川崎:「藤子・F・不二雄ミュージアム」に行って来た♪   

2012年 03月 27日

川崎市に昨年オープンした「藤子・F・不二雄ミュージアム」。
春休みになったら行こうと昨年から決心していたのをやっと実行!

チケットは完全予約前売り制で、ローソンでしか買えません。
大人1000円、高・中700円、小~4歳500円、3歳以下無料。
10時・12時・14時・16時の1日4回の入場時間があり、買ったチケットの入場時間に入ります
(ジブリと一緒)。

最寄り駅は「登戸」(バス・大人200円-ドラえもんのバスです)、
「向ヶ丘遊園」徒歩16分、「宿河原駅」徒歩15分。

「向ヶ丘遊園」から生田緑地のばら園に向かう遊歩道「ばら園アクセスロード」を通って行く事に。
しかし、現在薔薇の季節ではなく、刈りこまれた薔薇の枝が並ぶばかり。
薔薇の時期に通ったら、すごくキレイでそちらも楽しめそう。

また、「向ヶ丘遊園駅」から、「藤子ミュージアム」までの間には、
藤子キャラの銅像などが時々あって楽しめました(*^.^*)。

c0014187_2147331.jpg
駅のパスモのマシンもドラえもん。
ドラえもんな事より、多摩境駅のパスモチャージマシンが、「超遅い」
「お札を一枚ずつしか入れられない」「お釣りもお札が一枚ずつ出てくる」のに比べ、
超超超早くて、お釣りのお札もまとめて出てくる事に感動した(^^;)。
新型なのか??
ドラえもんパスモだから特別なのか?
3倍どころの差じゃないぞ。

c0014187_21492258.jpg
向ヶ丘遊園駅前にあるドラえもん。

c0014187_21493685.jpg
アクセスロードにあるオバQ♪
O次郎も一緒なのが嬉しい(*^.^*)(オバQとO次郎の姿形好きなんです)。
それに、この像のQちゃんとO次郎は、むちゃくちゃ可愛い!

c0014187_21495766.jpg
パーマン。
他にもいくつかありました。

c0014187_21501213.jpg
橋の欄干にもドラえもん。
アクセスロードの柵にも、ドラえもんのシルエットが。
と、行く途中途中で楽しめました♪

藤子ミュージアムと関係無いけど、ミュージアムに向かうアクセスロードの途中、
クリーニング屋さんの隣に、古い古い駄菓子屋さんがありました。
そこにある自販機でジュースを買ってたら、店の前にある台を差して、
「座って飲んでって」とすすめてくれたお店のおばあさん。
もう、最近では全然見なくなった、純粋な(チェーン店ではない)駄菓子屋さんです。
「全然儲けがないけど、やりたくてやってるのよ」と、にこやかに話してくれたおばあさん。
私がジュースを飲んでた数分の内にも、小さなお子さんを連れた近所の方が来ていて、
近所の方にも愛されているようです(^^)。
こういうお店が残ってるっていいですね~♪

c0014187_21574598.jpg
向ヶ丘遊園駅から徒歩12~13分で、「藤子・F・不二雄ミュージアム」に到着。
30分前に着いたけど、すでに行列。
しかし、これぐらいの時間に着いていて正解だったかも。
入場15分前から、30名ずつ(もっと入れてた気がするけど)中に入って、
「展示室は撮影不可」「音声ガイドの借り方」他注意事項などの説明を5分ほど受け、
案内の音声が流れるガイドを借り(無料で必ず借りるみたい)入館。
私は2回目の説明の時に入れたので、まだ「原画の展示場」(基本は最初そこから見る)が
混む前に少しは見て回れました(どんどん人が入館してくるので、時間が経つほど混む)。
できれば、一回目の説明で入りたかったけど。




一応、順路があり、最初は「原画が展示」されているコーナーに。
でも、カフェに行くつもりなら、この行動は失敗!
まず、最初にカフェに行って予約するべきでした!
入館してすぐ3Fに上がってた人がいたけど、カフェの予約の為だったみたい。
ちんたら、いろいろなところを見た後、多少は待つだろうけど・・・とカフェに行ったら、
140組以上の待ち(゚ロ゚;)。
待ち時間160分・・・・2時間40分ですぜΣ( ̄ロ ̄lll)!!
呼ばれた時にいないとキャンセル扱いになり、キャンセルになってる人も多かったけど、
それでも140組以上の待ちの前には、焼け石に水状態(-_-;)。
カフェは諦めました・・・・・。

