静岡県伊豆:「江間いちご狩りセンター」で大きな苺をたくさん食べた♪   

2015年 03月 16日

イチゴ狩りの季節ですO(*^▽^*)o~♪
毎年、旦那の静岡の実家に帰省ついでに行くいちご狩り。

今年も、値段は高いけど3種類の苺(章姫・紅ほっぺ・とちおとめ)が食べられ、
バリアフリーで移動しやすい「大富農園」(リンク先感想)に行こうか、
それとも、安く、普通のビニールハウスで章姫、もしくは紅ほっぺどちらかの苺が食べられる、
江間いちご狩りセンター」(リンク先感想)に行こうか、
とっても悩んだ末、安さをとって「江間いちご狩りセンター」に(^^;)昨年「大富農園」に行ったし。

c0014187_244618.jpg
「江間いちご狩りセンター」。
ここで料金を払い、また車に乗って、先導車のあとをついて、指定のビニールハウスに行きます。

ここで、苺を使ったお菓子や、ジャムなどのお土産も売ってます。

c0014187_244149.jpg
料金は、時期によって違い3月は1400円。

c0014187_2442143.jpg
「菜の花の無料積み放題」もあるんですが、思いっきり咲き誇ってて、時すでに遅し(^_^;)。
積み時は終わってました。
2月下旬、3月になってすぐ・・・くらいまでかな?

指定のビニールハウスに到着すると、入り口で、コンデンスミルク入りのヘタ入れの容器と、
おしぼりが貰えます。
制限時間は30分。
再入場不可。

c0014187_2442964.jpg
今回、ビニールハウス、初一番のりです!
ヽ(^o^)丿やったー!!

今までは、すでに他の人が入ってるビニールハウスばかりでしたが、今回は、一番!!!
もちろん、私の後ろには、別のグループが何人もいたんですが、それでも一番乗りは嬉しい(*^.^*)!!

c0014187_2443751.jpg
巨大苺もいっぱい!
普通、大きいのは、目立つので、どんどん食べられちゃうんですよね。
かなり採り尽くされたハウスに入ると、赤い苺はちゃんとあるけど、巨大なのはあまり無い。
でも、今回は大きい苺がゴロゴロ♪

c0014187_244425.jpg
品種は紅ほっぺ。
「江間いちご狩りセンター」は、章姫8割、紅ほっぺ2割だそうで、普通は「章姫」の方に案内されるそう。
章姫は、身が柔らかく、出荷するよりは、食べ放題に向いているんだそう。
私としては、酸味が弱く中庸な感じの「章姫」より、香りが強く、甘さもあるけど、
若干酸味もある紅ほっぺのほうが好きなので、ラッキーでした(〃∇〃)!

c0014187_2444778.jpg
比較対象が無いので、わかりにくいですが、かなり巨大な苺♪
1つで2~3個分くらいありそう。
今回、一番乗りで、大きな苺をたっくさん食べられたので、数を食べない内に満腹に。
汁が滴るほどジューシーで美味しかったです(〃∇〃)♪
ちなみに、私はジューシー感満点の巨大苺が好きですが、旦那な小ぶりなほうが好きだそう。

苺は、ジューシーで美味しく、ビニールハウスのおじさんも親切で、楽しいいちご狩りができました♪

苺というと、今一番メジャーなのは「とちおとめ」(それと「あまおう」)。
なのに、伊豆ではほとんど見かけない(前述した「大富農園」くらい)。
その理由を先日、テレビで知りました。
地域の食材を使って美味しい料理を作るという番組(「料理の女王」?「レシピの女王」?)で、
舞台が静岡だった時。
「静岡の苺と言えば紅ほっぺと章姫!妥当とちおとめ!なんです!」と、静岡のテレビ局の
アナウンサーが力説してました。
なるほど~。
「とちおとめ」は「栃木」で品種改良された苺ですもんね。
ちなみに、2015年の今年は「いちごの年」だそう。
新しい苺の品種もいろいろ出ているようです。
栃木の「スカイベリー」と、静岡の「きらぴ香」、どっちかが次世代の人気品種になったりするのかな?

ということで、2015年、イチゴの年でもあるので、いちご狩りに行ってみるのもいいかと思います(^-^)ノ♪
私は1日で1年分のイチゴを食べた気分。
そういえば、イチゴには利尿作用もあるようで、元々トイレが近い私は、いちご狩りのあとは、
トイレが近くて近くて、それだけは困ります(^^;)←旦那と息子は平気なのがニクイ。

江間いちご狩りセンター
住所:静岡県伊豆の国市北江間563-7
電話:055-948-1115
開園期間:12月15日~5月6日
開園時間:9:00~16:00
※料金は月によって違います(後になるほど安くなる)。
[PR]

by tako-taku | 2015-03-16 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/23691873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 伊豆村の駅:原木しいたけは、旨... 町田多摩境:オートバックス跡地... >>