八王子松木:「手打ち蕎麦 古譚(こたん)」のランチを食べた♪   

2012年 07月 31日

八王子松木(最寄り駅京王堀之内、長池公園、コルトーナなどの近く)にある、「手打ち蕎麦 古譚」。

かなり前、みみぞうさんのブログ「アナクロメディア」で、天ぷらがどっちゃり乗ってる
ここの「冷やし揚げ桜海老そば」を見て以来気になってたお店。
ただ、私、蕎麦はあまり興味が無いので、なかなか足が向かないでいました。
頻繁にお店の前は通っていたんですが。

でも、天ぷら食べたさに、行ってみました。

c0014187_21123960.jpg
小さなお店で、隠れ家のような雰囲気
(画像だと奥まった場所のような感じですが、割りと広い道路に面しています)。

c0014187_21125114.jpg
店内も、しっとり落ち着いた和風の佇まい。
公式HPを見ると、器やランプなどインテリアにも凝っているよう。
店内は4人掛けテーブル4つと、2人掛けテーブル1つ。

「冷やし揚げ桜海老そば」1300円を頼もうかすっごく悩んだけど、
「蕎麦料理・玉子焼き」が付く平日のみのセットがお得だったので、「天ぷらセット」1500円に。
(メニューは、この記事の最後、もしくは公式サイトで見られます)。

c0014187_21185069.jpg
「玉子焼き」と「ゴマの蕎麦豆腐」(蕎麦料理は日によって違い、
蕎麦がき、揚げ蕎麦がきあんかけetc・・などがあるようです)

玉子焼きは、ほんのりしたしょっぱさと甘さで、卵の味も感じられます。
でも、「上品」な味というより、どこか庶民的な味わい。
美味しかったです♪

「蕎麦豆腐」の方は、ゴマの風味が強く、本体は味があまりせず、タレで食べるような感じでいまいち。

c0014187_21212230.jpg
海老、舞茸、ししとう、ナス、カボチャの天ぷらでした。
衣は薄付きでサクっと軽~い歯ごたえ。
でも、油にごま油か何かを使っているのか、衣の味自体は、少し軽めという感じ。
薄付きの衣のおかげで、塩で食べても美味しい♪
海老がプリップリだったのと、カボチャが甘く揚がっていたのが特に好み(*^.^*)!
とても美味しかった!!

c0014187_21232732.jpg
「せいろ」。
ここは、100円増しで十割蕎麦にもできるんですが、変えずに二八蕎麦で。
第一印象は「細い!」でした。
ツルツルと喉越しの良い蕎麦で、腰もしっかり。
蕎麦の香りはあまりわからず、上品なお蕎麦という感じ。
汁は、出汁の風味がしっかりとした辛め(しょっぱ目)の味。
私は、もう少し甘さがあった方が好み←これは完全に好みの問題。
でも、そば湯を入れて飲んだら、とても美味しかったです♪

c0014187_21325962.jpg
「そば茶アイス」セットを頼むと100円。
以前長野で食べた、そばのソフトクリームが美味しかったので、頼んでみました。
蕎麦茶が香ばしてく、とても美味しかったです(*^.^*)当たり!

で、トータルの感想は、天ぷらと玉子焼きと、そば茶アイスはとても美味しかったけど、
お蕎麦は普通に美味しい。
いやー、やっぱり蕎麦はわかりません(^^;)。
評判が良いらしいので、蕎麦が好きな人にはこの良さがわかるんじゃないかと思うんですが、私の場合、

c0014187_21275139.jpg
このグラフにも書いた通り、そして今回もそうなんですが、
「天ぷらが食べたくて蕎麦を食べる」という、蕎麦好きから見れば、超邪道な存在なので(^^;)。

ということで、蕎麦好きを自認している方は、自分で行ってその良さを確認して下さい(^-^)ノ。
後、お店は小さいですが、注文を受けてから作るからか、混んでいなくてもかなり待ちます。
時間に余裕を見て行ったほうがいいかと。

古譚(こたん) (古潭-アイヌの集落-じゃなく、ゴンベンの譚-話とか物語の譚-です)
住所:東京都八王子市別所1-25-8
電話:042-674-5677
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)←昼しかやってないので注意!
夕方からの営業は、コースのみで要予約
定休日:金曜・第二・第四火曜

駐車場は、お店のすぐ近くの信号脇の駐車場に2台(11番・15番)(4月1日から変更したよう)。
場所が車じゃないと厳しい場所なのに、2台分しかないので、停められない事も。
私も、寄ろうかな?と思ったのに、停められず諦めた事が。



c0014187_21443794.jpg
「冷やし揚げ桜海老そば」にまだ未練がある・・・・。

c0014187_21444844.jpg
駐車場案内。

c0014187_21444475.jpg
2012年8月の土曜は夕方(17時~20時LO19時30分)も営業するよう。
[PR]

by tako-taku | 2012-07-31 00:50 | 食:多摩地区 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/18214528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okazaki001 at 2012-07-31 10:13
僕は粗挽きの生粉打ち、つまりは十割でザラつきのある細切りが
技術の高さが感じられ好きなんですが、
蕎麦よりも天ぷらが食べたくて天せいろを頼むだなんて
蕎麦好きからすれば何か違っていて面白いですね(笑)。
Commented by ちょこ at 2012-07-31 20:33 x
okazaki001さん

蕎麦打ちは、つなぎが入っていても、パンやうどん、
パスタなんかと比べると格段に難しいですもんね。
最初の1分にも満たない工程で結果が決まるし、それを越えても、
まだまだ越えなければいけない難所があるので、
蕎麦打ちを極めようとはまる退職後のおじさんが多いのもわかります(^^;)。
パンとかは、途中多少失敗しても、どうにか食べられるものができるけど、
蕎麦は形にならないし、時間との勝負だし、失敗した時、どうにもならなくなるし←ある程度つなぎ入れても。
とまぁ、つなぎなし10割蕎麦の、難しさ、技術の高さはわかるんですが、
10割蕎麦と二八とか三七蕎麦を食べ比べると、
三七とかの方が馴染みのある味で好きなことが多いです(^^;)。
でも、ここは10割蕎麦の評判が高いので、やっぱり10割にチャレンジすればよかったかなーーとも思いました。
okazakiさんは、もし行かれたら10割蕎麦、もしくは両方楽しめるのにチャレンジしてみて下さい♪
Commented by okazaki001 at 2012-08-01 21:23
お、ちょこさんは蕎麦ひとつとってみてもよくご存知ですね。勉強になります。時間との勝負とはどういうことですか。
Commented by tako-taku at 2012-08-01 22:03
okazaki001さん

蕎麦は、最初に粉と水を混ぜる時点で、コツが必要で、混ぜ方も難しく、ここですでに勝負が決まるんです。
最初がダメだと、もう失敗。
そして、その後も、乾燥との勝負なんですよ。
薄く伸ばして行く作業も、少しモタモタしてただけで、乾燥しちゃって生地が割れちゃう・切れちゃうし、
とにかく、手際よく、どんどん進めないと、「麺」の形になってくれないんです(^^;)。
でも、生地を伸ばす作業なんて、元々生地が弱いので、
本気で難しくて、自力でできるようになるには、
かなり練習しないとダメだろうなーって感じでした。
ということで、蕎麦はどの工程も難しいです(^^;)。

<< 相模原橋本:「マックスバリュ東... 町田多摩境:「ファミマ 町田多... >>