「原画展示コーナー」は、カラー原稿、作品の一話目、異色のSF作品などの原画展示や、
3Dで説明されるまんが原稿の書き方などが。
直筆のセリフや、生々しいホワイトの後などが見られたのは良かった。
ただ、作品数が多い為、広く浅くだったので、もうちょっとマニアックな情報が多くても・・とも思った。
「ジャングル黒べえ」の原画のコーナーでガイドを聞くと、懐かしい「ジャングル黒べえ」のOPが
聞けたのは、嬉しかった(*^.^*)。
でも、この作品が何故問題視されたのか・・などの説明は無かった。
他にも「ドラえもん」の不思議道具の元になった、初期作品「てぶくろてっちゃん」「すすめロボケット」
などの展示も。

中途半端にマイナーな「バケルくん」好きなんですが、これの展示が少しあった♪
後、キャラクターは知ってるけど、内容をよく知らなかった「ウメ星デンカ」の1話が展示されてて、
こんな話だったのか~!と驚いた。

藤子不二雄氏の生涯を紹介したコーナーもあったけど、藤子不二雄については、
最低限は知ってるし、すごくファンってわけでもないので、細かいことは知らなくてもいいなーって
感で、サーッと見て終わってしまった(作業机とその周辺の再現は面白かった)。

c0014187_23465295.jpg
「原画展示コーナー」は1Fと2Fにあり、2Fの展示コーナーから出られる休憩スペースには噂の
「きれいなジャイアン」が!

c0014187_2348899.jpg
画像だと伝わらないけど、「小さな泉」からきれいなジャイアンが出てくる様が変で、笑えます。
かなり楽しみました♪

c0014187_23515667.jpg
展示コーナーが終わると、「みんなの広場」に。
ドラえもんの形をした「ガチャガチャ」がありました。
1回200円で、5種類の藤子キャラのどれかが出てきます。
「みんなの広場」は、「知育コーナー」で、置いてあるのは基本幼児向け。

その隣には、「まんがコーナー」があり、藤子不二雄のコミックが大量に。
自由に読むことができて、ここで一番長く過ごしたかも(^^;)マンガ喫茶状態。
小学生は、ここにいる子が多かったです。

c0014187_23543238.jpg
屋上には広場があり、3箇所の記念撮影ポイントが。
ここは、「ドラえもんと土管」。
体を動かして遊べる場所が他に無い為、子供達が大はしゃぎしてました。

c0014187_23562095.jpg
「どこでもドア」。
ちょっと待てば撮影できたけど、次々に人が来るので、のんびり堪能とはいかず。

c0014187_2357151.jpg
「ピー助とのびた太」。

また、「藤子・F・不二雄ミュージアム」だけで見られる10分ほどのショートムービも見ました。
「パーマン」と「ドラえもん」のコラボで、内容は完全に小学生以下向けでしたが、
別の意味で「うひゃぁw(゚o゚)w!!」と楽しめました♪
「子供向けだからいいやー」と思わず、10分ほどなので、見てみて下さい♪

飲食スペースは、「ミュージアムカフェ」と「テイクアウトコーナー」の2ヶ所。

c0014187_23584225.jpg
140組の待ちに、白旗をあげ、入れなかったカフェのメニュー。
「フレンチトースト de アンキパン」900円が食べたかったんですが(^^;)。

c0014187_23595823.jpg
「テイクアウトコーナー」のメニュー。
こちらは、思ったより空いていて、ほとんど並ばずに買うことができました。
カフェテリア風の飲食スペースも空きがあったし。

c0014187_04441.jpg
こちらは「どら焼き」「メロンパン」などが売ってるコーナーのメニュー。
お土産物販売に近いのに(ミュージアムショップとは別)、すっごく並んでました。
人が多いというより、進みが遅い。
傍目で見てた感じでは、人手が足りてなかったのと、手際が少し悪かったせいな気が。

c0014187_023667.jpg
「テイクアウトコーナー」で買った「コロ助コロッケ」130円と、「タイムホールとタイムトリモチ」350円。
「コロ助コロッケ」は、コロ助の刻印がある普通のポテトオンリーのコロッケ。
「タイムホールとタイムトリモチ」は、オニオンリング+つくねの中に餅が入ったものでした。
コロッケは普通に美味しい。
タイムトリモチは、つくねの表面がカリっとしてて、予想より美味しかった♪
中の餅は無くても良かったけど、キャラものですから(^^;)。
オニオンリングはイマイチ。

c0014187_025870.jpg
「ドラミちゃんのメロンパン」300円、「ドラえもんのどら焼き」200円、
「ゴンスケのスイートポテト」180円、「アンキパンラスク」120円。

