種から育てたサボテン6年目の大きさと、源平枝垂れ桃   

2011年 04月 03日

植物ネタ2つ。

6年前、学研科学の付録としてついてきたサボテンの種をまいた

何個かまいた気がするけど、ちゃんと育ったのは一つ。

c0014187_131136.jpg

6年目でこの大きさ!
サボテンって育つのが遅いとは聞いていたけど、ほんと遅いです(^^;)。
あまり・・というか全く手をかけていないので(たまに水をあげる程度)そのせいかな?

変に斜めを向いて育っていたのを、少し前に直しました。
トゲトゲなので、サボテン本体を割り箸を使ってつまんで・・・とかなり大変でした。

こちらは三島で見かけた桃の花。

c0014187_13204662.jpg

濃いピンクと薄いピンクの木が並んでいてキレイ!と思ったら・・・・・

c0014187_13211784.jpg

一本の木に、濃いピンクと薄いピンクの花が咲いていました\(◎o◎)/!
花一つだけを見ても、全部濃いピンクだったり、薄いピンクだったり、両方の色が混じっていたり・・。
調べてみたら「源平枝垂れ桃」というらしいです。

こんな種類もあるのですね~!!!
[PR]

by tako-taku | 2011-04-03 13:24 | ペット・生き物・自然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/16138619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 静岡県伊豆の国:「大富農園」で... 「ラカタンバナナ」小さいけど濃... >>