬を引き摺って歩いた(^^;))、もう今は痩せてしまって当時の面影はあまり無い(T_T)。

たくさんあげると吐いてしまうという事だったので、持っていったパンの1つだけあげる事に。
少しずつちぎってあげると、いくらでも欲しがる。パンがテーブルに置いてある間は、具合が悪くてもウロウロしているだろうという事でパンをしまってもらったぐらい。

まだ食欲もあるし、大丈夫だろうと思って帰宅した。

ところが今日、子供の習い事の送迎で会った時、いつもなら車の中からお互い手を振って別れるのに、友人が車から降りてこちらに向かってきた。

何があったのかと不思議に思って、車の窓をあけて話を聞こうとすると、友人は車の窓の外で泣き崩れてしまったのだ。
話を聞こうとしても、言葉につまって話が出来ない。

「愛犬に何かあった???!!」と不安な気持ちになる私。

しばらくして落ち着いた友人に話を聞くと、昨夜から食欲が無くなり、病院に連れて行ったら肺炎を起こしていて後1週間持つか持たないか・・だと言われたとの事・・・・・。
ガンと診断され余命3ヶ月と言われていたが、診断から1ヶ月しか経っていないのだ。

その上、症状が進むと呼吸困難からかなり苦しむらしく、安楽死させるか?というような事をかなり遠まわしにだけど打診されたというのだ。

つい先日までは、最後まで苦しまずに眠るように逝かせる為の治療方法を相談していたのだが、症状が思ったより進んでいて、それも間に合わないと言われたらしい。

友人のご主人は、「苦しむなら安楽死の方が」という考えらしいのだが、友人の方は、「まだ生きているのにそんなの決められない!」という事らしい。
私も、そういう状態になったのなら、友人と同じ状態になるだろう。きっと決められない。
愛犬を苦しませたくない、でも安楽死を選ぶのもできないという、2つの考えの板挟み状態になって悩みに悩むだろう。

実際、我が家の愛犬が意識不明になって集中治療室(保育器みたいなヤツ)に入った時、「もう絶対助からないから安楽死させるか?」と聞かれたとしても、きっと決断できなかったと思う(治療前に9割以上の確率で助からないと言われていた)。

家の場合、夜中に犬の様子を見に行った獣医さんが、瞳孔反応も無くなったので、生命維持装置(といっても大袈裟なのじゃなくて点滴など)を自分の判断で外してしまったのだ。
朝になって電話を貰って病院に行き「電話しようか悩んだのですが、夜中でしたので、こちらの判断で・・」と説明を受けた。
家のワンコは癲癇持ちだったので、毎日薬を飲ませる必要があり、少なくとも月に一度、病院に薬を取りに行っていた。
ワンコが1歳になるかならない内から亡くなる10歳までほぼ10年間お世話になった先生でもあったので(山のように迷惑かけました(^^;))、先生の判断に異を唱える気持ちにもならなかったし、もし夜中に連絡を貰っていたら治療費を不安に思いつつも決断できず「そのまま治療を続けて下さい」とお願いした気もする。

治療費の話を書いたが、動物の治療費は保険が効かずバカにならない。
当時新居に引っ越す予定だった我が家はかなりの切迫財政。その状況でワンコの癲癇の薬代などはかなりの負担になっていた。
月平均に直すとワンコの食事代(薬を10年近く飲んだせいで、肝臓が弱っていたので、9歳ぐらいの時、医療用のドッグフードに替えたがこれが高かった)+治療費で2~3万以上出ていた。
それプラス、今回の治療代という事で内心ドキドキだったのだ(実は前の年も異物を食べて入院していた家のワンコ(^^;)。9歳にもなるとそういう事をするのは珍しいらしく、バカワンコだったのだ)。
今、犬を飼わないのも、これから子供にお金がかかる事が見込まれる中、前のワンコのような事があった時、治療費を気にしながら治療するような状況にはなりたくないというのがある。
今回友人も同じ事を言っていた。
延命治療やその他で最低でも月3~4万ぐらいかかりそうで、下手をすればもっともっとかかる可能性がある、気にしたくは無いが厳しい、でもそう思う自分が辛いと・・。

ちなみに、家のワンコの最後の治療費は8万ちょっとだった記憶がある(記憶が怪しいが10万は行ってなかった)。手術して(「手術しても助からない可能性が高いけど、苦しんでいる状態から楽にはなります。どうします?」と聞かれた)、集中治療室に入って3日間(他に手術前に入院1日)。思ったよりは安かった。
ワンコの遺体を引き取りに行った時、まだ治療費の明細が出ていなかったので、後で請求して下さいとお願いしていたにも関わらず、請求が来なかったのでこちらから支払に出向いたら、出てきた先生が「請求しにくくて・・・」と頭をかいていた。
ワンコの遺体を引き渡される時(死後トリミングして貰ったらしく、とてもキレイで寝ているようにしか見えなかったのがまた辛かった)、病院でワンワン泣いてしまった私を見て、生命維持装置を独断で外した事を後悔していたのかもしれない。いい先生でした。

