カテゴリ:レシピ:パン・お菓子系( 124 )   

「ギムレット」を(かなり適当に)作って飲んだ♪   

2017年 03月 25日

少し前から、シェーカーを振ってカクテルを作ってくれるお店の「ギムレット」が
飲みたいと思っていたんだけど、なかなかそういう機会は無いし、
そういうお店も少ない。

ということで、自分で「ギムレット」を作ってみることにしましたヽ(^o^)丿何事も
チャレンジチャレンジッ♪

用意したもの。

c0014187_21545547.jpg
ビーフィータージン」と「お酒にプラスライム」、ライム。

ジンは、中瓶がアリオ橋本に売ってたので、そこで購入。
大きいのだと持て余しそうだったので嬉しい♪

「ライム」(果実)は無くても良かったんだけど、なんとなく使いたかったので。

で、カクテルなんて全く作ったことが無い我が家にシェーカーなんてオサレなものが
あるわけもなく、350mlの小さい水筒で代用(^_^;)。

うわー、超絶適当。

ジン45cc、ライムシロップ15cc、ライム果汁適当。

水筒の8分目くらいまで氷を入れ、一度水を入れてその水を捨て、その後ジン・
ライムシロップ・ライム果汁を入れて、シェイク15回ほど(5~6秒くらいと
みたレシピには書いてあった記憶)。

c0014187_2155658.jpg
完成ヽ(^o^)丿!
カクテルグラスなんてものもないので、小さいコップ、小さいコップと探したら、
息子がコンビニでゲットした一番くじの「妖怪ウオッチ」のグラスがあったので、
それを使った。

「妖怪ウオッチ」に、非常に侵食されてる我が家。
そして、「カクテル」がもつ、ムードもへったくれもない状態になってるのも知ってる。

でも、いいんだ、カクテルが飲めれば。
こういう割り切り、大事、きっと。

おお、ギムレットの味がするっ!!
それなりに美味しい♪
でもお店で飲むのに比べ、エッジが足りない?
なんだろ、なんか微妙には違う。
「キュー」っとくる感覚が少ないような。
水の切り方が足りなかったのかもしれない。

でも、取り敢えず「ギムレット」らしきものが飲めたので満足(〃∇〃)♪

居酒屋さんだと、「ギムレット」と書いてあっても、「ジンライム」(それも薄い)
だったりするから、それに比べれば、ちゃんと「ギムレット」でした♪

ジン(中瓶)500円ちょっと、ライムシロップ500円ちょっと、ライム150円くらいと、
千円ちょっとでギムレットが飲めたし、まだまだ何杯も作れるんだから、
安いと言えば安いし♪←昔ギムレットやらなんやらとカクテルを何杯も飲んで、
お会計で青くなったことがある(^^;)。
[PR]

by tako-taku | 2017-03-25 22:09 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(2)

「激走戦隊カーレンジャー」を観ながら、芋ようかん(もどき)を食べたっ!   

2016年 07月 27日

現在、ニコニコ動画の「東映特撮ニコニコおふぃしゃる」で、毎週72時間、1話ずつ
「激走戦隊カーレンジャー」の動画が無料で公開されてます。

激走戦隊カーレンジャー!
普通の戦隊物とは一線を画する、突っ込みどころ満載の「不思議戦隊物」。
その不思議要素の一つに、敵方ボーゾックの怪人が、「芋長」(店名)の
芋ようかんを食べると巨大化するという謎設定があります。
そして、巨大化シーンを見ると、「芋ようかん」が無性に食べたくなる。

なので、探してみたけど、見つからない・・・というのを以前書きました

で、その時、多摩センター三越の和菓子屋さんに月末近くに入るということや、
焼き芋と粉寒天で簡単に作れるという、ありがたいアドバイスを頂きました
m(. .)mありがとうございます、ありがとうございます♪

しかし、季節柄スーパーで焼き芋はあまり売っておらず、自作は厳しいかっ!と
思ってたら、先日やっと売ってるの発見ヽ(^o^)丿!

