カテゴリ:ミニチュア・手作り( 11 )   

カプセルトイ:「カラス」♪何かいいっ(*^.^*)♪   

2014年 11月 28日

カプセルトイ(ガチャガチャ)に、「ポリバケツとカラス」とか「ゴミ袋とカラス」なんてのがあった!
キャッチコピーは
「あなたのデスク上にゴミ捨て場が!?」
「ゴミ捨て場」をデスク上に作りたい人なんていないけど、それを敢えて作る!

「単なるゴミ捨て場」なら嫌だけど、付属品としてカラスがいると、なんかいいんですよ!
(上記リンク先参照)。

思わず200円入れて、ガチャガチャ。

c0014187_2253428.jpg
「グレーのポリバケツとカラス」が出てきました♪
何か日常的な風景でいいなー♪

「青いポリバケツバージョン」(自分的により身近な色)、もしくは「パンを咥えたカラス付きの
グリーンポリバケツ」が欲しかったけど、「グレー」でも満足♪

c0014187_22534822.jpg
何故なら、全然欲しくなかった非日常的風景、でもシークレットである「墓とカラス」が
最初でたから・・・・_| ̄|○。
それも、2度も・・・・・・・・・・▄█▀█●。
なんと、「グレーポリバケツ+カラス」をゲットするのに600円も出してるという・・・。

これが600円で売ってたら絶対買わない(^_^;)ガチャ恐るべし!

c0014187_22535347.jpg
墓付きカラスも、グレーのポリバケツと一緒に撮ってみた♪

うん、こっちの方が、なんかほのぼのしていいです(*^.^*)♪
[PR]

by tako-taku | 2014-11-28 23:02 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(2)

クロスガーデン多摩で「スウィーツデコ」体験   

2009年 08月 17日

クロスガーデン多摩2Fの「クラフトハートトーカイ」。

先日の「ミニパフェ作り」に続き、今回は「スウィーツデコ」に挑戦してきました。

土台になる台(タルト、スポンジケーキ、カップケーキ、ケーキバーetc)と、
上に飾るデコレーション(かなり大きめ)を2個選びます。

土台にシリコンのクリームを搾り出し、デコレーションを飾り、
ビーズなどを乗せてできあがり~!

c0014187_2326985.jpg


ミニパフェ(500円)より高く800円。
材料代が高いんだと思います。
作るのは、ミニパフェより数段簡単で、あっという間に終わってしまった感じ。

個人的にはミニパフェ作りの方が楽しかった。

でもデコレーションの飾りには、フランクフルトとかピザなどもあったので、
センス次第では面白いのができるのかも。
私は凡才で、限りなく普通の物ができてしまった。

ミニパフェ講習会は
8月23日(日)・28日(金)13:00~16:00。

スウィーツデコは
8月30日(日)13:00~16:00

に行けば、体験できるので、興味のある方はどうぞ(^^)。
幼稚園くらいの子から楽しめます。
[PR]

by tako-taku | 2009-08-17 23:31 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(0)

クロスガーデン多摩夏大祭!トーカイで「ミニパフェ」作り   

2009年 07月 25日

クロスガーデン多摩で25日・26日と「2009年夏大祭」をやってます。

ヤマダ電機前の広場では、バンドなどのショーが。

そして、1Fのドラックストア店舗跡では、
九州物産展の他、ジャグリングショーや子供向け縁日イベントが。

レシート500円毎に一回分のチケットがもらえて、
輪投げ、ダーツ投げなどにチャレンジできます。
小さいお子さんがいるなら、楽しめると思います(^^)。

息子は、2等を当ててブルーシールカフェのアイス交換券を1枚ゲット!

c0014187_23241811.jpg


ストロベリーチーズケーキと交換。
チーズ風味が思ったよりして、なかなか美味!
ストロベリー風味はあまりしなかったかな?