「メロンパン」は、大ぶりで中のメロンクリームも多く美味しい♪
「どら焼き」は、あんこが少なめだったけど、生地が手焼きっぽくていい感じ♪
「アンキパンラスク」は、サクっと軽い歯ごたえ♪
「スイートポテト」はしっとりして甘め。

どれも、割高感がすごいですが、
ナンジャタウンのキャラもの食べ物は「割高+美味しくない」ものがあったのに比べれば、
どれも基本レベルの味は保っているので、OK!って感じです。

c0014187_011362.jpg
「ゴンスケのスイートポテト」を包んでいた紙は、
ちゃんと新聞になってます♪

c0014187_0191911.jpg
トイレの案内は、しずかちゃんとのびたくんのシルエットなのですが、
一番トイレに近い場所のシルエットだけ「もれそう」状態に(笑)。

c0014187_018378.jpg
これはトイレのフックにいたU子さん。

c0014187_0214075.jpg
ミュージアムショップには、藤子キャラグッズがたっくさん。
オバQのフィギュアが可愛くて欲しかった~!
手ぬぐいも、オバQのがむちゃくちゃ可愛かったんだけど、使わないなーと買わず。
ミニハンドタオルがあれば買ったんだけど、オバQのミニハンドタオルは無かった・・・。
でも、オバQのクリアファイル(262円)とメモ帳(367円)、
キャラクター勢ぞろいのメモ帳(367円)などを買いました♪

c0014187_0552273.jpg
オバQクリアファイル♪
右側は、お土産用の袋。
袋もキャラクター勢ぞろいでいい感じ♪

c0014187_0563451.jpg
メモ帳2種類。
オバQの手ぬぐいの柄は、このメモ帳と同じなのですが、単色ですごくいい感じだったのです。
キャラクター勢ぞろいのメモ帳は、ここならではだし、中も可愛かったので購入
(オバQの中も可愛いです♪)

c0014187_024666.jpg
「キレイなジャイアン」のちょっと大きめのフィギュア(5040円)も売ってた。
これって、見たら笑えるけど、飾りたく無いし、お土産で貰ったとしても困るだろうし・・・
使いどころが難しい土産な気が(^^;)。

c0014187_023415.jpg
「人形焼」(735円くらいだったらしい?)を購入。

c0014187_0253164.jpg
中身。
もうちょっと、くっきりしてると良かったんだけど・・・・。
右下のコロ助が、手を上げたドラえもんに見えました(^^;)。
味は、カスタードクリームがちょっと多めの普通の人形焼き。

c0014187_0262721.jpg
こちらは「ジャイアンのCD」を模したチョコレート(682円)。
すごく売れてたようです。

ということで、行きたかった「藤子・F・不二雄ミュージアム」。
大人向けの要素2割、子供向けの要素8割、どちらも中途半端かなーと思ったけど、
それでも充分楽しめました(*^.^*)。
ただ、一度行けばそれでいいかなーって感じも。
どれもあっさりなので。
建物の構造が、普通の無機質な博物館っぽくて、「ジブリ美術館」のように、
ジブリの世界に入り込んだ感が無かったのが残念。

でも、藤子キャラが好きなお子さんを連れていけば喜ぶと思います(^^)。
[PR]

by tako-taku | 2012-03-27 01:02 | 日記 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/17712194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by スカイ at 2013-07-06 22:16 x
きれいなジャイアン欲しい
Commented by tako-taku at 2013-07-07 01:31
スカイさん

きれいなジャイアンいいですよね~(笑)。
でも、部屋に飾る勇気がなかなか(^^;)。

<< 静岡県伊豆:「江間いちご狩りセ... 金星・三日月・木星が一列に!今... >>