作ってみました。

レシピ適当。

「焼き芋」一本、粉寒天2g、水100cc、砂糖少々。
c0014187_20153845.jpg
思ったより柔らかくなってしまった・・・。
裏ごしサボったり手間を惜しんだせいもあって、かなりヤバイ見た目になってしまったので、
縮小サイズでのお披露目(;^_^A。
モザイクかけてもいいレベルかもしれない・・・。
でも、ちゃんと濃厚なお芋の味のする、味は美味しい芋ようかん(もどき)でした♪

粉寒天、以前鉄板のようなゼリーができたことがあったので、分量控えめにしたら
足りなかったらしい。
記憶の片隅に「固形物が多いものを固める時は、粉寒天多め」というのがあったような
気もするけれど、後付脳内創作のまがい物の記憶な気もする。

とにかく、思ったより柔らかくなってしまったのは事実。

でも、以前見つけた「芋ようかん」ミニサイズは、「ほんのり芋風味があるかないかの羊羹」
だったので、それよりは何倍も求めている芋ようかんに近いものだったので満足っ(*^.^*)!
毎週一緒に「カーレンジャー」を観ている息子も、美味しいと言ってたので、
「見た目より味」が勝利した模様。

激走戦隊カーレンジャー第27話「単身赴任の分岐点…」で、無事「カーレンジャー」の
ボーゾック巨大化シーンを観ながら、芋ようかんを食べるっ!という目的を
達成できましたO(≧▽≦)O!!
ピザで攻撃してくる怪人で(「生きている無生物設定」ピザ強いよ、便利だよ)、
劇中で怪人が食べるのが、「芋ようかんピザ」だったのがちょっと残念でしたが。

「カーレンジャー」の中盤、神回続きなのも嬉しい♪
第25話「ナゾナゾ割り込み娘!」第26話「ノンストップ宅配武器」とか、
超展開過ぎて、「常識って何??」と何度もリフレインしちゃうほどのアホらしい(褒め言葉)
シナリオ展開に、五体投地しそうでした。

「カーレンジャー」毎週楽しみ(〃∇〃)!!!
[PR]

by tako-taku | 2016-07-27 22:34 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(0)

「モンブランケーキ」を焼いてみた結果・・・・   

2015年 01月 23日

数日前、日本テレビの朝の番組「ZIP!」で、「焼いたら美味しいもの」を特集してました。

「ビックリマンチョコ」とか、「カルビーのじゃがりこ」、果ては「くら寿司」の寿司各種など、
いろんなものを、オーブントースターでこんがり。
寿司の中では「サーモン」と「白子」が好評価だったよう。

で、料理研究家が勧める、焼いたら美味しいものに「モンブランケーキ」というのがあった。
番組内でも試食してて、「甘さが増して美味しいっ!」とかコメンテーター達が言ってた。

オーブントースターで焼かれた「モンブランケーキ」は、ちょっと潰れ、表面には焦げ目がついて、
「グラタン」ぽい見た目。
コメンテーターの言うことってあまり宛にならないし・・・とは思ったけど、
見た目はちょっと美味しそうだった。
そして、一緒にその番組を見てた息子が、「やってみたい、やってみたい!」と騒ぐので、

c0014187_2246236.jpg
買ってきました、セブンイレブンの「イタリア栗のクリーミーモンブラン」257円♪
ケーキ屋さんの「高い」モンブランケーキではさすがにできないけど、
これぐらいの値段なら・・・。

c0014187_22463079.jpg
耐熱容器に移して、オーブントースターで焼いた結果

            ↓

            ↓

            ↓

     ・・・・・テレビでの見た目は「グラタン」のようだったんですよ・・・・・・・・・・

            ↓

            ↓

            ↓

チーン!
c0014187_22463672.jpg
「モンブランケーキ」の残骸出現ヽ(lll゚Д゚)ノ!

元の姿と比べると、悲壮感がより増します・・・・・_| ̄|○。

味は・・・・・・確かに、甘さが増してて、栗の風味も強くなった気がするけど、半分液状になってるので、
栗の餡をスプーンですくって食べてるよう。

まずいわけではないけど、「モンブランケーキ」のいろいろな味のハーモニーを捨ててまで、
食べなきゃいけないほどの味では無かった(-"-;A。

「モンブラン」に使われているマロンクリームの濃さとか量とか、生クリームの量とか、
その辺の影響も大きそうだけど、セブンイレブンの「モンブラン」は焼きモンブランには向いてませんでした。

セブンのモンブラン、こんな姿にしちゃってごめんなさい・・・反省してます(-"-;A。

もし、チャレンジしてみようという既得な方がいましたら、容器は深いものを使うのをお勧めします。
途中、クリームなどが溶けてぶくぶくと泡立ち、浅い容器だったので溢れちゃいました(^^;)。
[PR]

by tako-taku | 2015-01-23 22:02 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(4)

「きのう何食べた?」(よしながふみ)を参考にリコッタパンケーキを作ってみた!   

