多摩センター:「ラーメン春樹」の濃厚豚骨魚介つけ麺を食べた♪   

2012年 09月 12日

多摩センター駅側、カリヨン館7Fに、2012年8月9日オープンした
超濃厚魚介とんこつつけ麺・横浜家系豚骨ラーメンの店「ラーメン春樹」に行ってきました♪

c0014187_19251258.jpg
カリヨン館の中にあるだけあって、「ラーメン屋」さんとしては、上品(?)な店構え。

c0014187_1926077.jpg
店内もテーブル席がメインで、衝立てっぽい仕切りがあったりと、
女性や家族連れなどでも入りやすい雰囲気。
壁には、注文方法などが大きく記載してあります。

c0014187_19262039.jpg
カウンター席は数席ほど。

「春樹」という名前なので、中華というより「日本のラーメン屋さん」かと思って行ったけど、
ウェイトレスさんは中国人。
調べてみたら、ラーメン春樹は、他のお店でも、従業員が中国人らしいです。
でも、接客は丁寧でニコやかでした(^^)。

c0014187_19273583.jpg
つけ麺は780円~。
900g(茹で上がりの重さらしい)まで無料増量できるとのこと。

c0014187_19293287.jpg
豚骨ラーメンは690円~。
2玉まで増量無料。

メニューは「カリヨン館」のサイトでも見られます。

c0014187_19294111.jpg
「濃厚豚骨魚介つけ麺」普通盛り350g、780円。
メンマ、ネギ、ゆず皮、煮玉子、ノリ、チャーシューなどは別皿で来ます。
つけ汁はお代わり自由。

つけ汁は、ものすっごくドロドロしてます。
最初、麺につけて食べると、塩気が強いと感じましたが、食べ進むとそうでもなくなります。
汁はしょっぱいけど、ドロドロ部分が多いので、最初の「汁気」が多い時は、
汁の味が勝ってしょっぱ目、後半は、ドロドロの部分が中心になってまろやかになる・・って印象。
ドロドロしていて麺への絡みが良いので、350gの麺を食べ切った時点で、
ほぼスープも無くなってました。
ただ、ドロドロしている割に、あまりしつこくなく、全体的にあっさりした印象でした。

麺は、かなりの太麺(うどんみたい)で、歯ごたえしっかりで好み。
チャーシューは、最近には珍しくしっかりした食感で、炙ってあるのか、焦げの香りがいい感じ♪
ゆず皮が良かったので、もうちょっと量が欲しかった。

味の感想は、しょっぱさと脂のまろやかさとの合間に、旨味とかがたまーーに顔を出すけど、
堪能する前に消えてしまう・・という感じで、普通よりは美味しいかなー、中の上って感じ。
近隣では堀之内の「虎空」(リンク先感想)の方が断然美味しかったけど、
普段使いならここもいいかなって感じでした。

ラーメン春樹 多摩センターカリヨン館店
住所:東京都多摩市落合1丁目39-1 カリヨン館7階
電話:042-339-0025
営業時間:11:00~23:00
[PR]

by tako-taku | 2012-09-12 00:13 | 食:多摩地区 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/18363149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 葉月 at 2012-09-12 22:42 x
子供と分けて食べているので、麺の大盛り、具が別に来るのは嬉しいですね。
つけ汁は、三田製麺所みたいな感じでしょうか。
三田、ぐりーんうぉーくの三ツ矢、らーめん春樹でしたら、
一番どこが好きですか?良かったら教えてください^^
Commented by tako-taku at 2012-09-12 23:11
葉月さん

うーん、ちょっと悩みましたが、三田、三ツ矢、春樹だと、
三ツ矢が一番好みかな?
マイルドだけど最後まで飽きない味で、柚子の風味が美味しく良かったです。

三田と春樹は、三田で辛いつけ麺を頼んでしまったので、
春樹との比較が難しいです。
どちらもドロドロですが、春樹の方がドロドロ感が強かった気が。
天下一品っぽいドロドロさというか。
こってり濃い味の三田と、ドロドロスープだけどあっさり感がある春樹、
敢えて選ぶなら三田の方が好みかな???
でも、僅差です。

別皿、私は、入れるの面倒だったので、最初から入れちゃってもと思ったんですが、
お子さんと分けたりする時には便利なんですね(*^.^*)。

<< 日本食研:「激辛道場 焼肉のた... スターバックスが野猿街道(最寄... >>