調布京王多摩川:「喫茶 みよし」のたい焼きを食べた♪レトロ感満点!   

2012年 10月 14日

ほとんどパンが買えなかった調布京王閣で行われたパンフェス
早々に諦めて撤収したけど、せっかく来たからと、京王多摩川駅近辺を散策することに。

10年くらい前までは、旦那のおじさんがこの駅のすぐ近くに住んでいて、
2回ほどだけど来たことがあります。
ただ、その時は、ほとんど駅周辺を散策する時間は無かったので、初めてといえば初めて。

で、これが昔のお店などがあちこちに残っていて、いい感じ(*^.^*)♪
最近読んだ、レトロ過ぎて怪しげなお店などを訪問したことを描いたコミックエッセイ
謎のあの店」(リンク先感想)で、古いお店の良さをじみじみ感じてたし。
昼食をとるのに入った「お食事 三上」(リンク先感想)も、懐かしい定食屋さんの雰囲気満点でした。

c0014187_19414028.jpg
うわー、駅の真ん前にまだこんなお店が残ってるんだO(*^▽^*)o~♪!
と撮った「喫茶 みよし」。
c0014187_19434343.jpg
喫茶店かと思ったら、おばあちゃんが「たい焼き」「焼きそば」などを
作って売っている(店内で食べることも可)お店でした。

店内を外から遠巻きに見ていたら、たい焼きを焼くおばあちゃんと目が。
すると「ニコッ」って、それはもう暖かい笑顔で会釈されてしまった。
もう、これは買うしかないですよね~(*^.^*)!

c0014187_19435411.jpg
「たい焼き」130円。
色が薄めの薄皮たい焼きだったのは予想外。
生地は薄めで少し柔らかめ。
そして甘さ控えめで、ほーんのり塩気があるあんこが旨~い!!

こんな暖かい雰囲気の、美味しいたい焼き屋さんがあったら、常連さんになっちゃいそう。
たい焼きの美味しさだけじゃなく、昔ながらのお店の良さを感じた一コマ(*^.^*)。

c0014187_19571474.jpg
こちらは同じく京王多摩川駅すぐ近くにあった正統派昔の軽食・喫茶「フレンド」。
入口付近に、ジャンプなどの雑誌が置いてあるのが見えて、懐かしさ満点!
昔の喫茶店ってこんな感じだったなーと、しみじみしちゃいました。

そうかと思うと、ちょっとおしゃれな「ごはん Bar SHIEN」や、
予約が取りにくいほど人気の、手ぶらでBBQができるスポット「BBQ Village」、
京王フローラルガーデンアンジュ」などもあり、新旧一体になっている街並みで面白かったです(*^.^*)。

京王多摩川駅は、砂利運搬などの利用駅として歴史は大正時代からあるらしいけど、
それでも、昔はかなり寂れていたらしく、調布のおじさんは、「自分が家を建てた頃は、
周りは田畑ばかりで、こんな辺鄙なところに何でって、散々言われたよ」と言ってました。
その後競輪場「京王閣」や先の駅「京王よみうりランド駅」などができ、
途中駅になってから開発が進んだよう。
相模原市の橋本駅も明治時代からある古い駅だけど、京王相模線が通って新宿直通、
それも始発駅になってから、「便利な場所」と周囲の認識がものすっごく変わったらしい。
電車の影響って大きいんですね。
[PR]

by tako-taku | 2012-10-14 18:22 | 食:多摩地区 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/18504052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 多摩聖蹟桜ヶ丘:「Cafe食房... 調布京王多摩川:「お食事 三上... >>