2014年 09月 20日

モーニングで連載中の、「きのう何食べた?」(リンク先感想)よしながふみ著。

弁護士シロさんと美容師のケンジ、ゲイのカップルが主人公な、お手軽レシピ満載のコミック。
このコミックに載ってるレシピって、作りやすいのが多く、とても参考になります♪

今回、それらレシピの中から、ちょっと凝ってると思われる「リコッタパンケーキ」を作ってみました♪
なぜなら、リコッタチーズ(ついでに生クリームも)があったから(^_^;)。

リコッタチーズを使ったパンケーキと言えば世界一の朝食「Bills」(リンク先感想)。
そのふわふわの食感にどれだけ近づけるかっ!!

材料-適当にアレンジしてあるので(ほぼ半量)、Billsのパンケーキに興味がある方は
こちらのサイトを参考に。
こちらのレシピは、モーニング2014年39号に載ってたレシピなので、2014年9月の現時点では、
単行本にはまだ収録されてません。
----------------------------------------------------
玉子 2個(白身と卵黄に分ける)
牛乳 90cc
薄力粉 30g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
塩 少々
リコッタチーズ 120g

バター 大2
ハチミツ 大2

カットフルーツ適当
生クリーム 適当
粉砂糖 適量
-----------------------------------------------------

・バターを常温に戻し、ハチミツと混ぜあわせ、また冷蔵庫に入れて冷やす(ハニーコームバター)

・小麦粉はふるい、玉子は白身と黄身に分ける
・卵黄と牛乳をよく混ぜ、そこにリコッタチーズを入れ優しく混ぜる。
 そこに振るった小麦粉、ベーキングパウダー、塩を入れ、混ぜすぎないように混ぜる。
 角が立つまで泡立てた卵白を2回に分けて入れ、さっくり混ぜる。

蛇足:電動泡だて器を出すのが面倒で、手動でメレンゲを作ったら、最近手動でしっかり泡立てる
ということをやってなかったせいか、腕の筋肉が鈍っていて、途中で手が痛くなった。
でも、途中で電動泡だて器を出すのも面倒くさい・・・、でも手は痛い・・・と、
ぐるぐるやってる内に、角が立った。
面倒がらず、最初から電動泡だて器を出すべきだった・・・。
でも、電動泡だて器、片付けが面倒なんですよね、出すのも面倒なんだけど(^^;)。
全卵を泡立てる時は、さすがに出すけど。

・生クリームに砂糖を入れ(100ccに砂糖大1)泡立てる。

・140度に温めたホットプレートに、バターを塗り、生地を落とし、2~3分焼いて裏返し、
もう少し焼いて出来上がり♪

・カットフルーツ、ハニーコームバター、生クリーム、生クリーム等を適当に添えて食べました♪

c0014187_1728711.jpg
生地がすっごくゆるくなってしまい、ホットプレートで3枚焼くはずが、
生地が流れて合体し、巨大な1枚パンケーキになってしまった。
ひっくり返す時は、4等分してからひっくり返した(^_^;)(パンケーキの一部が直線なのはそのせい)。

食感はふわふわ、ハニーコームバターの甘さと塩気(有塩バター使ったからか)、
そして本体の持つ塩気が、すごく良かった♪
生クリームや粉砂糖など、甘さがあるものが添えてあったのもGOOD!
Billsのパンケーキって、すごく優しい味なんだけど、こちらは、もうちょっと塩気があった。
私はこっちの方が好みかも。
食感は、さすがにBillsのパンケーキの方が、しっとりフワフワでした。

美味しかったけど、作るの大変だし、コストもかかるってのが難点(^^;)。
でも、たまの贅沢に作ってみるのもいいかと思います♪
作るの自体は、それほど難しくないし(〃∇〃)。

