巨大な蛾がいた!   

2009年 08月 19日

多摩境通りを夜歩いていたら大きな蛾を発見!!

c0014187_22513487.jpg


久々に大きな蛾を見たので、思わず撮ってしまった。
羽の端から端まで(開長というらしい)は、15~18cmくらい。

調べてみたらオオミズアオという名前らしい。

昔、茨城に住んでいた時は、大きな蛾がいっぱいいて(朝、街頭の下などで大量に死んでた)、
頻繁に見てたけど、こっちに来てからは、あまり見ない。

これぐらい大きくても蝶なら捕まえようかなーって思ったかもしれないけど、
蛾だとそう思えないのは何故だろう。

同じ「鱗翅目」に属するから、一緒だと思うんだけどね。

ナメクジとカタツムリも似たようなものだけど(詳細を調べるといろいろ複雑らしい)、
カタツムリは平気でも、ナメクジはすっごく嫌なのと一緒で、気分の問題か??(^^;)

蛾の場合、胴が太いのがやっぱりネックなのかな~??
[PR]

by tako-taku | 2009-08-19 23:00 | ペット・生き物・自然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/12160855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今年の桃~(^^) 相原「町田アイス工房ラッテ」の... >>