旦那の親戚宅で記憶を無くす(爆)   

2005年 07月 31日

新潟の宿泊先は旦那のいとこのお宅。
旦那の実家はかなり前に別の県に引っ越していて、今回は昨年の地震のお見舞いとお墓参りの為、新潟に行ったのだ。

着いたのは夕方6時半ぐらい。
お風呂を頂いて、すぐ晩御飯となった。

そこに甘い罠が・・・・。
家の旦那はお酒を飲めない。ほんの少量でも具合が悪くなる。アルコールを分解できない体質なのだ。
しかし、泊めて頂いたお宅の世帯主である旦那の従兄弟は大の日本酒好き。
旦那が飲まないのを知っているので、一人で飲むつもりだったらしい。
私は日本酒が好きだけど、日本酒は飲むとかなり悪酔いするので、日本酒が好きな事を伝えるつもりは無かったのだけど、旦那が気をきかせて(?)私も日本酒が好きだと言ってしまった。

もちろん、私のグラスも即用意されました。
お酒は新潟長岡のお酒「吉乃川」。これが飲み口が良くて、クイクイ飲めてしまう。
中ビン(720ぐらい)の2本目の終わりぐらいまでは記憶があるのだが、その後気が付くと、布団で寝てました(゚_゚;)。

その上、朝起きたら、従兄弟の奥さんに「昨日はありがとうございます。息子(中学生)も喜んでいます」とお礼を言われた。
しかし何をしたのか全く記憶に無い
ただ、事前に旦那と中学生の息子さんにお小遣いを渡そうという話をしていたので、旦那がお小遣いを渡したことに関してのお礼だと思った・・・・・が、後で確認したらお小遣いを渡したのは私らしい。それもいきなり渡したとか・・・いくら渡したかも記憶に全くない(-_-;)。

うわーーーーー、ここまで記憶を飛ばした事って数えるほどしか無いのに、何故よりにもよって旦那の親戚宅で記憶を無くしてしまったんだ~~_| ̄|○。

私がどんな様子だったのか怖くて旦那に詳細を聞く事も出来ず、悶々としてます。
旦那の従兄弟といっても歳はかなり離れていて、私の叔母達なんかより年上なんだよね・・・失礼な事したりしなかったかしら・・・・不安(-_-;)。
[PR]

by tako-taku | 2005-07-31 23:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/2429698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 地震の爪あと 柏崎の鯨波海岸で泳ぐ >>