あと、ハニーコームバターは、簡単でとっても美味しいので、ホットケーキを作る時に、
一緒に作ってみるのもいい気がしました♪

c0014187_17281791.jpg
こちらは「ポテトグラタン」。
以前「きのう何食べた?」のレシピで、じゃがいもを牛乳で煮て、ポテトグラタンを作るというのが
あったので。
でも、「じゃがいもを牛乳で煮る」以外は、ちゃんと覚えておらず、単行本を漁ってレシピを探すのも
面倒だったので、記憶を頼りに作ってみた(^^;)ほとんど適当というか。
そして、何故かこれも、水っぽく(爆)。
表面は焼けてるんですが、内部がスープ状態でした(^^;)。
[PR]

by tako-taku | 2014-09-20 17:43 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(10)

ハーゲンダッツ「マカデミアナッツ」で、ハワイ「ブーツ・アンド・キモズ」のパンケーキを再現?!   

2013年 07月 29日

ハワイで人気の「ブーツ・アンド・キモズ」のパンケーキを、
ハーゲンダッツの「マカデミアナッツ」を使って、簡単に再現できるという記事を読んだのでやってみた。
参照記事は「行列ができるハワイのパンケーキに衝撃の事実」。

他のお店では味わえない「マカデミアナッツソース」が病みつきになる味だとか。

c0014187_1859982.jpg
ハーゲンダッツ「マカデミアナッツ」198円、カロリー330kcal、脂質25.1g。

これをレンジで30秒ほど加熱して、溶かし
c0014187_18594861.jpg
焼き立てのホットケーキに乗せてみた♪
アイスの中に、思った以上にマカデミアナッツが入ってます。
アイス部分が溶けて、どんどん流れてしまったので(溶けたアイスの海にホットケーキが浸かってる)、
冷たい状態で、ホットケーキに乗せ、溶かしながら食べたほうが美味しかったかも・・・(^^;)。

マカデミアナッツの食感と、パンケーキに染み込んだ溶けたアイスのコラボは、
予想通り美味しい(*^.^*)♪
ただ、病みつきになるほど・・・って感じではなかったので、
やっぱりオリジナルとは、違うのかもしれない。
今回の一番の問題は「オリジナル」を食べたことが無いことか??

後、アイスが198円で、ホットケーキの材料費が60円くらいと、ソースのコストが高いのが問題(^^;)。
ホットケーキ本体が400kcalちょっとあると思われるので、これで730kcalというのも問題だ(爆)。
[PR]

by tako-taku | 2013-07-29 00:05 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(5)

森永:「ミルクキャラメルホットケーキミックス」を使った♪   

2013年 07月 19日

森永から「ミルクキャラメルホットケーキミックス」なるものが出ていたので購入!

c0014187_1433151.jpg
「森永ミルクキャラメルホットケーキミックス」198円、
内容量165g、3枚分、1枚分カロリー260kcal、脂質6g。
ミルクキャラメル風味の生地にキャラメルチョコチップ入りとの事。

ミックス1袋+玉子1個+牛乳140mlを混ぜ、フライパンで焼いて出来上がり~!

c0014187_1471181.jpg
フライパンを中火で熱し、濡れふきんの上で少し冷まし、
弱火で3分、ひっくり返して2分とか、焼き方が書いてあったけど、
あまり気にせず焼いたら、かなりみっともない焼き上がりに(^^;)。
元々生地に色がついているせいか、ちょっと不気味な感じにも(^^;)。
指定では3枚分となってたけど、2枚焼いたので、ちょっと大きめ。

以前、ちゃんと手順通りに焼くと、パッケージ見本に近いホットケーキが焼けると、
どこかで読んだんだけど、面倒で・・・。

で、味ですが、キャラメル風味はそれほど強く無く、生地が甘いホットケーキ、
香りはキャラメルっぽい・・・って感じでした。
チョコチップは思ったより存在感がなくて、1枚食べてる間に、
チョコチップの存在を感じたのは、2回ほど。
存在を感じた時は美味しかったんですが、回数少なすぎ(^^;)。
まぁ甘いホットケーキって感じで、普通に美味しかったです♪

c0014187_1534367.jpg
こちらは、生地が甘くないホットケーキミックスで焼いたホットケーキ。
ちょっと真面目に、手順どおりやったら、かなりいい感じに♪
油っぽいのが好きな私は、テフロン加工のフライパンなのに、油を敷いてたんですが、
それをやめたのも、キレイな焼き色になった理由か??