クロスガーデン多摩2Fに入っている手芸用品の店「クラフトハートトーカイ」。

そこで500円でミニパフェ作りができたのでやってきました。

「フェルトで作るアイスクリーム」「ボンテンとモールで作るカップケーキ」などは
事前予約が必要だし、時間もかかるみたいだけど、
この500円のミニパフェは、予約不要で必要時間も10分弱。
すぐできます(^^)。

c0014187_23293440.jpg


ミニパフェの容器に好きな色のビーズを入れます。
その上に、シリコンのクリームを絞り、フルーツのミニチュアを飾って、
ビーズを散らせばできあがり~!

c0014187_23304550.jpg


ビーズの色やソースの色、飾るフルーツはいろいろな種類があって
自分好みで選べます。
フルーツは、イチゴ、オレンジ、キウイ、バナナ・・・etc。

c0014187_23403161.jpg


息子が作ったもの。
茶色のチョコレートなど、色がはっきりした方がメリハリが出ていい気が。

パフェ容器には穴が開いていて、紐を通せばストラップにもできるそう。

一度こういうのやってみたいと思っていたので、
簡単なのでも体験できて満足O(*^▽^*)o!!

このミニパフェ講習会
7月26日(日):12:00~16:00
8月2日(日)・8日(土)・12日(水)・23日(日)・28日(金):13:00~16:00
にもやっているので、興味のある方はどうぞ♪

幼稚園くらいの女の子がやっていたので、
その位の年齢から楽しめます(^^)(それくらい簡単)。
[PR]

by tako-taku | 2009-07-25 23:42 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(2)

消しゴム粘土でハンバーガー   

2008年 12月 18日

トイザラスで、レンジで簡単に消しゴムができる粘土を買った。

クツワという会社の「けしごむをつくろう!」という商品。

c0014187_11245455.jpg


簡単そうだし、ちょっと面白そう。
ケーキとかお寿司なんかもあったけど、ハンバーガーの消しゴムが作れるキットを買って来て、息子と2人で作ってみた。

まず、4色入っている粘土を混ぜて、指定の色を作る。
原色のままでいいものも多いので、そんなに大変じゃない。

指定の色ができたら、型に入れて挟み込んでパーツごとに形を作る。
これが思ったよりキレイにできない。

粘土が多すぎても、少なすぎてもダメ。
また入れる時、粘土の表面がなめらかじゃないと、ひび割れみたいになってしまう。

パーツができたら、それを組み合わせる。

後は、付属の紙の容器に、組み合わせたパーツと水を入れ、レンジで数分。
付属の印刷された紙を切り抜き、ポテトの容器を作ったり、ジュースの消しゴムの周りに張ったりすればできあがり~!

c0014187_11291229.jpg


パーツを作る時、あまり丁寧に作らなかったので、ちょっと形が歪だったり、ひびがあったりするけど、それなりなでき。

まぁ対象年齢が6歳以上だからね(^^;)。
[PR]

by tako-taku | 2008-12-18 11:36 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(0)

とんぼ玉作り体験!!   

2008年 11月 19日

相模原市橋本にある「工房cafeイホロ」さんで、1500円~で、とんぼ玉作りの体験ができるというので、チャレンジしてきました。
住宅街にあるので、行く時はHPにある地図を印刷して持参するのがいいです。
だいたい、わかるな・・と行った私は、なかなか見つけられず、偶然合った友人の案内でどうにかたどり着けました(^^;)。

まず電話で希望日と時間を伝え予約。

とんぼ玉ってガラスを加工するので、失敗するとガラスが砕けることもあると、漫画「バーバーハーバー」に載っていたので、ちょっとドキドキ。

教えて下さるのは、そのお店のオーナーさん。

まず、直径1cmくらい、長さは50cmくらいあるガラス棒の中から、玉のベースにする色のガラスをセレクト。
2種類選べます。

私は、透明な水色と緑を選びました。

その後、どんな飾りつけをするかを決めます。
いろんなことができるみたいで、迷ってしまった。

最初に実演して貰い、その後チャレンジ。

ガラス棒を徐々に温めていくんだけど、加減が難しい。
ガラス棒が温まってきたら、炎の中でも、温度の高いところに徐々に移動させるんだけど、その辺は、回数こなさないとわからないっぽい。

オーナーさんが、手取り足取り、事細かに教えてくれたので、どうにか割らずにできました。
不器用であわわになっちゃった私に、ずっとにこやかに指導してくださったオーナーさんに感謝!

