町田小山相原・相模原橋本:境川に洗剤・・・・魚がいなくなってた(T_T)   

2012年 07月 22日

つい先日、2012年7月16日正午過ぎ、町田市小山・相原と相模原市橋本の境を流れる「境川」近辺に、
大量の泡が流れ、魚が浮いていたというのをネットで読みました。

町田市の産廃業者が誤って洗剤を流したことが原因らしい。
詳細は、「境川」に高濃度中性洗剤が流出し、魚が大量死(まとめ記事)や
神奈川県相模原の境川 廃棄物業者の中性洗剤が流入」(産経ニュース)などで。

洗剤が流入した場所は、境川と国道16号線がぶつかる両国橋付近(ガスト橋本店の近く)。
その近辺はいつも、境川沿いを歩いていて、鯉やアブラハヤなどが泳いでいるのを見かけました。

今日歩いてみたら、見かけたのは、鯉が3匹のみ・・・・。

c0014187_17225687.jpg
足音が聞こえると寄ってくるのか、鯉が10匹以上見られた場所なのに、ここでは1匹(ちゃんと写ってませんが)。
両国橋の近くで、たくさんの鯉の他、カメなどもいた場所で2匹。
アブラハヤなども、両国橋から、下流域のある程度の距離では死滅しちゃったのでしょう。

ミスは誰にでもあるけれど、失われた命は返って来ません。
もう、こういうことが無いことを祈らずにはいられませんでした(>_<)。
[PR]

by tako-taku | 2012-07-22 17:26 | ペット・生き物・自然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/18255646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 相模原駅:「敦煌酒楼」の宅配を... 花は花であるだけで美しい >>