相模原宮下:「肉汁うどんの南哲」半端じゃなく無くボリューム満点!   

2014年 06月 21日

相模原市宮下にある「肉汁うどんの南哲」。

うどんのつけ麺版とも言える「肉汁うどん」。
南哲の「肉汁うどん」は、もっちりとした平打の手打ち麺と、豚肉・野菜などの具材がいっぱい、
そこにかき揚げを追加で頼めば、満腹過ぎるほど、満腹になる一品。
以前の感想はこちら

c0014187_11575774.jpg
相模原米軍基地北側にある通り沿い。
ごつい字体の看板がとっても目立ってます。

c0014187_11581082.jpg
店内は、食堂風。
何故か、テーブルの間隔がとても広い。

c0014187_11583023.jpg
食券制です(画像クリックで拡大します)。

c0014187_11595368.jpg
うどんの量、並でも400gとボリューミィなので注意。

c0014187_11584198.jpg
「肉汁うどん」に「ご飯とのり」のセットをつけて食べても美味しいらしい。

c0014187_11591623.jpg
200円で、1回だけお皿に盛り放題の「本日の糧」の行った日の内容。
地場もの野菜盛りだくさんなので、野菜を食べたい人には嬉しいサービス♪

c0014187_120969.jpg
「肉汁うどん」ではなく、これは「ひや肉うどん」(並)780円+かき揚げ200円。
麺は「冷」、スープは「熱」で注文。
すっごく食べ応えがあるなぁと思ったら、「ひや肉うどん」は、並で500gだった(^^;)。
かき揚げも頼んだので、恐ろしいほどのボリューム感。
かき揚げの、ドンブリと同じくらいの高さにも注目!
晩御飯がほとんどいらなかったくらい、後々まで満腹感が残りました。

醤油の味が強めのスープが、太い麺によくあって美味しい(〃∇〃)♪
豚肉や野菜の旨味、豚の脂身の甘さなども、しっかり感じられます♪

かき揚げはサックサック。
パラパラと崩れるほど、サックサク♪
玉ねぎの甘さも美味しい♪
ただ、ちょっと油っぽいので、そういうのが苦手な人は注意。
私は、大好きです(〃∇〃)・・・・油・脂ラブ♪

c0014187_1203282.jpg
こちらが本家「肉汁うどん(中)」(830円)+。軽盛ご飯100円
つけ麺の、うどん版って感じ。

c0014187_1204746.jpg
「かけだしうどん(並)」530円+かき揚げ200円。

「うどん」と「薬味」だけのシンプルな組み合わせ。
これは、かき揚げを追加してますが、「肉汁うどん」や「かき揚げ」は、脂・油で重めなので、
そういうのが苦手な人にはこちらがお勧め♪

ということで、今回の「南哲」も、超満腹になって帰ってきました♪
満足O(*^▽^*)o~♪
うどんの「ラーメン 二郎」みたいだ←これは言い過ぎか??

肉汁うどんの南哲
住所:神奈川県相模原市中央区宮下2-9-15
電話:042-703-7585
営業時間:11:00~22:00(水曜定休・祝日の場合営業)

駐車場はお店の前に、8台分くらい。
[PR]

by tako-taku | 2014-06-21 02:09 | 食:神奈川(相模原近辺) | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/22240136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okazaki001 at 2014-06-21 03:23
家系でよく海苔をスープに浸してご飯を巻いて食べますけど、南哲のスープも合うかも知れませんね。うどんはらーめんと逆で茹でた後の重さで何グラムというものとばかり思っていましたが、ちょこさんのお腹がそこまで膨れたとは南哲では茹でる前のグラム数表示になっているのかもしれません。
Commented by tako-taku at 2014-06-22 01:23
okazaki001さん

うどんの量もそれなりに多かったですが、満腹の最大理由は、
かき揚げだと思うんですよね(^^;)。
かなり重いので。

でも、うどんで満腹になれるというお店は貴重ですよね(*^.^*)♪
Commented at 2014-06-22 12:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tako-taku at 2014-06-22 20:42
鍵コメさん

元々量があるので「本日の糧」を頼んじゃうと、食べきれなくなりそうですよね。
「本日の糧」、美味しそうで、とっても引かれましたが、
そういう理由で今回は頼みませんでした。

それプラス天ぷら系をつけちゃったとは、確かに食べきれませんね(^^;)。

うんうん、でも、豚肉の脂の甘さとか堪能できるし、
満足度は高いですよね(〃∇〃)♪

<< 相模原「アリオ橋本」:「デザイ... 多摩境:「オフハウス・ハードオ... >>