ナンジャタウンに行ってきた!   

2009年 03月 28日

春休みに入ったので、池袋にある「ナンジャタウン」に行ってきました。
遊園地でも良かったんだけど、少しでも怖い乗り物が全くダメな息子には、
遊園地は遊べるものが少ない。

「ナンジャタウン」は、参加して探索するタイプのアトラクションが多いので、
息子には合ってるんじゃないかと。

それにここには「池袋餃子スタジアム」「アイスクリームシティ」「東京デザート共和国」があって、
いろいろ食べられそうというのも、魅力的!

入場料は大人300円、子供200円。
パスポートは、大人3900円、子供3300円・・・と思ったより高い。
大人1人・子供1人のファミリーセットだと5400円で1800円お得。

でも、私が入りたいお化け屋敷系は息子が付き合ってくれないだろうし、
探索型のアトラクションは、息子1人参加でも付添いができるし、
ということで、息子だけパスポートを買って、私は入場料で入館。

最初に乗り物に乗って蚊を打ち落とす「蚊取り大作戦」をやった息子。

中が暗くて怖かったらしく、終わったらブーブー文句言ってた。
こんなのでも怖がるのかー_| ̄|○。

アトラクション案内のお兄さんにも
「怖いけど、頑張るっ!って乗り物に乗り込んでいったので、
戻ってきたら、褒めてあげてください」
と言われちゃったよ(-_-;)。

c0014187_2141366.jpg


↑こんなのに乗るらしい。
この造形だけでも、怖さなんてなくなると思うんだけどなー。
蚊取り豚だもん。

館内に潜むという「ガウスト」を探知して捕まえる「ガウストパニック」もやった。

磁幽霊探知機トレジャーガウストという玩具があるけど、それと似た感じ?

ナンジャタウン内をウロウロし、借りたセンサーでガウストを発見したら、捕まえる。
時間内にたくさん捕まえると、最終ボスと闘えるんだけど、ヘタレな息子は
それも棄権・・・。

でも、最後に捕まえたガウストの種類や数などがプリントアウトされ、
その結果に満足してたみたい。
これは2回やって、2回目は、記録が残せるカード(300円)も買ってた。
このカードがあると、次からは、続きとしてできるらしい。

時間は40分ほど。
借りたセンサーを返すまでは、飲食・買い物・・・等全て禁止。
道具を借りてやるアトラクションは、同じ決まりだった。

次に、これまた道具を借りてやる「幸せの青い鳥」をやった。

借りた「卵」を持って、3階をうろうろ。
指定された場所を順々に周って卵を成長させていくというもの。
成長させるには、相性の良い卵を探してエネルギーの交換をする必要もあるので、
息子はいろんな人と会話してた(最後には、エネルギーを交換した人の一覧を
プリントアウトしたものが貰える)。

この卵、サッカーボールぐらいあるんだけど、
これを持ってウロウロしている人が多くて、ちょっと笑えた。

これも2回やって、卵を成長させていた。
こちらは、専用カードが無くても、パスポートに成長が記録できるので、
次回また続きができるシステムになっている。

ナジャヴの大冒険」もアイテム貸し出しの探索型。

制限時間内に指定された場所に行き、謎を解いたり、
キーワードを集めてお宝をゲットするというもの。
ナンジャタウン全部をウロウロしなきゃいけなくて、割と大変だった。

息子の探索に付き合ってる間、私は、スタンプラリー型のアトラクション
スーパーナンジャビザ」をやってた。

c0014187_21584278.jpg


これは、パスポートは使えず、スタンプラリー用の冊子を、1000円で購入しなければならない。
息子が好きそうだと思って買ったんだけど、探索型のアトラクションをやってると
こちらまで手がまわらず結局私がやる事に。

スタンプは全部で108個。
全部見つけると、1年間パスポート50%オフなんて特典があるらしい。
大スタンプ6個や、88個見つけた段階でも特典が。

うる星ヤツラ、ゲゲゲの鬼太郎、はじめの一歩・・・いろんなキャラクターの
スタンプがあって、なかなか楽しかった。

さすがに全部は見つけられず、大6個だけコンプリート。
1年間ナンジャタウンパスポート20%オフだそうなんだけど・・・
私の名前で登録しちゃったんだよね~( ̄ロ ̄;|||)。
パスポートを買うのは、息子だけなのに~大失敗!!!

