相模原高田橋:「2013年泳げ鯉のぼり相模川」に行ってきました♪   

2013年 04月 30日

毎年GWに、高田橋で開催される相模原市のイベント「泳げ鯉のぼり相模川」。
1200匹の鯉のぼりが、大空を泳ぎます♪

今年も、初日に行って来ました♪←後半ほど混雑するので。
開催日時は2013年4月29日~5月5日。

また、5月3日・4日9時~16時には、同じ場所で神奈川県漁業協同組合などが主催で開催する
内水面祭り」(リンク先Pdf)(あゆの放流・魚のつかみどり-小学生以下-、
あゆの塩焼き体験他)も開催されます。

毎年、混むんですが、今年ももちろん渋滞。
国道129号線の上溝バイパス近辺から渋滞が始まり、
そこから開場到着まで30分~40分(混んでいなければ車で5分前後)。
駐車場は、高田橋のすぐ手前(相模原側)から土手の道を入ればいいので、
高田橋まで行けば、わかります(案内も出てるし)。
駐車場は河川敷で恐ろしいほど広いので、駐車できないってことは無いけど、
入庫するまでが大変。

駐車場は河川敷でもあるので、川の側では、BBQをしている家族連れも多かったです。

c0014187_0293642.jpg
たっくさんの鯉のぼりが泳ぐ姿は、壮観!!

c0014187_0332850.jpg
今年は風があって、すごく元気に泳いでました(*^.^*)♪

「鮎の放流」が14時30分から行われたようですが、時間までかなりあったので、やらずに退散。
子供が小さかったら待ったかと思いますが。
昔、子供が小さい頃は、待って参加しました。
バケツに入った鮎を川に放してあげるんですが、楽しかった♪

c0014187_0541232.jpg
屋台もいろいろ出てます♪

河原に下りる石段や、広い芝生(屋台の背面にある)で、屋台で買ったものを
食べている人がたくさんいました。
行った日は、気温もちょうどよく、外で飲食するのは、とても気持ちよかったです(〃∇〃)♪

c0014187_0352560.jpg
屋台の通路を抜けて奥に行くと、市の運営している(?)スペース。
画像は、触っていい鯉のぼり。

c0014187_036244.jpg
相模原市アンテナショップには、宇宙食販売コーナーも。
ロケットの形のボールペンなども売ってました。

c0014187_0364835.jpg
お昼、12時前でしたが、宇宙食は、かなり売れて残りも少なく、
その中から、「たこ焼き」(売ってたおじさんのお勧め!酒のツマミにも良いとか(笑))と、
「プリン」(各525円)を購入。
他に、エビグラタン・ストロベリーケーキ・バニラアイスなども売ってました。

ここのブースでは100円でホットコーヒー、50円で麦茶も買えます。




以下、屋台で買って食べたもの。

c0014187_04142100.jpg
「鶏皮餃子」500円。
4種類のタレの中から、一番のお勧めという「味噌だれ」で。
カリっと香ばしく焼かれた鶏皮と甘じょっぱい味噌の組み合わせは、とても美味しかったです♪
でも「餃子」って感じはあまりなかった。

c0014187_043175.jpg
「チーズと玉子焼きのフランクフルト」300円。
チーズ玉子焼きなしでも300円なので、ほとんどの人が、チーズ玉子焼き付きにしてました。

c0014187_044194.jpg
「焼きそば」400円。
買った直後、別のところで、目玉焼き付き400円という焼きそばを見つけて悲しかったけど、
味がしっかりついてて、肉が無くてもちゃんと美味しい、王道な「屋台の焼きそば」でした♪
たまに、味が薄かったりして、美味しくない焼きそばに当たってショックを受けるけど、
それがなかっただけでも、満足(*^.^*)←満足ライン低すぎ??

他にも焼き鳥とかチョコバナナとかいろいろ食べました。
屋台って、そこで買うってだけで、テンションあがりますよね~♪

c0014187_046146.jpg
BBQの匂いに誘われてか、屋台の食べ物に誘われてか、
頭上をトンビが大量に飛んでました(画像では一匹しか写せなかったけど)。

さて、ここの河川敷駐車場、入るのは、道が渋滞してて大変だけど、出るのは、
もっと大変な事が多い。
元々駐車場ではなく、ラインも無い単なる河川敷なので、順路なんて無く、
一箇所ある出口には、3方・4方からガチャガチャに合流し、全く動かなくなることも。
しかし、今回、出庫しようとしてすぐ、第二ルートの案内が出たので(入庫してくる車と同じ通路を
通って-交互通行になる-駐車場から出るルート)、そちらに行ったら、
なんと10分もかからず出ることができました\(^0^)/!!
道に出てしまえば、後はスイスイ♪

