霞が関:「ラップドクレープ コロット」。小さいクレープ。   

2017年 02月 10日

小さな四角いクレープを販売している「ラップドクレープ コロット」。
2017年1月23日に霞が関メトロ店がオープンしたらしく、旦那が買って帰ってきた。

全然知らなかったんですが、2011年に1号店がオープンして、23区内に
展開しているお店なよう。

c0014187_23213317.jpg
箱はちょっとオシャレ。

c0014187_23213973.jpg
中はこんな感じで、ラップされたクレープが入ってます。
ビニール袋に入ってるんじゃなくラップ。
箱がおしゃれなのに対して、本体はラップ包装で家庭的なのが、ちょっと違和感(^^;)。
「おお、本当にラップ ド クレープだっ!」とか思った。

クレープは「チョコバナナ」(2個買ったらしい)、「カスタード」「モンブラン」
「イチゴ」で、最初の2種類が200円、あとの2種類が220円。

c0014187_23214557.jpg
本体はこんな感じ。
これはチョコバナナ。
あまりクレープって感じはしない。

c0014187_23215297.jpg
断面。
思ったより生地の層が厚め。
バナナが入ってます。
チョコレートはちょっとだけ。
クリームは、その辺で売ってるクレープと同じ感じで、ちょっとしつこさがあり、
絶品とかではないけど、普通に美味しい。
生地はかなりしっとりモチモチで、「もちもちしてるバナナ(チョコの存在感弱し)クレープ」
って味でした。
テイク・アウト中心のお店のクレープが好きなら、好きかも。
カフェなどで食べる、ちょっとグレードの高いクレープが好きなら、イマイチと思うかな?

それと、「チョコバナナ」より、フレッシュな苺が入ってる「イチゴ」と、
栗のつぶつぶが入ってる「モンブラン」の方が美味しかった♪

家に持ち帰って気軽にクレープが食べられるので(普通のテイク・アウトクレープって、
その場で食べるのが普通で、持ち帰りにくい)、その辺がいいと思ったけど、
テイク・アウトクレープ店のクレープは、あまり好んで食べないので、自分的には普通。
可もなく不可もなくでした(^^;)。

ラップドクレープ コロット 霞が関メトロ店
場所:東京メトロ日比谷線霞ケ関駅ホーム上
営業時間:10:00~22:00
定休日: 不定休
[PR]

by tako-taku | 2017-02-10 23:40 | 食:スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/26395061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 町田市多摩境:「ぱん処 東海林... 町田多摩境:「かつさと」の期間... >>