友人の場合、獣医さんをかえたばかりなので、まだ信頼関係ができる程にはなっておらず、その辺も難しいのだろうと思う。

安楽死。私があの時、自分で愛犬の安楽死を決断していたらずっと後悔したかもしれない。既に意識が無く苦しんでいる様子は無かったから。
90%以上助からないと言われていたけど、残りの10%未満に期待する気持ちもどこかにあった。明日になれば、意識が戻って元気になるんじゃないか?なんて淡い期待を心のどこかにずっと持っていたというのもある。

今、友人の愛犬も、食欲が無く呼吸が荒いだけで、物凄く苦しんでいる様子は無いらしい。
だから、今この段階で安楽死を決断してしまうと、後悔するような気もする。
でも苦しんでいるのは確かなので、このまま延命してもワンコには辛い事なのかもしれない。
どちらの決断も難しく、友人に何もアドバイスできなかった自分に後悔。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-25 22:33 | 日記 | Trackback | Comments(2)

ペットの病気   

2005年 08月 24日

今日プールに出かける少し前、友人から電話があった。

その友人宅にはリトリーバーがいるのだが、ガンと診断され、余命3ヶ月だと、つい先日聞いたばかり。
そのワンコが、朝立ち上がれなくなったっきりその場から動かずぐったりしているという。
友人宅では、それまでかかっていた獣医さんが急死してしまい、最近別の獣医さんに通いだしたばかり。
リトリーバーは大きく、動けなくなったのを一人で車に運べないので、往診を頼んだら「今日は行けない」と断られてしまいパニック状態になってしまったらしい。

家で昔犬を飼っていた時通っていた獣医さんは往診してくれるか?という電話だったのだ。
我が家は小型犬だったので往診してもらった事は無いけど、一度病気のペットを動物病院の専用車が迎えに行っているのを見かけていたので、大丈夫だと思うと電話番号を教えてあげた。

どうなったか気になったので、出かける直前に一度電話をしたら、何と家が教えた獣医さんは今日引越しでやはり往診は無理との事。他にもいろいろ電話をしてみたが、どの動物病院も無理で、友人は困り果てている。
我が家のワンコが亡くなる直後、急に体調が悪くなった時、自分がものすごくパニック状態になったのを思い出し、友人の気持ちが痛いほどわかる。
ワンコの体調が急変した時、パニックになりつつも、ワンコをケージに入れ、動物病院にかけつけ、順番を飛ばして診察して貰ったのだ。
もう泣きたい気持ちだった。友人は愛犬を病院に連れて行く事も出来ず、もっと辛い気持ちだろう(T_T)。

ふと、別の友人の実家で飼っていた愛犬が、歳をとりすぎて外に出すと途端に具合が悪くなり、ひきつけ状態になってしまうので、ずっと往診を頼んでいたという話をしていたのを思い出した。
その獣医さんなら来てくれるかもしれないと伝えると、聞いてみるとの答え。

結局、上記の獣医さんが来てくれて、注射などをして貰い、症状は落ち着いたらしい。
良かった良かった。

友人は、愛犬の為、パートも減らし(本当は辞めるつもりだったが、パート先から、来る時間を減らしてもいいから続けてと言われたので続けている)、本当に献身的に世話をしている。

犬、そして他の動物も飼えば可愛い。赤ちゃんの時の世話は、どんなに大変でも楽しいぐらいだけど、歳をとってからの世話、具合が悪くなってからの世話というのは先にあるものを想像してしまいとても辛い。
犬が欲しいなぁと思いつつ、躊躇してしまうのは、それがあるからだ。
でも犬をもう一度飼いたいなぁ。
今はインコで精一杯だけど(^^;)。
インコも毎日籠から出して遊んであげないとダメなので、忙しい日は大変。遊んでいるのを見るとほのぼのしちゃうんだけどね。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-24 23:50 | ペット・生き物・自然 | Trackback | Comments(0)

相模原グリーンプール   

2005年 08月 24日

本当は城山町にある「こだまプール」に行く予定だった。こだまプールは、屋外のプールで、時間制限無し、プールサイドで食事喫煙OKなので、1日遊ぶ予定で行くならとてもいい場所なのだ。

しかーーし、朝起きると大雨。その上寒い!!!!
雨だけなら止むか様子見する所だけど、この寒さだと屋外プールは辛いだろうと、朝7時に一緒に行く予定の友人達に連絡して予定を急遽変更。

「北の丘公園プール」「アクアブルー」「相模原グリーンプール」の3つが候補にあがり、駐車場も多く、小さい子向きでは無いので、3つの中では一番空いているだろう「グリーンプール」に行く事に。

集まってお昼を食べた後、プールに到着。入場者87人。おおっ空いているv(≧∇≦)v。
ここは、50mプール(今日の深さは90cmと120cm)、飛び込み用プール(深さ5m)、それに25mプールがある。幼児用プールや滑り台などは無し。

