巣立ったばかりのツバメかな?-ツバメの思い出♪   

2011年 07月 30日

c0014187_20375718.jpg

南大沢、フォレストモールで撮影したツバメ。
どうも巣立ったぱかりで飛ぶのが下手らしい。
どうにか留まれる場所を見つけた後、動けなくなってるっぽかった(^^;)頑張れっ!

もう、ほとんどのコツバメが巣立ったかと思ってたら、まだチーチーと餌を貰ってて、
巣立ちまでもうちょっとかかりそうなツバメの巣を見かけたりも。

ツバメを見ると思い出すのが、学生時代の事。
巣から落ちてたツバメを育てた・・・いや育てるのを手伝ったことがあります。

雨風が強く嵐みたいな夜、友人のカレH君が、コツバメを拾ってきた。
巣ごと落ちて、他のヒナは死んでたけど、一匹だけ生き残ってたらしい。
H君、自分のアパートではなく、友人のアパートにツバメを連れてきた。

恐怖と衰弱から、ほとんど動かず、餌をあげようとしても、口すらあけず・・・。
このまま、餌も食べず死んじゃうんだろうな、と思ってた。

ところが、H君、かなりこの手のことに詳しく、「こういう時は、無理にでも食べさせないとダメなんだ」
と、指で器用にくちばしを開けさせて、餌を飲み込ませてた。

すると、翌日ぐらいには、そのコツバメ、餌を食べようと、自分で口を開けるように\(^0^)/!
名前は、幸運にも一匹だけ助かったから「ラッキー」(友人命名)。

まだまだ小さなヒナだったので、数時間置きには餌をあげなくてはいけない。
基本は、友人とH君。
でも、二人ができない時は、私を含め2~3人がツバメに餌をあげるため、
鍵をかける習慣が無かった友人宅に勝手に上がりこんで、餌をあげてた。

当時、携帯電話なんかなかったし、アパートに電話を持ってる人もほとんどいなかった。
なので、餌を頼む時は、必死で探して見つけるか、伝言ゲームのように、
共通の知人から知人へ・・・という感じで、伝えられた。
この友人とは学部が違ったので、授業で会うことはほとんど無かったし。
今考えると、すごく原始的(^^;)。
でも、当時はそれでどうにかなったんですよね。
連絡方法が直接会って伝えるがメインだった為か、行動範囲、行動パターンも、
お互いある程度は把握してたし。

ちなみに基本の餌は、ミールワームという、2cmくらいの細長い茶色い芋虫。

最初の頃は、元気が良すぎるとうまく飲み込めないので、頭をピンセットで潰してあげてました。
友人宅で、一人、ミールワームの頭を潰し、餌をあげる自分・・・・今想像すると寒いかも(^^;)。
餌やり伝言が他の人にも伝えられブッキング、主のいない部屋で、
何人かでそのままゴロゴロしてたこともよくあったけど。

「お茶漬けの素とごはんがあるから、餌をあげた後、食べてっていいよ」と友人に言われ、
友人宅で一人お茶漬け♪
ところが、お茶漬けの中に入っている細長い茶色いアラレが、
大きさも見た目もミールワームそっくり
で、もしかして、逃げたワームが混じってたりしないかな(T_T)??(たまに逃げ出してた)、
と、食べてて、超不安な気持ちになったことも。

コツバメラッキー君は、友人とH君の頑張りのおかげで順調に回復し、
部屋の中を飛び回るまでに(^^)。
飛ぶ練習の最中は、ちょっと長く飛べると、友人たちと大盛り上がりで応援♪
でも野生の血なのか、人馴れはしませんでした。
餌を貰う時だけ、近付いてくる←それもまた可愛い♪

ツバメは、夏鳥。
渡りの季節が近づいてそろそろ自然に返してあげないと・・と考えだした頃、事件が!!

最初は友人宅の部屋の隅。
ミールワームが歩いてた。
布団を敷いたら、布団の上にミールワーム。
冷蔵庫に入れて冬眠状態のはずのミールワームが、友人の部屋のあちこちに出没。
極めつけは、スーパーのレジで友人が財布を開けたら、
財布の中からミールワームがこんにちはヽ(lll゚Д゚)ノ。

何が起きてるんだ!!
と友人と騒いでいたら、その原因はあっけなく判明。

H君が「巣立ちの前に練習だ!」と、部屋中にミールワームをばらまいて、
ラッキー君に、餌を自力で採る練習をさせたあげく(上手くいかなかったらしい)、
ばらまいたミールワームを回収しきれなかったのが原因(-_-;)彼女の家とはいえ、人の家でやるな!

そんなこんなあったけど、ラッキーくんは自然に返って行きました。
ちゃんと南に渡れたかな?翌年日本に戻ってきたかな?
それは永遠にわからないことだけど、ラッキーくんの子孫が、
日本のどこかで巣を作ってたらいいなーとツバメを見る度思います。
[PR]

by tako-taku | 2011-07-30 00:17 | ペット・生き物・自然 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/16661279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mieti_3 at 2011-07-30 15:36
こんにちは・・・。
ちょこさん・・・
父もその燕を撮っていました!!
驚いたぁー☆

うちにもラッキーが来ないかな(*^_^*)
Commented by ちょこ at 2011-07-30 18:26 x
mieti_3さん

わー!!
mietiさんのブログ見てきましたが、
ほんと、同じ場所ですね~\(◎o◎)/!!
同じくびっくり!!!

この看板の近くに巣があったので、そこのツバメさんじゃないかと。
こういう事ってあるのですね~(*^.^*)。

こんな嬉しい偶然があると、このあとラッキー君も来そうな感じです♪

<< ガリガリ君の梨が美味い~V(≧... 町田多摩境:「チクテベーカリー... >>