カタクリ観察会   

2008年 04月 08日

近くにある自然保護区にカタクリが自生している。

いつもはフェンスに囲まれて見る事ができないのだけど、この時期(今年は3月26日と4月6日の日曜日)、この区画に入って観察する事ができる日がある。

今年、初めて見に行ってきました。

c0014187_2112115.jpgカタクリの花を見るのは初めて。
思ったより小さな(スイセンより一回りか二回り小さいくらい?)紫色の花でした。

それがいろいろな所に咲いていたけど、密集しているという訳ではなく、思ったより地味でした(^^;)。

でも、普通入れなかったところに入れるというのは、楽しい。
それに、こういう自然が近所に残っているというのも嬉しい。

すぐ近くにホタルが見られる場所もあって、そういう場所の保護活動を頑張ってる人がいるから残っているんだなーということも実感。

c0014187_2145293.jpg

カタクリ以外だと、どんぐりが赤い芽を出していたのが印象的だった。

この林で採取されたという、大きなキイロスズメバチの巣も展示してあった。

夏ごろ、キツネノカミソリ(だったかな)の花の観察会もあるというので、また参加してみたい。
[PR]

by tako-taku | 2008-04-08 02:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/8615526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「絶品チーズバーガー」を食べた... リクルートからQUOカード♪ >>