飾りつけは、意図してキレイな模様を作るのは無理だけど、適当にやって偶然できたものでもちゃんとキレイなのが嬉しい。

1つは、細い色ガラスを溶かして線を書くように乗せたもの、もう1つはビーズみたいなものを溶け込ませたものを作りました。

できたのがこれっ!

c0014187_237199.jpg


緑色の方は、偶然にも気泡が入って(下手だからなんだけど)これはこれでキレイで嬉しいO(*^▽^*)O~♪

水色の方の模様は、模様が入ったビーズみたいなものを溶け込ませると、ちゃんと模様がでてくる。
乗せるビーズを見た時点ではどんな模様がでてくるか自分では全く想像できないんだけど。

できあがるまで、どんなものができあがるか、自分ではわからなかったので、とんぼ玉が冷めてできあがるまでも、ちょっとドキドキワクワク。

以前から、とんぼ玉は作ってみたかったので、できて嬉しい~!!
中くらいのを(大・中・小から選んで作れる)2つ作って2000円でした。

一緒に行った友人は、薄いピンクと黄緑の透明なガラスをベースに作ってた。
ピンクも可愛かったなーと見て思った。

冷めるのが待っている間(30分ほど、後日取りに行ってもよい)手作りケーキのチーズケーキを食べてまってました。
チーズケーキは濃厚で、コーヒーも美味しくて大満足!

機会があったら、また作りた~い!!!
とんぼ玉楽しい~!!
[PR]

by tako-taku | 2008-11-19 23:16 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(0)

今年はタオルで布ぞうり   

2008年 07月 22日

昨年は、秋口に作ってしまったので、あまり活躍してくれなかった布ぞうり。

今年は、ちょっと早めに頑張って作ってみました。

タオルの布ぞうりは、履き心地が良さそう~とずっと思っていたので、タオルで挑戦。

安いバスタオルを2枚購入。一枚200円ぐらい。

参考にしたサイトは、こちら

布ぞうりって、編んでいる時間より、布の準備をしている時間の方が長いのが難点(>_<)。

昨年、適当に切った布をそのまま使ったら、歩くとゴミを撒き散らす布ぞうりになってしまったので、今年はちょっとだけちゃんとやった。

7cm幅に切ったタオル地を、参考サイトと同じ様に、折ってボンドで張った。
布芯を入れるという説明がある所もあったけど、面倒だったのでそれはパス。
タオルは厚手なので、なくても平気だったし。

タオルを7cm幅に測って、切って、折って、張り、紐を作る・・・これが終わったら半分以上の行程が終わり。

それぐらい準備に時間がかかる。

でも布ぞうりのキットって1800円とかするので、それを買うぐらいなら・・と思って、せこせこ頑張った。

バスタオル2枚で、13本の紐+鼻緒用の紐2本ができた。

タオル地は布が厚手なので、編みあがるのが早い!!

昨年作った時は、細い薄手の布で作ったので、何本も何本も布紐を使ったけど、今回は片足3本半。
編むだけなら、20分もかかっていないんじゃないかな。
その後、鼻緒や裏側の処理があるので、実質は30~40分ぐらいかも。

布の準備に1時間~2時間かかっているのを考えると、ほんと作りだすと早い。

で、できたのがこれっ!

c0014187_2323437.jpg


まだ、鼻緒の間の部分を縫っていないので、完全に完成とは言えないけど、まぁ履けるから(^^;)。

ひも状にしたタオルがもう一足分(少しだけ足りないか)残っているので、近い内にもう一足作ってみようと思う。
[PR]

by tako-taku | 2008-07-22 02:37 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(2)

