柏葉紫陽花(かしわばあじさい)♪   

2012年 06月 15日

梅雨の季節の花といえば紫陽花。
花の色は、土壌のPH、アルミニウムイオン量などに左右され、咲いた後も、色が徐々に変化する花。
花びらに見えるのは、花じゃなくて、「萼(がく)」(理科で習ったね!)というのも珍しい。

普通は楕円の形に花がまとまってるけど、ちょっと変わった形の紫陽花もあります。
c0014187_23465146.jpg
これは円錐形の形をした「柏葉紫陽花(かしわばあじさい)」。
葉っぱがカシワの葉の形に似ているのが名前の由来で、真っ白い花をつけます。

全然知らなかったんだけど、教えて貰って以来、思ったよりもあちこちにあることに気がついた。
ちょっとした事でも、知らないと気が付かないものですね~。

真っ白い花はキレイで、見かけるとちょっと嬉しくなります(*^.^*)。
[PR]

by tako-taku | 2012-06-15 00:04 | ペット・生き物・自然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/18103136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ポンパドウル:「横須賀海軍カレ... 八王子堀之内:「虎空」のつけ麺... >>