ただ、甘くないホットケーキということで、ベーコンを添えるつもりが、
焼き鳥を買っちゃって、それも添え、焼き鳥には御飯が欲しいと、
御飯も添えたので、盛り付けがカオス・・・・(-_-;)。
せっかく近年稀に見るほどキレイに焼けたのに・・・。

まぁ食べちゃえば一緒!!←この思考パターンが、私が盛り付けが下手な原因だな。
[PR]

by tako-taku | 2013-07-19 00:37 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(6)

2012年のシュトーレンは、膨らみすぎた~Σ( ̄ロ ̄lll)!   

2012年 12月 24日

クリスマスのお菓子と言えばシュトーレン。
お菓子というより「菓子パン」なのですが。

ドイツの菓子パン「シュトーレン」は、おくるみに包まれたキリストを模した形で、
クリスマスを待ちながら、毎日少しずつスライスして食べるもの。
なので、一ヶ月ほど日持ちするように作られ、作ってから少なくとも3日後くらい、
本来なら1週間後くらいから食べるのが美味しいと言われています。
実際、焼いてから1週間ぐらい経つと「グッ!」っと味が奥深くなるのがわかります(*^.^*)。

で、昨年はどうにかゲットできたチクテのシュトーレン(リンク先感想)は、
店頭予約日に忙しくて行けず諦め。
シュトーレン好きなんですけど、今年はもういいかなぁ・・・という気分になっていた時、
ブログ「みいこのテケテケ散歩」さんでシュトーレンを作った記事を読み、
「自分もがんばろうっ!」と奮起して作りました。

クリスマスギリギリに作ったので、クリスマス過ぎに味わうことになっちゃってるんですが(^^;)。

で、シュトーレンの条件って恐ろしいんです!!
小麦粉の30~50%のバター使用、ドライフルーツ・ナッツなど60%以上って・・・、
もう高カロリーを約束されたような条件(゚_゚;)!

シュトーレンのレシピは、以前パン教室で作ったもののアレンジ
1ヶ月ではなく2週間しか持たないレシピなんだけど、甘さがきつくなく、
店頭で売ってるものより、このシュトーレンの方が自分の好み♪

中力粉はリスドオルを使い、一袋使い切りたかったので、粉400gでの作成。

--------------------------------------------------------------
【シュトーレン本体】
・リスドオル(中力粉) 400g
・砂糖 60g
・イースト 4g
・バター 160g ←粉の40%にしてます。超恐ろしい量(-"-;A
・アーモンドプードル 80g
・水 20cc
・牛乳 150cc
・卵 Mサイズ1個
・スパイス 3g(カルダモン・シナモン・ナツメグ・コショウを適当に混ぜた)
・アーモンドスライス 60g
・ドライフルーツのラム酒漬け 200gくらい
※元々漬けてあるのを買ったり、ドライフルーツをラム酒につけたり。
しっかりラム酒漬けにするのではなく、一晩香りをつけるくらいに浸したものを使うそう。

※スキムミルクは切らしてたので入れず、マジパンは面倒だったので入れず

【仕上げ用】
塗り用溶かしバター 適量(40g)
グラニュー糖、粉糖 適量
ラム酒 適量(50ccくらい)
--------------------------------------------------
シュトーレン2本作るのに、200gのバター全部使いきりという恐ろしさ。
クロワッサンも、かなりバターを使うけど、バター風味満点で、高カロリーっぽい感じがする。
シュトーレンは、そんなに高カロリーそうに見えないのに、高カロリーなのがまた恐ろし(^^;)。

バターとドライフルーツ・ナッツ類を除く材料を混ぜ、10分ほど捏ねる。

その後、バターを混ぜるんですが、量が多いので、生地に馴染ませるのが超大変(>_<)。
毎回、これで嫌になる。
でも、昨年、嫌になってあまり捏ねなかったら、生地がダレダレになったので、今年は頑張って捏ねたっ!

c0014187_224457.jpg
頑張って、生地がかなりまとまるまでこねたら・・・・・・・・・・・これが失敗だったらしい(-"-;A。
バターを混ぜた後の捏ね時間、10分ほどと指定されてたんだけど、
もっと時間をかけて捏ねたんですよね・・・。

