多摩センター「丈母」(韓国家庭料理)に行った   

2009年 09月 06日

多摩センター三越6Fの味の散歩道に少し前にできた「丈母」(ジャンモ)に行ってきました。

韓国家庭料理のお店。

お昼のランチには「おかずバー」がついてます。

といっても、おかずは3種類。
ちょっとした箸休めという感じかな。

c0014187_0515652.jpg


おかずはバリエーションがいろいろあるらしく私が行った時はこれっ!

キャベツの胡麻和え、スルメを甘じょっぱく味付けしたもの、韓国風おでん。

韓国風おでんは、最初何だかわからなくてウェイトレスさんに確認しちゃいました。
味は日本のおでんに似ていてしょうゆベース、でもメインは魚のすり身を薄く延ばしたもの。

どれも、なかなか美味しかったです(^_^)。
キャベツの胡麻和えは、何度かお代わりしてしまった。

c0014187_0534577.jpg


注文したのは、ユッケジャン定食(890円)。
ご飯がついてくるけど、ステンレスの容器に入っているので、
容器が恐ろしく熱くなってました。

ご飯は、すぐユッケジャンにぶち込んでしまったので問題なかったけど、
この食器を持って食べるのは難しい。

ちなみに、お箸もステンレスで銀色。

茶碗もお箸もステンレスというのは韓国らしいと言えばらしい。
日本の食器は韓国からみるとみすぼらしいと感じるみたいだから、
感性の差を感じるなー。

ユッケジャンはかなりの辛さ!!
純豆腐チゲ定食とどちらにしようか悩んだのだけど、
「辛目のスープ」と明言してある純豆腐チゲ定食を選ばなくて正解だったかも。

食べていると体が熱くなって汗がでそうな感じに。
辛さは申し分なかったけど、スープはあっさりしていて、
コクが少し足りなかった気が。

でも、辛さは十分満足できるレベルだったので、
そのうちまた行って見ようかと思います。

ピリ辛豚プレートや、辛さに挑戦して「純豆腐チゲ」を食べてみたいなー。

隣の席で頼んでいたハーフ参鶏湯(サムゲタン)、
テーブルに運ばれてきた時、器の中でぐつぐつと盛大にスープが沸騰していて
すごかったので、これまた食べてみたい。

お店のウェイトレス・ウェイターさんは、日本人ではなかった(韓国料理なので韓国の人かな)。
ウェイトレスさんが、キビキビしていてにこやかで好印象でした(^^)。

ランチメニューは↓

c0014187_145236.jpg
c0014187_15111.jpg

[PR]

by tako-taku | 2009-09-06 01:07 | 食:多摩地区 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/12272282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< やっと携帯から画像が取り込めた 多摩センター三越「第4回多摩味... >>