2学期のプールに向けて息子にクロールの手の使い方を教えるが、とにかく不器用で変(-_-;)。腕を水の中から全く出さないで動かしている。それじゃダメなんだよ~、といろいろ言ったが上手く出来ず。
しかし、同じ様に自分の子供達にクロールを教えていた友人が上手に教えてくれて、少しはマシに。感謝(*^▽^*)。

最近体力がなくて、昔は潜水したままでも泳げた25mの距離ですら辛い私。無理に泳いだら、足が痛くなってしまった(^^;)。
5mプールに入ろうと思ったけど、最近寝ている最中ノビをしただけでも足がつりそうになるので、自分の体に自信が持てず、今回は止め。

2時間泳いだ後、今度はグリーンプールのある横山公園で遊ぶ。泳いだ直後なのに、子供達は元気元気。ずっと走り回っていた。体力あるなぁ。
親はベンチでのんびりおしゃべり(^^;)。

さすがに疲れたのか、帰りの車の中では眠くなってしまって、息子は横になってた。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-24 22:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

近所なのに泊りがけで遊ぶ   

2005年 08月 22日

先日友人宅でワイン会をした時、家のマンションのゲストルームに泊まって朝まで飲もうという話をした。私は半分以上冗談だったんだけど、その場の乗りで、本当に実行する事になった(^^;)。

泊まりに来るのはワイン会に参加した2人。両方とも我が家から徒歩で15分前後の距離
なのに泊まる。
一人はカラオケ大好きなので、一応カラオケの予約も入れる。

で、昨日、21日がその日だった。
食べ物・飲み物持ちより。2人とも、大荷物でやってきた。

朝までのんびり飲めるというのは、何となくワクワクする。

でももっと喜んだのは子供達。
小3が3人、1年生2人(1歳半の子は実家に預けてきたとか)でのお泊りなので大はしゃぎ。
5人で風呂にも入った。
湯船には順番に入ればいいのに、全員でギューギュー状態で入ったらしく、全員が「超きつかった~」と言いつつ出てきた(笑)。

のんびり飲みたかったので、ゲーム機をゲストルームに持ち込んで、その日はゲーム解放。
我が家ともう一軒はゲーム大好き息子がいるので両方とも時間制限されている分、余計に喜んだ。

その内、眠くなった子から順にゲームから脱落するだろう・・という親の思惑は全く当たらず、最初に寝てしまった1年の女の子を除く、男4人は対戦ゲームに夢中。
眠くなって来たらしくゴロゴロしてる子もいるんだけど、「ほら、眠くなったでしょ?そろそろ寝なさい」と声をかけると「まだまだ平気!!」と背筋を伸ばして起き上がったりする(^^;)。

結局、親の一人が先に寝てしまい、無理矢理介入。
「もう終わり終わり~」とゲームを無理矢理終わらせ、毛布を渡せば、今度は毛布の取り合いとか、毛布の中で何かゴチャゴチャやってて、全然寝やしない(-_-;)。
結局、子供達が寝たのは夜中。起きていた私ともう一人も限界になり、子供達が寝るのと同時にお開きに。

さすがに、朝まで飲むなんて事は、年齢的に無理だった(^^;)。

次の日はみんな大寝坊で、10時頃起床。
朝は簡単にコストコのパン(旦那が前日、深い意味なく買って来たのだが、量があるので大助かり)。

「年に一回ぐらいこういうのもいいねぇ」と話していたら、友人の子の一人が「月に一回ぐらいやりたい!」と一言。
そりゃそうだろう、友達とゲーム三昧できるなんてあんま無いもんね(^^;)。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-22 22:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

しゃべるのか??   

2005年 08月 18日

我が家の迷いインコ。
最初の頃は、飼い主がすぐ見つかるだろうと、名前もつけてなかったんだけど、無いとちょっと不便。
実家のインコが「ピーコちゃん」なので、安易に「ピーコちゃん」と呼んでいた。

ところが、どうもこのインコ、自分でも「ピーコちゃん」と言っているような気がする。
それも普通に鳴く声と違ってて、実家のインコが「ピーコちゃん」としゃべるような声で鳴く。

コザクラインコはあまりしゃべらないと言うし、適当に「ピーコちゃん」と呼んでいたインコの名前が「ピーコちゃん」だったら出来すぎなので、やっぱり気のせいと流していたんだけど、旦那が手に乗せて「ピーコちゃん」と呼びかけるとちゃんと「ピーコちゃん」と返事するのだ。

私や息子が呼びかけても答えないのに旦那の声だけには反応する。
ちょっと悔しい(-_-;)。

でもピーコちゃんと、私が呼びかけると「ピピピピ」と鳴く事も多いので、やっぱり「ピーコ」という名前なのかもしれない。

最近、ますます耳を噛むのでちょっと大変。テーブルの上で遊んでいて、自業自得で痛い目やびっくりした時なんかでも、わざわざ私の肩に飛んで来て、耳たぶをガブーーー!!と噛むのだ(・・、)。
耳だけは止めて~。
[PR]

by tako-taku | 2005-08-18 22:26 | ペット・生き物・自然 | Trackback | Comments(0)