まとまった生地に、ドライフルーツなどを混ぜ込むのも、量が多くて大変。
せっかくまとまった生地が、ベタベタになってくるし。

でも、とにかく混ぜ込んで、一次発酵1時間。
あまり膨らまないのは、毎回の事。

生地を二分割して、四角く伸ばし、綿棒でくぼみを2箇所作って折る。
二次発酵35分←普通の二次発酵より低温の方がいいらしいけど、普通に発酵。
二次発酵の時もあまり膨らまずで、それも想定内。

180度35分で焼く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!
すっごく膨らんでしまった~Σ( ̄ロ ̄lll)!!
シュトーレンは、こんなに膨らんじゃいけないんだよ~!!
おいっ!!!
と、オーブンの中を見ながら思ったけど、どうにもならない。
バターを入れた後、こねすぎたのが原因だなー、きっと。

いつも、ベタベタ柔らかくてすごく扱いにくい生地なんだけど、今年はいつもより扱い易かったし。

c0014187_294543.jpg
うー、膨らんだので、触った感じが「パン」ぽい(-"-;A。
この2/3くらいのサイズなはずだったのに・・・_| ̄|○。

あっ、仕上げは、焼きあがったらすぐ全体にラム酒を塗り、溶かしバターを塗りながら、
同時進行でグラニュー糖をかける(バターが乾く前にかけるのがポイント)。
その後、粗熱がとれたら粉糖をふりかけて出来上がり。

後はラップして、冷蔵庫で寝かせる。

c0014187_211304.jpg
一晩冷蔵庫で寝かせたら、パンっぽい感じはなくなって、
ちゃんとシュトーレンになりました(*^.^*)!!

ということで、今年は年越しでシュトーレンを食べます(^^;)。
[PR]

by tako-taku | 2012-12-24 12:05 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(6)

タカナシ乳業:3種類の生クリームを使い分け(*^.^*)!   

2012年 12月 24日

スーパーでもよく見かけるタカナシ乳業の生クリーム。
私も、よく使ってます♪

今回、そのタカナシ乳業の生クリーム3種類をお試しできることになりました♪

c0014187_2148372.jpg
乳脂肪分47%の「特選北海道純生クリーム47 200ml」、
乳脂肪分35%の「特選北海道純生クリーム35 100ml」、
お料理用の生クリーム「北海道クッキングフレッシュ 100ml」の3種類。
いつも200mlを買っているので、100mlサイズがあるのは、初めて知りました。

c0014187_21503729.jpg
このモニターが当たった時から、「特選北海道純生クリーム47」は、
ロールケーキに使おう!!と心に決めてました(*^.^*)!!
以前「特選北海道純生クリーム35」でロールケーキを作った時(リンク先にロールケーキのレシピも)も、
もちろん美味しかったけど、やっぱり乳脂肪分47%の「特選北海道純生クリーム47」の方が、
コクがあって美味しいな~と思ったので。

白桃缶と黄桃缶を入れたロールケーキ、むちゃくちゃ美味しかったです(*^.^*)!
友人宅のクリスマスパーティにも持参したけど、クリームが美味しいと大絶賛でした
(友人曰く「高い生クリームの味がする」でした(笑))。
35%より値段も高い47%だけど、クリーム主体のケーキなら、やっぱりこっちの方がいいようです♪

c0014187_21555245.jpg
こちらは、コストコで買ったラズベリーで作ったジャムと、
生クリームを塗ったロールケーキ(桃のロールケーキの端の方で作った)。
シンプルな組み合わせだけど、甘酸っぱさとコクのある生クリームの組み合わせが絶品で、
これまた美味しかった!!

c0014187_21581996.jpg
「特選北海道純生クリーム35」は、クリームパスタにしてみました♪
普通は牛乳で作るレシピなのですが、生クリームで作ると、クリームが濃厚でほんのり甘さもあり、
やっぱり美味しい(*^.^*)!!
パスタの太さが不揃いなのは、せっかく生クリームで贅沢するんだからと、
手打ちでパスタを作ったせいです(^^;)。

c0014187_2222229.jpg
「北海道クッキングフレッシュ」は、ポークソテーのクリームソースに♪
これも、クリームが濃厚で美味しかった~♪
単なるポークソテーがワンランク上の味になりますっ!
すっごく簡単なのに、旦那に「こんな凝ったもの作ったなんてすごい!」と感心して貰えました(笑)。
「クッキング フレッシュ」、植物性かと思ったら、そうじゃなく、
乳脂肪分20%の「乳等を主要原料とする食品」でした。
植物性に比べて、格段に美味しかったわけだ!!