布ぞうりを作って見た   

2007年 10月 03日

初夏ぐらいに話題になってた布ぞうり。

・いらない服・タオルなどから作れる
・簡単に作れる
・履き心地がいい
・洗える
・歩くだけで部屋の掃除になる

など、なんかいいこと尽くめみたいなので、図書館で布ぞうりの作り方の本を借りた。

今週末には返さないといけないので、慌てて今日作って見た。

借りた本は「親子で編む!履く!布ぞうり」(小石 正子著:河出書房)。

ところがこの本、編む為の布の下準備がかなり大変。
細く切った布の中に芯になる布をいれて閉じヒモを作る作業がある。

出来上がりはキレイだろうけど、

・・・・・・・・・・・・・すごく面倒(-_-;)。


ネットなんかで作り方を見ると、そんな事やってないみたいだし・・と布を4cm幅に適当に切った。


ところが、この切ったのが大失敗( ̄□ ̄;)。
本当は布を裂かなきゃいけないらしい。
切るなら、やっぱり布の端の処理が必要みたいだ。

編んでいる最中に、どんどん布がほつれて、ケバケバな貧相なぞうりができてしまったよ(-_-;)。

布は100円ショップでハギレを2枚購入して使ったんだけど、その片方が特にほつれやすくてすごかった。

最初は、家にある不用な服をばらして・・なんて思ってたけど、思ったより布を使うので(普通のタオル2枚で片足分ぐらい)、そんな暇は無く、布を買ってしまったのだ。

自分の足に土台になる紐をかけて作るみたいなんだけど、それだと疲れそうだなぁと、テーブルに吸盤をくっつけ(ネットで見た)、それに引っかけて作業。

ただ、吸盤が外れやすくて、次に作る時はもっと工夫しないとダメだなぁという感じ。

本を参考にしつつ、本の通りだと面倒な所はネットを調べて・・とかなり適当な作り。
ただ、細かい所は、さすが専門の本、写真もあってわかりやすかった。

c0014187_17304022.jpg

で、一応できあがりましたv(≧∇≦)v。
グレーの方の布がほつれやすかった。

鼻緒の部分は、ドラえもんの余り布。
カカト部分は無駄に大きくなってます。
基本的に雑な性格なのを再認識(^^;)。


作るのは確かに簡単。半日ぐらいでできてしまった。
それより、その下準備、布をひも状にしたりそういうのが面倒。
物を作るのは好きなんだけど、その下準備はかなり嫌いなので、そこが1番の難点。
特に布を切ったりする作業は、イライラしてダメなのだ。

いらなくなった服を地道に解体して紐状にして、ある程度たまったら作る・・というのが正解なのかも。

出来上がったぞうりの感想は、というと

履いていると気持ちいい。
パソコンをしている時、素足だと床が冷たくて足が冷えちゃうけど、これを履いていると冷えなくていい。

捨てようと思っていたタオルケットがあるから、暇があったらそれをばらして、またチャレンジしたい。
この本はもうすぐ返却だけど、別の「布ぞうりの作り方」の本を予約しているので、それが来たら作ってみるかも。
[PR]

by tako-taku | 2007-10-03 17:45 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(6)

内職みたいだ・・・(^^;)   

2005年 07月 15日

久々にフェリシモのミニチュアクラフト作りをした。
最初友人と2人で作っていたのが3人に増え・・・そして今回は4人に。
4人で黙々と(でも無くしゃべってるけど)ミニチュアを作る姿はまるで内職のよう(^^;)。

c0014187_1947507.jpg

私は前からミニチュアを作っていたけど、作りたいって人はいなかった。
作りたいとみんなが言うようになったのは、小さなミニチュアクラフトがたくさんたまったので、丁度いいケースを探して飾ってから。
そういうものの影響って大きいんだなぁと実感。

特に現在作っているフェリシモのセットは、かなり簡単なので、敷居が低いというのも大きな理由かも。2~3回、数時間集まれば出来ちゃうし、ミニチュアクラフトは全部のパーツが出来上がって飾り付ける時がとても嬉しいのだ。
一つ一つは怪しい出来でも、飾り付けると不思議な事に、ちゃんとして見える♪

今回のも早く完成させたいなぁ(*´ー`*)。
[PR]

by tako-taku | 2005-07-15 19:33 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(0)