コンプリートを目指してる人が割といるらしく、この冊子を持ってウロウロしてると、
「106番見つけました?」とか「このスタンプどこにあったか覚えてます?」
なんて声をかけられた(全く役立たずな私でしたが(^^;))。

「青い鳥」イベントもそうなんだけど、ナンジャタウンは、普通の遊園地より、
知らない人と話す機会が多い。

「もののけ番外地」は不気味な雰囲気でなかなかいい感じ。

c0014187_2251228.jpg


ここのお化け屋敷アトラクション「地獄旅館」は入りたかったなー。
今度行ったら1人で入ろうかな。
パスポートが使えない300円のアトラクション「地獄便所」も興味あるし。

さて、食事の方はというと、まずは「池袋餃子スタジアム」でお昼。

c0014187_22133346.jpg


滋賀グルメ餃子「包王」(パオウ)の餃子(4個入り-500円)と
東京ひとくち餃子「赤坂ちびすけ」の「ちびすけ一口餃子8個」+「焼きおにぎり2個」のセット700円を
購入。

「一口餃子」は小さすぎてちょっと物足りなかった。
「包王」は、ジューシーで食べ応えありっ!
でも、4つで500円は高いとも思った。

宇都宮餃子「来らっせ」の3店の味が一度に楽しめるという
「3店盛り合わせ」が食べたかったんだけど、
盛り合わせを自分で好きに選べるのではなく、時間で組合せが決まっていて、
食べたいお店が夕方からの組合せの中に入っていたので諦め。

アイスクリームシティでは、パリパリクレープの中にソフトクリームを入れてくれる
サンタチューボー」で、一番シンプルな「パリパリサンデー」(チョコをかけてもらった)500円を注文。

c0014187_2224467.jpg


ソフトクリームは普通に美味しいレベルだったけど、パリパリのクレープとすごくマッチ。
満足度が高かった!

東京デザート共和国では「ろまん亭」の「モンブラン」400円を食べた。

c0014187_2227382.jpg


生クリームの味がメインで、栗の風味がほとんどなかった。
すっごくあっさりしたモンブランで、印象に残らず。
甘いアイスを食べた後だったからかな?

丁度、デザート共和国では、「2009プリン博覧会」をやっていたので、
プリンも購入。

c0014187_22313220.jpg


会場はそんなに広く無い。

こってり生クリーム風味のプリンが食べたかったので、
生クリームを通常の2倍使用したという「とろける半熟プリン」を買って食べた。
確かに、生クリームの風味が強くて、とろーり。
美味しい!
ただ420円だったか480円だったか、かなり高かったので、
これくらいの味じゃないと、値段に負けるという気も。

ナンジャタウン内では、舐めた後、酸っぱい味が甘く感じられるという
「ミラクルフルーツ」も売っていて、息子がチャレンジ。

c0014187_2236443.jpg


一粒250円(高い!)と、激酸っぱいジュース(250円)。

まず2~3分ミラクルフルーツを舐めてから、酸っぱいジュースを飲む。
ところが、息子、2分くらい舐め、ジュースを飲む前に、
ミラクルフルーツを飲み込んでしまった。

ジュースを飲んだら、舐めたりなかったらしく、まだ酸っぱさが強いという。
でも、ミラクルフルーツは飲み込んでしまって、もうない・・・(-_-;)。
何で、先の事を考えないで行動するかなー。
酸っぱさを感じる状態のまま、残りのジュースを飲んでました。

アトラクションの方は、なかなか楽しめたけど、
食べ物の方は観光地価格な感じで割高感が強く、
この値段だったら一度食べたらもういいかなーってものが多かった。
また食べたいと思ったのは、「サンタチューボー」のパリパリサンデーくらいだったかな?

ディズニーランドは「また食べたいっ!」ってものがいくつもあったんだけど。

次に行く時は、食事は一度外に出て食べた方がいいかな。
池袋は食べるところいろいろあるし。
[PR]

by tako-taku | 2009-03-28 22:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://takuteku.exblog.jp/tb/11203284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 聖蹟桜ヶ丘のシェーキーズでピザ... Cocosのジャンバラヤ >>