ちなみにレシピは、バター(orサラダ油)で、玉ねぎ1/4を炒めてしんなりしたらしめじを加え
(本当はマッシュルームの方がいい)、白ワインを入れてアルコールを飛ばしたら、
「クッキングフレッシュ」とコンソメの顆粒を入れ、少しとろみがつくまで煮詰めて出来上がり♪
簡単です。

生クリームは高いので、料理はほとんど牛乳で代用してるけど、やっぱり
高いだけのことはあるなーと、使ってみて実感!!
お誕生日とか、特別な料理の時は、ちょっと奮発して生クリームを買おう♪
と思ってしまいました(*^.^*)♪

タカナシ乳業ファンクラブファンサイト参加中
[PR]

by tako-taku | 2012-12-24 00:05 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(0)

みかんで「マーマレード」   

2012年 12月 15日

今年も、知人宅の庭になっているみかんを頂いたので、マーマレード♪

c0014187_22211455.jpg
ちょっとまだ青くて、食べると酸っぱかったし、せっかくの無農薬、皮まで使いたいし。

昨年作った時、面倒がって、みかんを皮ごとざく切りにして作ったら、
皮の苦味が思ったよりあったので、今年は、皮を3回ほどゆでこぼして、
白い部分をスプーンでこそげとるという、面倒だけど、正統派(?)なマーマレード作り。

処理して千切りにした皮と果肉の重さの40%の砂糖、レモン汁大1で、くつくつ煮込んで出来上がり。
面倒な皮の下処理さえ終われば、マーマレード作りは楽なんですが、
皮の下処理はとにかく面倒・・・・(-_-;)。

c0014187_22221929.jpg
柑橘系はペクチンが多いので、硬いマーマレードになる事が多い(というかほとんど硬い(^^;))。
冷めた後、ひっくり返った瓶を元に戻しても、マーマレードが硬すぎて落ちないという状況に、
なっているので、今回は大丈夫か不安。

c0014187_22223898.jpg
おおっ、ちゃんとマーマレードも下に。
ただ、今回は硬めになるのを警戒し過ぎて、少し緩すぎたような気もする。

それと、みかんの酸味が少なかったので、もう少しレモン汁を入れてもよかったかも。

まぁ、とにかく、自作のマーマレードが丁度切れてた所だったので、また作れて良かった(*^.^*)♪
[PR]

by tako-taku | 2012-12-15 19:14 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(0)

アンデルセン:「ヘクセンハウスキット」でお菓子の家を作った♪楽しい~!   

2012年 11月 26日

デンマークの童話作家「アンデルセン」の名前を店名にしているパンやお菓子の「アンデルセン」。
創業者が、デンマークで食べたデニッシュペストリーに感銘して設立した会社だそう。
そんな「アンデルセン」から

c0014187_2222787.jpg
という優しいメッセージ(「ヒュッゲ」とは「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地の良い雰囲気」というデンマーク語だそう)と一緒に届いたのは

c0014187_2232857.jpg
お菓子の家を簡単に作れる「ヘクセンハウスキット」O(≧▽≦)O!
「ヘクセンハウス」とは、魔女の家という意味で、お菓子の家の事だそう。
「アンデルセン」は、通信販売の「アンデルセンネット」も運営しており、画像左側にある
ウインターギフト2012」のカタログの表紙の「お菓子の家」が作れるのだそう。

ただ、届いて、かなり緊張。
モニターなので、しっかり作らねばならない・・(自分が応募したのに、「私でいいのだろうか?」と
当たって焦りました(^^;))。
かなり不器用な私。
以前作った「小学生の工作みたいなうさぎの団子」とか、
作るのが大変だった上に不恰好なケーキの家」とか、暗い思い出が頭の中をよぎります。

「お子様と一緒に簡単に作れる」ということですが、大丈夫か、私??