河川敷への車の出し入れが大変だけど、屋台も出てるし、ちょっとしたイベントもあるので、
家族で行ってみると楽しいかと思います(^^)。

2013年泳げ鯉のぼり相模川
場所:相模川高田橋上流(相模原市中央区水郷田名)

駐車場の感じはこちらの記事参照。
[PR]

by tako-taku | 2013-04-30 01:03 | 日記 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/19953514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by スパ at 2013-04-30 09:24 x
鯉のぼりが1200匹も大空を泳いでいると、本当に壮観ですね(^^)
川と新緑のコントラストも気持ちが良さそうですし、リフレッシュするにはもってこいの場所ですね♪
玉子焼きがのったフランクフルトも美味しそうですし(なかなか、他では見たことがないというほど、インパクトがありますね)いろんな屋台も出ていて、ゆっくりと楽しめそうです!
Commented by tako-taku at 2013-04-30 23:43
スパさん

これだけの数の鯉のぼりが泳いでいるのは、ほんとうに壮観です(*^.^*)♪
大きな川の側ってめったに行かないので、毎年この機会に、
川の流れを満喫してます♪
水切りが下手になってて、ショック受けましたが・・・老いが・・・(爆)。

玉子焼き、乗ってるんじゃなくて、まいてるんですよ~♪
注文すると、玉子焼きをチーズを乗せた状態で焼いて、
その上にフランクフルトを乗せて巻いてくれます。
これ、珍しいですよね(^^)。

2013年のGWがスタートしましたが、スパさんも、
奥様とどこかにお出かけされる予定があるかと思います♪
目一杯、楽しんできてくださいね(^-^)ノ。
Commented by ぽにょ at 2013-05-04 17:04 x
はじめまして。町田のレストランテの情報を検索していてこちらのサイトを知りました。

ちょこさんのおかげで、家族で内水面祭りに行きました。
娘2人が魚のつかみどりをして、とても楽しい思い出を作ることができました。ありがとうございます。

近所の食べ物屋さんの情報もたくさんあり、行ってみたいところがいろいろです。

さっそく、昼ご飯に「台湾料理 龍福園」に行き、ランチセットを食べました。ボリューム満点、唐揚げも美味しかったです。

ありがとうございました☆
Commented by スー at 2013-05-04 19:06 x
3日に息子と2人で行ってきました!
放流も宝探しも、つかみ取りまで堪能しましたよ~!

つかみ取りではどじょうを2匹GETした息子。
一度帰って洗面器に移し、さて水槽買いに行こうか~なんて言いながら洗面器を覗いたら、なんと洗面器が空っぽ!
えっなんで?なんで?と辺りを探したところ、一匹は排水の生ゴミの中から(最悪)、もう一匹は台所の窓枠?から…
ええ、2匹ともゴミにまみれて発見されましたよ。
ティッシュでくるんで埋葬しようとしたら生きててびっくりしましたが。

しかし駐車場はなるべく手前に停めた方がいいですね~^^;
ついずんずんと奥へ進んでしまい、帰りは40分くらい駐車場から出られませんでした。

ちなみにどじょうさんたちはその後も元気です。
Commented by tako-taku at 2013-05-04 23:32
ぽにょさん

はじめまして、嬉しいコメントありがとうございます(^^)。

魚のつかみどり、ぽにょさんの娘さん達が、とっても楽しんだようで、
私もとても嬉しいです(*^.^*)♪

おおっ、「台湾料理 龍福園」にも行かれたんですね!!
ここ、ボリューム満点!満点過ぎるほどなのがいいですよね(笑)。

またいつでも遊びに来てくださいね~(^-^)ノ。
Commented by tako-taku at 2013-05-04 23:36
スーさん

わおっ、スーさんのところも行ってきたんですね♪

それにしても、捕まえたどじょうの顛末、ゴミまみれって、想像して笑っちゃいました。
どじょうって思った以上にはねるので、無事生還しただけでも、
良かったっ!って感じでしょうか(笑)。
どじょうは、水から出ても、割りと長く生きてますしね♪
(埋葬直前まで行ってたというのにも受けました(笑))。

駐車場、我が家は逆に、手前に停めすぎて、歩くのが大変だったんですが、
言われてみれば、それもあって、出るのが楽だったのかも。

歩くのには目をつぶって、あまり奥には停めないのが正解かもですね♪

でも、息子さん、いろいろ楽しんだようで良かったです(*^.^*)。

<< 石屋製菓:「白いロールケーキ」... お部屋で小さなガーデニング「ぷ... >>