ミニチュアの食べ物   

2005年 04月 28日

千趣会のマンスリークラブ(毎月シリーズで届く)で手作りパンキットと一緒に頼んでいるのが「まるで本物!?ミニチュアご馳走手作りキット」。

これも手作りパンキットと同じ様にたまっていてブルー(自業自得)だったんだけど、パンキットに手をつけた勢いでこちらもやってみました。

いくつか届いている内、「甘味処」というテーマのを作る事に。

ミニチュアキット作りはフェリシモのでもやっているけど、フェリシモのがビーズやボタンなど既存の物を組み合わせて作るのと違い、こちらのメインは「パン粘土」。
以前、フェリシモの「ミニチュアフーズ」を作った事があるのだけど、サイズがそこそこ大きめなのに、かなり苦戦した記憶があり、不器用な私に粘土は向かないと実感していたので、やる前からかなりドキドキ。

そして、案の定、大苦戦(^_^;)。
思ったような形にならなくて歪む。最初に作った「急須」なんて歪みまくり。
他の物も、クイズのように「これなーんだ?」ってのが多数(爆)。
当てて貰えると嬉しい(^_^;)。

パン粘土にアクリル絵の具を混ぜて色を作るのだけど、思ったような色にならないし、形以外も苦戦。

またフェリシモの説明書が至れり尽せりに近いのに比べ、こちらの説明は、かなり試行錯誤が必要。
「粘土が乾いたら」って乾くのにどれぐらいかかるの??
これは乾く前にやるの??
乾いたら作った小物がひび割れているんだけど、どうすればいいの?
ひび割れないようにするのは何か方法があるの??
etc・・。

材料も、こちらで用意しなければいけないものがいくつかあり、最近全く使わなくなった「修正液」なんて、必要と言われても・・・という感じで家中探しまくり。
フェリシモの方が値段が高めなのはこれらのせいなのかしら??とか思ってしまいました。

自分の不器用さに嘆きつつ、とにかく作り上げたけど、急須と湯のみ茶碗の大きさがほぼ同じです(爆)。
c0014187_19302146.jpg
[PR]

by tako-taku | 2005-04-28 22:10 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(0)

カゴ作り   

2005年 04月 06日

以前紙バンドを使ってカゴを作った事があったのだけど、それより一回り大き目のカゴが欲しいなぁと思って、またカゴを作りに紙バンドを持っている友人宅に行ってきた(自分で紙バンドを買えばいいんだろうけど、滅多に作らないので持ってる友人に甘えてます(^_^;))。

以前作ったのは、もう2年以上前。
久々なのですっかり忘れていて大丈夫かな?と思っていたけど、紙バンド切りや、底の部分の製作は友人がやってくれたので、私は横の部分の紙バンドを編みこむ部分と、フチの部分をやるだけで済んでしまった(^_^;)。

それでもおしゃべりしながらダラダラ作っていたので半日仕事になってしまった。
で、できたのがこれっ!
c0014187_17023100.jpg
紙バンドは、あまり固く無いし、切るのも、太さを替えるのも簡単で、籐などでカゴを作るのに比べたら何倍も簡単なんじゃないかと思う(籐で作った事ないけど(^_^;))。
思ってたのより一回りぐらい大きくなってしまったけど、まぁいいだろうという感じ。

ちなみに最初に作ったのはこれ。
c0014187_1722283.jpg
ちゃんと、紙バンドに色を塗ったり、ステンシルしたり、持ち手を付けたりと凝っている(いろいろ入れていたら少し歪んじゃったけど)。
最初に作った時は、色塗りした後乾くのを延々と待ってたり、段取りが悪く完成まで何日もかかってしまった。
次に作った時は、一番大変だった持ち手を省いてしまったのだが、今回は模様も省いてしまった。段々と手抜きになってます(^_^;)。

我が家には自分で作ったカゴの他に、友人が作ってくれたハート型のカゴなんかもあり、いろいろ重宝してます。
[PR]

by tako-taku | 2005-04-06 22:51 | ミニチュア・手作り | Trackback | Comments(0)