c0014187_2352962.jpg
箱の中に入っていた「ヘクセンハウスキット」。
土台・壁・屋根・柵・煙突は、硬めに焼きあげられたクッキー生地。
飾りには、クッキー、アーモンド、マジパンなどが。
そして、接着剤にもなる、雪を表現する「シュガーグラス」。
袋を開けた途端、美味しそうなクッキーの香りが漂ってきました♪

c0014187_2395058.jpg
お弁当用の「お絵かきペン」(緑色・太いを使用)があったので、
「シュガーグラス」をそれにいれ、壁の模様を書いてみました。
「粉糖」もあったので、その後茶こしで、壁に粉糖をフリフリ。

c0014187_2423715.jpg
壁にレンガ模様を書いて、土台と壁を接着。
説明にあった通り、壁・土台など、ベースになる部分は、かなりしっかりしているし、
「シュガーグラス」が思った以上に使いやすく、ここまでサクサクとできましたV(≧∇≦)V!!
もっと、四苦八苦すると思っていたので予想外!

「えっ、もしかして、私でも簡単にできるんじゃ!!」と俄然創作意欲が湧いたので、
速攻で近所のスーパーに行って、デコレーション用のお菓子をいくつか購入。

「固定するのが大変かな?」と思った、屋根の接着も簡単にでき(シュガーグラス偉い!)、
家の形は、すんなり完成。
他の飾りの固定も、簡単。
ただ、広い範囲にシュガーグラスを絞り出す屋根は、絞り袋の先の切り口が細すぎて
(あまり大きく切ると、別の部分で使いにくいかなーと躊躇)ちょっと大変でした。
結局、綺麗なラインに絞り出せなかったけど、水をちょっとつけたスプーンでシュガーグラスを
伸ばしたのでOK!

c0014187_325958.jpg
買い物時間を除くと、2時間ほどで完成V(≧∇≦)V!!
楽しかった~!
煙突に、レンガのラインを入れ忘れたのは、失敗。

c0014187_345286.jpg
シュガーグラスをスプーンで伸ばしたら、予想外につららっぽく、いい感じになった屋根の軒部分♪
偶然の産物だけど、みんなにほめられた(笑)。

c0014187_353557.jpg
チョコ菓子「小枝」で作った柵。

c0014187_36453.jpg
「カプリコ」の下を切り取って作ったツリー。
飾りの丸い玉などは、チョコタマゴの中にいろいろ入っている明治の「ツインクル」の中のもの。
「カプリコ」を切ったら、途中で折れちゃったんだけど、その部分も万能「シュガーグラス」で接着。
付属のマジパンで「サンタさん」が作れたんだけど、ツリーを作ったので、サンタは作らず。

屋根の柊や星型のクッキーは、キットに入っているものを使いました。
シュガーグラスがたっぷり塗ってあるので、屋根にいろいろつけるのも簡単でした。

完成したばかりなのに、息子が、即食べたがったので、現在お預け状態。
もっと、いっぱいお菓子をくっつけて、好きに取って食べてもいい部分を作れば、
完成後も、すぐ楽しめると思いました。
「お菓子の家を食べる」って、子供には嬉しい事ですもんね~。
また、お菓子をたくさん貼り付けてあった方が、食べる時の楽しみも増えると思います。

あっ、キットに入っていて使わなかったクッキーは食べちゃったけど、美味しかったです♪

不器用な私でも、ちょっとしたアイディアでいろいろ作れたので、お菓子作りが好きな人なら、
もっともっといろいろアレンジして、ステキなお菓子の家が作れそう。
お子さんと、飾り付けを工夫するのも楽しそうです♪
お子さんの好きなお菓子をいっぱい貼り付けたりとか(*^.^*)。

壁・屋根などベース部分がしっかりしているので、お家の形を簡単に作れ(普通、
家の形をクッキーで作る段階で挫折する)、アレンジが簡単なのが、とてもいいです♪
4200円と、ちょっと高いのが難点ですが、楽しいクリスマスに向けて、
お子さんと一緒にお菓子の家を作るのは、贅沢な楽しみな気がします(*^.^*)♪

アンデルセン クラブファンサイト参加中
[PR]

by tako-taku | 2012-11-26 23:04 | レシピ:パン・お菓子系 | Trackback | Comments(2)